スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


田中裕子の骨髄適合検査の結果

鈴木梨央が出演する日本テレビの骨髄移植ドラマ「Woman(ウーマン)」の第9話「生きたい!せめてあと10年」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「Woman(ウーマン)-第9話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■Woman(ウーマン)-第9話のあらすじ後編
その日の夕方、植杉紗千(田中裕子)は青柳望海(鈴木梨央)らのためにお風呂の準備をして台所へ行くと、青柳小春(満島ひかり)が台所で夕飯の準備をしていた。

青柳小春(満島ひかり)が「子供たちが、お父さんが食べたご飯を食べたいって」と教えると、植杉紗千(田中裕子)はサヤエンドウのサヤを取るのを手伝った。

そして、植杉紗千(田中裕子)はサヤエンドのサヤを取りながら、「あの先生(高橋一生)、今日は居なかった。パーマの先生。代わりの先生が居らして。…駄目でした。ごめんなさい。丈夫に生んであげられなくて」と骨髄が適合しなかったことを謝った。

青柳小春(満島ひかり)は「止めてください」と答えると、植杉紗千(田中裕子)は「お風呂を止めてくる」と言い、立ち去った。青柳小春(満島ひかり)は台所で立ち尽くしたままだった。

植杉紗千(田中裕子)は風呂の湯を止め、青柳小春(満島ひかり)が青柳望海(鈴木梨央)らをお風呂に入れると、植杉紗千(田中裕子)と青柳小春(満島ひかり)の2人は仕切り直して一緒に台所で料理を作り始めた。

青柳小春(満島ひかり)が「山吹色のエプロンを持ってました?」と尋ねると、植杉紗千(田中裕子)は「覚えてるの?」と驚き、青柳小春(満島ひかり)が子供の頃にあやとりをした事を話した。

青柳小春(満島ひかり)は「私が覚えてるのは、『人が死んだらどうなるの?』って事ばかり考えてたこと」と話すと、植杉紗千(田中裕子)は「私は『お星様になるのよ』と答えたの」と答えた。

青柳小春(満島ひかり)が「今だったら何て答えますか?」と尋ねると、植杉紗千(田中裕子)は「貴女は、そんなことになりません」と答えた。

青柳小春(満島ひかり)は「私ね、子供たちが居なかったら、別にいいやと思ってたの。そのくらい許せないの。貴女のことも、貴女の娘も。そんな人に頼らないといけない自分も許せないの」と告げた。

青柳小春(満島ひかり)は「嫌なの。許せないの。助けてよ。許せないんだよ。助けてよ。ねえ、お母さん、お母さん」と言って泣くと、植杉紗千(田中裕子)は青柳小春(満島ひかり)を抱きしめた。

青柳小春(満島ひかり)は「私は星になんか絶対にならない。でも絶対なんか無いから、お母さん」と告げると、植杉紗千(田中裕子)は青柳小春(満島ひかり)の手を握りしめた。

そのとき、お風呂に入っている青柳望海(鈴木梨央)が「お母さん」と呼んだ。青柳小春(満島ひかり)は「はーい」と答えると、涙を拭き、顔を洗って風呂場へと向かった。

一方、植杉健太郎(小林薫)は、家を出た植杉栞(二階堂ふみ)の部屋を訪れた。植杉栞(二階堂ふみ)は植杉健太郎(小林薫)を橋の上に連れて行く。

植杉健太郎(小林薫)が「これから、どうするの?」と尋ねると、植杉栞(二階堂ふみ)は「してないこととか、しようかなって。男の子と付き合った事も無いんだよ。私、4年くらい何もしてないの。働くのとか。私、働くの。最初のお給料でお父さんに帽子を買ってあげる」と告げた。

植杉健太郎(小林薫)は「小春(満島ひかり)に、ちゃんと謝ろうか。ずっと聞いてたって事は、そういう気持ちがあるんだろ?」と言ってiPodを差し出した。

植杉栞(二階堂ふみ)はiPodを川に投げ捨て、歩き出し、堤防から河川敷へと降りた。

植杉健太郎(小林薫)は後追いかけ、歩きながら、「帰ってきなさい。あの家は売ろうと思ってる。売ったお金は小春ちゃん(満島ひかり)に渡して、3人でアパートを見つけよう。お父さんも働く、お母さんも働く、栞ちゃん(二階堂ふみ)も働く。返せるかどうか分からないけど」と告げると、植杉栞(二階堂ふみ)は「何の話?」と尋ねた。

植杉健太郎(小林薫)は「償いの話だよ」と答えると、植杉栞(二階堂ふみ)は鼻で笑った。

植杉健太郎(小林薫)は「お父さんは何も面白い話はしてないよ。一番悪いのは、自分のしたことを分かって無いことだよ。命を奪ったんだよ。小さな軽はずみの気持ちが、誰かにとって大切な命を奪ってしまったんだよ。分かるか?この手が彼の人生を断ち切ったんだよ」と言い、植杉栞(二階堂ふみ)の手を掴んだ。

動揺した植杉栞(二階堂ふみ)は、何も答えずに立ち去り、草が生い茂る河川敷を歩いて行った。

植杉健太郎(小林薫)は植杉栞(二階堂ふみ)を追いかけ、「一緒に帰ろう」と説得しようとしたが、転倒して草の茂みに消えた。すると、ドボンと川に何かが落ちた音がした。

その日の夜、寝ていた青柳望海(鈴木梨央)は急に目を覚まし、泣きながら青柳小春(満島ひかり)に「お母さんは病気なの?」と尋ねたのであった。

ドラマ「Woman(ウーマン)」第10話のあらすじとネタバレは「Woman(ウーマン)-第10話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「Woman(ウーマン)」の原作や主題歌については「Woman(ウーマン)の原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト田中裕子の骨髄適合検査の結果へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。