スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


漫画「破壊の天才」のモデル

堺雅人が出演するフジテレビの法廷ドラマ「リーガルハイ(リーガル・ハイ2)」の第2話「逆ギレ天才起業家-つぶやいたら名誉毀損」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「リーガルハイ-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■リーガルハイ-第2話のあらすじ後編
翌日、古美門研介(堺雅人)と羽生晴樹(岡田将生)の2人は、作者・玉川たま(谷村美月)の元を訪れ、父親の事を尋ねると、加賀蘭丸(田口淳之介)の調査通りだった。

古美門研介(堺雅人)が「君は個人的な復讐でこれを書いたのか?」と尋ねると、玉川たま(谷村美月)は「鮎川(佐藤隆太)への復讐で書いたんです。何がいけないんですか」と怒りを露わにした。

古美門研介(堺雅人)が「それをそのまま鮎川(佐藤隆太)に言ってやれ。それでえ相手はノックダウンだ」と告げるが、玉川たま(谷村美月)は「父は田舎で静かに人生をやり直そうとしています」と言い、証言を嫌がった。

古美門研介(堺雅人)は「相手は傷つけたいが、自分は傷つけたくない?鮎川(佐藤隆太)を打ちのめしたいのであれば、自分の事もさらけ出せ。証言はしてもらいます」と命じた。

玉川たま(谷村美月)の部屋を出ると、羽生晴樹(岡田将生)は古美門研介(堺雅人)に「誰が得するんでしょう。この爆弾が爆発すれば、プライバシーの暴露合戦になる。双方がwin-winになる為に裁判はあるはずです」と意見した。

しかし、古美門研介(堺雅人)は「win-winなんてありえない。裁判は勝つためにあるんだ」と吐き捨てた。

その日の夜、羽生晴樹(岡田将生)は鮎川(佐藤隆太)に会い、「和解しませんか?これ以上、争えば、みんなが不幸になる。貴方もね。覚えていませんか?平山部品加工を。このゲームはドローにしましょう」と持ちかけた。

ある日、裁判が開かれ、玉川たま(谷村美月)の尋問が行われる。鮎川(佐藤隆太)は玉川たま(谷村美月)に対して、「思い出しましたよ。本名は平山康子。平山部品加工の娘さんですね。つまり、27話は貴方のご実家の話で、漫画『破壊の天才』は私への個人的復讐ですよね」と質問した。

そして、鮎川(佐藤隆太)が「確かに私は平山部品加工との契約を打ち切りました。でも、それは平山部品加工の製品が低品質だったからです」と告げると、玉川たま(谷村美月)は「そんなことは無い。貴方は詐欺師だ」と批判した。

すると、鮎川(佐藤隆太)は「詐欺で捕まったのは貴方のお父さんでしょ。そのお父さんは、田舎でのんびりと過ごしているらしいじゃないですか。漫画にフィクションは無かったはずですよね」と指摘した。

裁判が終わると、古美門研介(堺雅人)は羽生晴樹(岡田将生)に「どうして、こちらにあった爆弾が、いつの間にか敵の手に渡り、投げつけられたのは、どういう事なんだろうね」と呆れた。

羽生晴樹(岡田将生)は「これ以上、争いを続けても、誰も幸せにならない。僕は玉川さん(谷村美月)だけではなく、鮎川さん(佐藤隆太)を守りたかっただけです」と釈明した。

すると、古美門研介(堺雅人)は「君はこの裁判の本質を分かって無い。鮎川(佐藤隆太)は名誉なんてどうでもいいし、慰謝料にも興味が無い。奴にとって裁判は、ただのマイブームだ。司法試験を受けなくても、弁護士プレイを楽しむ方法が1つだけある。本人訴訟だ。だから、どんなに好条件を出しても和解はしない。ただ、ひたすら、裁判で争っていたいんだ」と告げた。

羽生晴樹(岡田将生)は「勝ち負けなんて気にしてない。そんな人とどうやって戦うのですか」と動揺する。

そこで、漫画「破壊の天才」を読んでいた服部(里見浩太朗)が笑い声を上げた。服部(里見浩太朗)は「すみません。この漫画は面白い作品ですね。主人公が魅力的です。確かに、悪意をもって描かれているようですが、私は不思議と、主人公を恨む気にはなれませんな」と話した。
ある日、裁判が始まる。古美門研介(堺雅人)は「この作品はそもそも、名誉を毀損しているのでしょうか?」と言い、読者250人のアンケート結果を提示した。

