スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


半沢直樹-最終回の黒幕(真犯人)と結末の予想

ミッチーこと及川光博が出演するTBSの倍返しドラマ「半沢直樹」の第5話の感想と最終回と黒幕(真犯人)の予想です。


ドラマ「半沢直樹」第5話のあらすじとネタバレは「半沢直樹-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ドラマ「半沢直樹」第5話の感想
ドラマ「半沢直樹」の第5話も面白かった。本名が半沢直樹という人が選挙に出れば、政策に関係無く当選するだろう、と思える位の面白さだった。

さて、5億円回収のキーパーソンだった愛人・藤沢未樹(壇蜜)が国税局に駆け込んだため、半沢直樹(堺雅人)を裏切ったのかと思い、ハラハラした。

しかし、愛人・藤沢未樹(壇蜜)は、半沢直樹(堺雅人)を裏切って国税局に飛び込んだ訳ではなく、全ては半沢直樹(堺雅人)の指示通りだった。

大阪国税局のオカマ統括官・黒崎駿一(片岡愛之助)は、愛人・藤沢未樹(壇蜜)の告発にのせられ、東田満(宇梶剛士)の自宅を強制捜査したが、肝心の裏口座の通帳は半沢直樹(堺雅人)へと渡った。

いつも国税局員・相模(石黒英雄)の金玉を握って怒る黒崎駿一(片岡愛之助)が、半沢直樹(堺雅人)に手玉に取られる様子は面白かった。

オカマ統括官の黒崎駿一(片岡愛之助)は、5億円回収競争で半沢直樹(堺雅人)に負けて激怒していたため、ドラマの描写には無かったが、相模(石黒英雄)の金玉は握りつぶされているかもしれない。

さて、ドラマ「半沢直樹」は1部・2部構成になっており、第5話で1部が終わった。第6話からは2部となる。

5億円を回収した半沢直樹(堺雅人)は東京本部へと栄転になり、第2部からは東京本部が舞台になるようだが、オカマ統括官の黒崎駿一(片岡愛之助)は大阪国税局なので、2部には登場しないのだろうか。

オカマ統括官の黒崎駿一(片岡愛之助)は、金融庁の元監査官で、監査官時代に行った金融庁監査で大同銀行を破綻に追い込んでおり、事件のほとぼりが冷めるまで大阪国税局に出向している。

黒崎駿一(片岡愛之助)が金融庁に戻れば、再び半沢直樹(堺雅人)との対決もありあえるかもしれないが、5億円の回収競争で負けたのに、金融庁に戻れるのだろうか、という疑問が残る。

オカマ統括官の黒崎駿一(片岡愛之助)がこのまま消えると、半沢直樹(堺雅人)とのニヤニヤ対決が観られなくなるため、寂しい。黒崎駿一(片岡愛之助)は2部にも登場してニヤニヤして欲しいものだ。

さて、藤沢未樹(壇蜜)がキーパーソンになる事は予想できていたが、あまり謎は深くなかった。

藤沢未樹(壇蜜)は第1話で半沢直樹(堺雅人)を殴ったとき、勢い余って飛び散った小銭を拾い集めていた。

だから、藤沢未樹(壇蜜)も幼少期に貧乏をして銀行に恨みでもあるのかと予想していたが、特にそのような描写は無かった。藤沢未樹(壇蜜)は東田満(宇梶剛士)を裏切っただけだった。

■ドラマ「半沢直樹」の黒幕(真犯人)予想
さて、半沢直樹(堺雅人)の実家のネジ工場から融資を引き上げて父親・半沢慎之助(笑福亭鶴瓶)を自殺に追い込んだ犯人は、常務・大和田暁(香川照之)だった。

ドラマ「半沢直樹」第5話の回想シーンで、融資を引き上げた銀行員の顔が判明し、犯人が大和田暁(香川照之)と判明した。

そして、半沢直樹(堺雅人)は産業中央銀行の入行面接で話した志望動機は嘘で、半沢直樹(堺雅人)が父親・半沢慎之助(笑福亭鶴瓶)を自殺に追い込んだ産業中央銀行に入社した事も判明した。

私は、父親・半沢慎之助(笑福亭鶴瓶)を自殺に追い込んだ犯人がドラマ「半沢直樹」の最終回の黒幕になるのかと思ったいた。しかし、第5話の段階で犯人は大和田暁(香川照之)だとネタバレしているので、黒幕は別に居そうだ。

