スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


満島ひかりが二階堂ふみに激怒して首を絞める

小栗旬が出演する日本テレビの痴漢冤罪ドラマ「Woman(ウーマン)」の第7話「生きる為に死んだ大切な人、その真実」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「Woman(ウーマン)-第7話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■Woman(ウーマン)-第7話のあらすじ後編
青柳信(小栗旬)は眠った母親に「此を貰って良いですか。手編みですよね。僕、いつも、これを持って寝てました」と言い、部屋の中央に吊してあった黄色のマフラーを持って部屋を出ようとした。

しかし、再び部屋に戻り、寝ている母親の背中に「お母さん、僕は楽しかったです。施設に行って、警察とか、色々言われた。お母さんも言われたのかな。心配しました。お母さん、僕、大丈夫だったんです。僕、お母さんと約束するの、楽しかったです。僕、お母さんが好きだから。お母さん、ありがとう。僕は元気です」と告げた。

すると、寝ている母親の背中から嗚咽が漏れ聞こえてきたのであった。

僕(小栗旬)は母親に話しながら、別のことを考えていました。なんとかならないものかな。小春ちゃん(満島ひかり)とお母さん(田中裕子)を仲直りさせることは。

僕(小栗旬)は小春ちゃん(満島ひかり)とお母さん(田中裕子)と一緒にご飯が食べたいです。だから、僕は小春ちゃんのお母さんに会いに行こうと思います。きっと上手くいく。何もかも上手くいく。そんな予感がする。

青柳信(小栗旬)はペンション「ロッヂ長兵衛」で手紙を書き上げたが、最終のバスに乗り遅れそうになったため、手紙をペンション「ロッヂ長兵衛」に置き忘れてしまった。

手紙を読み終えた青柳小春(満島ひかり)は、青柳望海(鈴木梨央)と青柳陸(髙橋來)に手紙を見せた。

その後、青柳小春(満島ひかり)は植杉紗千(田中裕子)に電話して、青柳信(小栗旬)が来たときに、どんな料理を出したか尋ねた。

植杉紗千(田中裕子)は「覚えてないわ」と答えるが、青柳小春(満島ひかり)が「そうですか」と落胆すると、「たいしたものじゃないの。豆ご飯、アサリのお味噌汁、カレーの煮付け、キュウリとササミをお酢で和えた物。あと、ご飯の後に梨を剥いたわ」と教えた。

梨と聞いた青柳小春(満島ひかり)は激しく動揺してしまう。

その日の夜、青柳小春(満島ひかり)が帰宅して夕食を作ろうとすると、既に夕食が作ってあった。メニューは、「豆ご飯」「アサリのお味噌汁」「カレーの煮付け」「キュウリとササミをお酢で和えた物」だった。

植杉健太郎(小林薫)によると、植杉紗千(田中裕子)は料理を作って仕事へ出かけたのだという。

一方、青柳信(小栗旬)の手紙を読んでいた青柳望海(鈴木梨央)と植杉健太郎(小林薫)の2人が、読めない漢字に困っていると、ちょうど帰宅した植杉栞(二階堂ふみ)に「どうしたの?」と声をかけられた。

青柳望海(鈴木梨央)は「お父さんの手紙なの」と言い、植杉栞(二階堂ふみ)に読めない漢字を教えて貰う。

その後、植杉栞(二階堂ふみ)は青柳望海(鈴木梨央)らがご飯を食べている間に、青柳信(小栗旬)が書いた手紙を1人で読んだ。

その後、植杉栞(二階堂ふみ)が1人でご飯を食べていると、青柳小春(満島ひかり)がやってきた。青柳小春(満島ひかり)は台所で食器を洗い始める。

青柳小春(満島ひかり)が「植杉さんは帰り遅そうですか?」と尋ねると、植杉栞(二階堂ふみ)は「植杉さん?」と尋ね返した。

青柳小春(満島ひかり)が「お母さんです。料理を作って頂いたから」と答えると、植杉栞(二階堂ふみ)は「お母さんですよね。もうちょっと普通で良いんじゃないですか?」と意見した。

植杉栞(二階堂ふみ)が「お母さんは意地を張ってるだけで、本当は嬉しいんですよ。自分のせいでって言ってたから。自分が梨をあげたからって」と話すと、青柳小春(満島ひかり)は「そういう風に思ってないから。何とか、誰かのせいとか、思ってないから」と答えた。

植杉栞(二階堂ふみ)が「じゃーなんで亡くなったとか?」と尋ねると、青柳小春(満島ひかり)は「考えるときもある。でも、それは原因とかじゃなくて、思い残すことはなかったのかなとか、言いたかった事は無かったのかなって」と答えた。

植杉栞(二階堂ふみ)は「手紙、手紙に…。望海ちゃん(鈴木梨央)が漢字を教えて欲しいって」と話すと、青柳小春(満島ひかり)は手を滑らせてコップを落とし、割ってしまった。

そして、青柳小春(満島ひかり)はコップの破片を踏んでしまい、右足親指を切ってしまった。

植杉栞(二階堂ふみ)は救急箱をとってきて、青柳小春(満島ひかり)を座らせると、消毒薬を渡した。

青柳小春(満島ひかり)は消毒薬で傷口を拭いていると、植杉栞(二階堂ふみ)は「私、お姉ちゃんと仲良くしたい。手紙を読んで泣いたんです。そうなんだと思って泣いたんです。お姉ちゃん、旦那さんが亡くなっても乗り越えてるし、望海ちゃん(鈴木梨央)たちも偉いなって思う。普通は家族が死んだら…」と話した。

青柳小春(満島ひかり)は「信さん(小栗旬)は死んだんじゃないから。生きたの。生きただけなの」と答えた。

植杉栞(二階堂ふみ)は「私も反省して、ちゃんとして、言わなきゃと思って。…あの日、私が電車で青柳信さん(小栗旬)を痴漢だと言いました。私が嘘をついたから、ああいう風になりました。青柳信(小栗旬)は優しい人でした。私のことを心配してくれて。優しくしてくれて。だから、手紙のことが分かるっていうか」と話した。

青柳小春(満島ひかり)は怒りを噛み殺しながら泣いた。植杉栞(二階堂ふみ)は土下座して何度も謝罪し、「ごめんなさい、ごめんなさい」と言いながら、フラフラと部屋を出て行こうとする。

青柳小春(満島ひかり)は部屋を出て行こうとする植杉栞(二階堂ふみ)の腕を掴んで引き倒し、馬乗りになって「お母さんがこういう風に育てたの?」と言い、植杉栞(二階堂ふみ)の首を絞めた。

植杉栞(二階堂ふみ)は暴れて、ちゃぶ台の上に置いてあった食器を払い飛ばし、台所の方に食器が散らばった。

そこへ、台所側の通路から、青柳望海(鈴木梨央)が「お母さん、どうしたの?」と言い、入ってくる。

青柳小春(満島ひかり)は植杉栞(二階堂ふみ)に馬乗りになったまま、「望海(鈴木梨央)来ちゃ駄目。割れてる。裸足ダメ」と絶叫したのであった。

ドラマ「Woman(ウーマン)」第8話のあらすじとネタバレは「Woman(ウーマン)-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「Woman(ウーマン)」の原作や主題歌については「Woman(ウーマン)の原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト満島ひかりが二階堂ふみに激怒して首を絞めるへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

7話見逃しちゃって。仕事で疲れて寝ちゃってさ。でも知ることが出来て良かったよ。結構、激しかったんだね。。これ読んだだけで泣けてきた。ほんと憂鬱なドラマで楽しいです。失礼しました。

マン : 2013年08月16日(金)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。