スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごちそうさん-第2週・第7話のあらすじとネタバレ

財前直見が出演するNHK連続テレビ小説ドラマ「ごちそうさん」の第2週・第7話「黄身と出会った」のあらすじとネタバレです。


ドラマ「ごちそうさん」のあらすじ目次は「ごちそうさん-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ごちそうさん-第7話のあらすじ
卯野め以子(豊嶋花)が卯野トラ(吉行和子)にイチゴをあがてから10年後の明治11年、17歳になった卯野め以子(杏)は女学校へ進んでいた。

卯野トラ(吉行和子)は死去し、台所にあるぬか床にから、卯野家を見守っていた。

西洋料理店「開明軒」は繁盛し、弟・卯野照生(井之脇海)は開明軒でコックの見習いをしていた。

母・卯野イク(財前直見)は西洋料理店「開明軒」が忙しいため、家のことは女中・クマ(松寺千恵美)に任せていた。

さて、卯野め以子(杏)は相も変わらず食べる事が大好きだったが、卯野め以子(杏)は「何もしなくても美味しい物が出てくるんだもん。私が余計な事をしない方がいいじゃない」と言い、台所に立つ事は無かった。

これでは嫁のもらい手が無くなると思い、母・卯野イク(財前直見)は卯野め以子(杏)を女学校へ放り込んだのだが、卯野め以子(杏)は女学校でも食べ物の事しか考えていなかった。

ある日の昼休み、卯野め以子(杏)は女学校の教室で、友達の堀之端桜子(前田亜季)と野川民子(宮嶋麻衣)の3人でお弁当を食べていると、堀之端桜子(前田亜季)のサンドイッチが気になり、1つ分けて貰った。

堀之端桜子(前田亜季)は裕福な家庭で、専属の料理人が居いるため、卯野め以子(杏)は「嫁ぐのなら、そういう家が良いわよね」と羨ましがった。

野川民子(宮嶋麻衣)が「め以子(杏)の家だって、コックさんが居るじゃない」と言うと、卯野め以子(杏)は「あの人たちは家のために料理してくれるわけじゃないもん」と答えた。

その日、卯野め以子(杏)は堀之端桜子(前田亜季)からカフェ(喫茶店)へ誘われた。兄の知り合いの父親ががカフェを経営しており、ご馳走してくれるのだという。

卯野め以子(杏)ら3人がカフェへ入ると、卯野め以子(杏)は「タダなんだよね」と言い、パフェやらプリンやらサンドイッチやらを注文し、舌鼓を撃つ。

一方、堀之端桜子(前田亜季)は野川民子(宮嶋麻衣)に「実は交際を申し込まれたの。お兄様のお友達で、よく本を貸してくださってて。あるとき、挟まっていた枝折りがお手紙になってたの。それでね、私も枝折りの裏にお返事を書いて返したの」と話し、恋愛話で盛り上がる。

それを聞いた卯野め以子(杏)は食べる手を止め、「いいなぁ。何その小説みたいな話」と羨ましがった。

堀之端桜子(前田亜季)が「め以子ちゃん(杏)は興味ないでしょ?こういう話は」と驚くと、卯野め以子(杏)は「あるわよ」と答えた。

野川民子(宮嶋麻衣)は笑って「気づかなかった。め以子ちゃん(杏)は、食べ物にしか興味無いと思ってた」と驚くと、卯野め以子(杏)は「私だって、結婚の話をしてたじゃない。料理人の居る家に嫁ぎたいとか」と答えた。

堀之端桜子(前田亜季)は「それは美味しい物を食べたいって話でしょ」と笑うと、卯野め以子(杏)は「私だって以心伝心、自由恋愛を目指してるの。赤い糸で結ばれた人と恋に落ちて突っ走りたいの」と反論した。

野川民子(宮嶋麻衣)が「じゃー、好きになった人がもの凄く貧乏で、まともにご飯が食べられなかったどうするの?ご飯よりも男の人を愛する事ができるの?」と尋ねた。

卯野め以子(杏)は考え込んでも答えを出せなかったが、「とにかく、興味はあるの。機会がないだけ。この背のせいよ。この背だと、ほとんどの男の人を見下ろすことになるでしょ。それが無ければ、私にだって、そられらしい事はあると思うの」と言い、手に持っていたスプーンを振り回しながら、熱弁を振るった。

そのとき、スプーンにはパフェのクリームが付いていた。卯野め以子(杏)がスープを振り回したため、クリームが飛んでいき、背後に座っていた学生の肩に付いた。

卯野め以子(杏)は学生に謝罪し、ハンカチを濡らして、「拭いても良いですか」と尋ねたが、学生は「余計な事をしないでください。染みを取るというのは、物質を別の物質で包み込み、取り除く行為です。生クリームの正体は油です。水と油は相性が悪いので、溶け合わない。貴方のしようとしている行為は、シミをすり込む効果しか無い」と言って断った。

何やら学生が小難しい理屈を並べ立てているので、堀之端桜子(前田亜季)が学生の制服の標章を見ると、学生は帝都大学だった。

卯野め以子(杏)は、学生の言っている意味が理解できなかったが、「でも、効果はありますよ。悪い事をしたなと思う気持ちは伝わるでしょ」と告げた。

学生が立ち上がって少し考え込む。学生が立ち上がると、卯野め以子(杏)よりも背が大きいため、堀之端桜子(前田亜季)と野川民子(宮嶋麻衣)の2人が「大きい」と驚く。

そして、学生は「では、少し声を抑えて頂くか、席を替わって頂けると、僕としては助かりますね」と答えた。

結局、卯野め以子(杏)ら3人はカフェを出て、「西の人だったね。大阪にあるって言う、大きな塔みたいなのは何だけっけ。そうそう、通天閣。あやつは通天閣だ」と愚痴りながら帰った。

そして、卯野め以子(杏)が西洋料理店「開明軒」に帰ると、家族が揃って卯野め以子(杏)の帰りを待っていたのであった。

ごちそうさん-第2週・第8話のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイトごちそうさん-第2週・第7話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。