そうすると、怪しいのは東京本部融資課の渡真利忍(及川光博)だ。渡真利忍(及川光博)がドラマ「半沢直樹」の黒幕ではないか。

私が渡真利忍(及川光博)を怪しいと思う理由は、ドラマ「半沢直樹」第2話のエピソードにある。

それは、ドラマ「半沢直樹」の第2話で、半沢直樹(堺雅人)とオカマ統括官・黒崎駿一(片岡愛之助)の2人が、東田満(宇梶剛士)のハワイの別荘(5000万円)を差し押さえするのを争っていた時の事だ。

半沢直樹(堺雅人)は先に東田満(宇梶剛士)の別荘を見つけ、渡真利忍(及川光博)に連絡した。

そして、渡真利忍(及川光博)が東京中央銀行法務部の部長に連絡して、東田満(宇梶剛士)の別荘を差し押さえる手続きを進めさせた。

しかし、オカマ統括官・黒崎駿一(片岡愛之助)は法務部の部長に「貴方の息子さんが経営している飲食店、かなりの申告漏れがあるって噂よ。分かってるわよね。譲ってちょうだい、ハワイ(別荘)」と脅し、差し押さえの仮処分申請を中止させ、別荘を横取りした。

このシーンで、なぜ、オカマ統括官・黒崎駿一(片岡愛之助)が法務部の部長が仮処分申請を行っており、さらに法務部の部長の息子の事まで知っているのか、それが疑問だった。

しかし、渡真利忍(及川光博)がオカマ統括官・黒崎駿一(片岡愛之助)に情報を流していたのであれば、つじつまが合う。

おそらく、渡真利忍(及川光博)はオカマ統括官・黒崎駿一(片岡愛之助)のスパイで、2人は愛し合っているのだと思う。

したがって、ドラマ「半沢直樹」の黒幕(真犯人)は渡真利忍(及川光博)と予想する。

そして、最終回の結末は、渡真利忍(及川光博)が愛する黒崎駿一(片岡愛之助)の恨みを晴らすため、半沢直樹(堺雅人)を裏切ると予想する。

ドラマ「半沢直樹」の原作と主題歌は「半沢直樹の原作と主題歌」をご覧ください。

ドラマ「半沢直樹」第6話のあらすじとネタバレは「半沢直樹-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト半沢直樹-最終回の黒幕(真犯人)と結末の予想へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

どうなんでしょうね…。
可能性はあると思いますが、思い当たるだけで渡真利は半沢を3回も救っています。

1.裁量臨店で小木曽を出向に追い込むきっかけを作った
2.ニューヨークハーバー信託銀行のロゴ情報を半沢へ共有。最終的に半沢が東田の隠し口座のありかを突き止める
3.半沢の出向に関する情報を逐一半沢へ共有

渡真利が真犯人と仮定した場合、1に関しては建前上半沢の味方をしなくてはいけないという意味では納得できます。
しかし2と3に関しては全くメリットがありません。

2に関しては渡真利が気づいたとして、半沢に共有する必要がないのです。
「分からない」と言えば怪しまれる事もないわけですから。

3に関しても出向の状況を共有することで半沢に有利になります。
それによってタイムリミットが分かるのですから。

名無し : 2013年08月16日(金)

■名無しさんへ
そうですね。渡真利忍(及川光博)が何度も半沢直樹(堺雅人)に協力している点は問題だと思います。しかし、渡真利忍(及川光博)が全く協力しないとなると、半沢直樹(堺雅人)から信頼を得ることが出来ないので、難しい所だと思います。

管理人 : 2013年08月17日(土)

そうですね。
仰るとおり半沢の信頼を得るという観点ではそのとおりだと思います。

いずれにせよ、とても面白い作品であることは間違いないので、後半も楽しみにしております。
個人的には同期である渡真利(及川光博)が犯人でないことを祈りつつ、後半で新しく登場するであろう一見味方のような人間が黒幕であってほしいと願っています。

名無し : 2013年08月19日(月)

>このシーンで、なぜ、オカマ統括官・黒崎駿一(片岡愛之助)が法務部の部長が仮処分申請を行っており、さらに法務部の部長の息子の事まで知っているのか、それが疑問だった。


黒崎が部下にメモを渡してこれを調べろ!!いいから早く!!と言い放ってる部分がありますよ

名無し : 2013年09月09日(月)

■名無しさんへ
黒崎駿一(片岡愛之助)が部下に指示した部分も含めて、私は「どうして、法務部の部長の息子の口座なのだろうか」と疑問に思いました。

時間の都合上、単に省略しただけかもしれませんが、ストーリー的に違和感が残ったので、伏線の可能性があると思います。

管理人 : 2013年09月09日(月)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。