読者アンケートによると、「この主人公をどう思うか」という質問に対しては、ネガティブな意見が多かったが、「この主人公は魅力的か」という質問に対しては、7割の読者が「感じる」「やや感じる」と答えていた。

古美門研介(堺雅人)は「つまり、主人公は魅力的なんです。玉川さん(谷村美月)は悪意をもって描きました。しかし、ただ憎んでいる相手を主人公として描けるものでしょうか。人間とは表現と心情が一致するとは限りません。玉川さん(谷村美月)の深層心理には貴方への敬意が秘められているから、読者は主人公を魅力的だと感じたのです」と主張した。

鮎川(佐藤隆太)は徹底的に漫画「破壊の天才」の名誉毀損部分を追求したが、古美門研介(堺雅人)はあの手この手で「主人公は魅力的に描かれている」と主張する。

古美門研介(堺雅人)は「裁判に遊びも趣味も良い。喧嘩を売ったからには、勝つか負けるか。最後まで徹底的に戦うぞ」と言い、2人は徹底的に弁戦を繰り広げた。

その結果、裁判は古美門研介(堺雅人)が勝訴した。他の裁判では、古美門研介(堺雅人)ほどの敵には出会えないため、鮎川(佐藤隆太)は他の裁判を全て取り下げた。

その後、古美門研介(堺雅人)が鮎川(佐藤隆太)の元を訪れると、鮎川(佐藤隆太)は海底に興味を示し、スキューバーダイビングの本や機材を買い込んでいた。

古美門研介(堺雅人)は「貴方が裁判を起した理由は、裁判をやってみたかった。でも、それだけですか?漫画『破壊の天才』は今回の裁判で注目を浴び、増刷がきまったそうですよ。それに、青年誌へ移転し、連載の再開も決まった。最初から、これが目的でしたか?予め何十という訴訟を起して、世間の注目を集めておき、漫画『破壊の天才』を訴えた」と告げた。

鮎川(佐藤隆太)は「凄いことを考えるね。玉川さん(谷村美月)に言っておいてよ。連載再開なら、次はもっと足を長くかいておいてって」と笑った。

古美門研介(堺雅人)は「貴方に弁護士ブームが再来しないことを祈るよ」と答えた。

一方、玉川たま(谷村美月)は「なんだか複雑だわ。鮎川(佐藤隆太)が騒いでくれたおかげで、連載が再開だなんて」と言いながら、漫画の原稿を書いた。

黛真知子(新垣結衣)は「そんなことありませんよ。内容に魅力があったから、作品が評価されたんです。いくら注目を浴びても、内容が駄目なら、見向きもされないから」と答えた。

実際、鮎川(佐藤隆太)に訴えられたブログは裁判で注目を集め、アクセス数を増やしたが、裁判後はアクセスが無くなっていた。

玉川たま(谷村美月)は「なんか、深層心理で鮎川(佐藤隆太)に好意を持っている事になっているけど、違いますからね。完全に憎しみしか残ってないからね」と、黛真知子(新垣結衣)に話したが、主人公を書いている玉川たま(谷村美月)は笑顔であった。

実は、工場が倒産する8年前、高校生だった玉川たま(谷村美月)は、鮎川(佐藤隆太)から「漫画を書くのは楽しい?金儲けしようなんて考えずに、夢中になってやってみることじゃないかな。人は夢中になることがあるだけで、幸せなもんだよ」と、アドバイスを受けていたのだ。

一方、上告を拒否していた安藤貴和(小雪)は、黛真知子(新垣結衣)の説得により、「話したくないことは話さない。嘘もつく」という条件付きで、上告に同意したのであった。

リーガルハイ(リーガル・ハイ2)-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

ドラマ「リーガルハイ(リーガル・ハイ2)」の原作や主題歌については「リーガルハイ(リーガル・ハイ2)の原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト漫画「破壊の天才」のモデルへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。