スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後藤又兵衛(後藤基次)の生涯

2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公となる黒田官兵衛の生涯を実話で描く実話「軍師・黒田官兵衛(黒田如水)」のあらすじとネタバレの播磨編「後藤又兵衛(後藤基次)の生涯」です。


■後藤又兵衛(後藤基次)のwiki
本名を「後藤基次」と言う。幼名が「後藤又兵衛」で、後に「後藤讃岐」を名乗った。

後藤又兵衛は黒田家の家臣を代表する「黒田24騎」の1人で、黒田24騎の中でも精鋭を選んだ「黒田八虎」の1人である。後藤又兵衛は黒田家を代表する先手だったが、黒田長政の嫌がらせにより、不運な晩年を過ごした。

■後藤又兵衛の生涯
後藤家は播磨守護大名・赤松家の一族で、東播磨にある三木城の別所氏に仕え、代々、春日城の城主を務めた。後藤又兵衛の父・後藤新左衛門は、春日城の城主・後藤基信の弟で、別所長治の家臣だった。

その後、三木城の別所長治が織田信長と対立したため、後藤家は豊臣秀吉の侵略を受けて滅んだ。

その後、父・後藤新左衛門は御着城の城主・小寺政職に仕えたが、病死する。黒田官兵衛が名門・後藤家が滅びるのを憂い、幼い後藤又兵衛を養育した。

そして、後藤又兵衛と後藤又兵衛の伯父・藤岡九兵衛の2人は、黒田官兵衛に仕えた。

しかし、有岡城の荒木村重が突如として織田信長に反旗を翻し、説得に来た黒田官兵衛を有岡城に監禁したとき、黒田官兵衛の主君で御着上の城主・小寺政職も織田信長に反旗を翻した。

このとき、伯父・藤岡九兵衛が黒田官兵衛を裏切り、御着上の城主・小寺政職と共に織田信長に反旗を翻した。

その後、荒木村重は有岡城を捨てて中国の毛利輝元を頼って逃げ、小寺政職も御着城を捨てて中国へと逃げた。

有岡城が織田信長の軍勢に攻め落とされ、黒田官兵衛が救出されると、黒田官兵衛は裏切った藤岡九兵衛を許さず、一族同罪として後藤又兵衛を黒田家から追放した。

その後、後藤又兵衛は越前(福井県)で仙石秀久に仕え、四国征伐などに従軍したが、目立った活躍はなかった。その後、しばらくして、黒田長政が後藤又兵衛を呼び戻した。

(注釈:後藤又兵衛が黒田長政に呼び戻された時期は、正確には分からないが、羽柴秀吉による九州征伐の時だとされている。九州征伐のとき、仙石秀久は四国勢を率いて豊後[大分県]へ上陸したが、「戸次川の戦い」で島津軍に惨敗し、四国へと逃げ帰った。)

しかし、黒田官兵衛が黒田長政に「反逆人の一族なので、近くに召し抱えてはいけない」と命じたので、黒田長政は家臣・栗山善助に後藤又兵衛を預けた。

こうして、後藤又兵衛は知行100石で、黒田家の家老・栗山善助の家臣(与力)となった。

その後、後藤又兵衛は黒田家で頭角を現し、黒田家を代表する先手となった。後藤又兵衛は栗山善助の家臣であったが、豊前一揆や朝鮮出兵で活躍し、黒田家の家老と同等に扱われるようになる。

関ヶ原の合戦のとき、後藤又兵衛は黒田三左右衛門などと共に合渡川で先手を務め功名を挙げた。後藤又兵衛の嫡子・後藤左門は黒田如水に従って、豊後侵攻で手柄を立てた。

■筑前時代
黒田長政が筑前を拝領すると、後藤又兵衛は黒田長政から1万6000石を賜り、大隅城の城主となった。

小隅城の城主となった後藤又兵衛は、他国の大名と書状を頻繁に取り交わすようになったため、黒田長政に咎められ、誓紙を差し入れた。

しかし、その後、後藤又兵衛が関係が悪化している豊前国の細川忠興と通じているという噂が、黒田長政の元に届いたため、後藤又兵衛は慶長11年(1606年)に黒田家を出た。

■後藤又兵衛の出奔後
国替えの時は年貢を徴収しない習慣になっていたが、筑前を拝領した黒田長政は、豊前の年貢を徴収してから筑前へと移った。

このため、豊前に入った細川忠興は年貢を徴収できず、トラブルに発展。黒田長政と細川忠興は関係が悪化し、犬猿の仲となっていた。

筑前の黒田家を出奔した後藤又兵衛が、豊前の細川忠興を頼ると、黒田長政が猛抗議し、細川忠興と黒田長政は一触即発の状態に陥る。

この事態に江戸幕府が仲裁に乗り出す事態に発展したため、後藤又兵衛は細川忠興の元を離れて浪人となった。

その後、後藤又兵衛には諸大名から仕官の誘いが来たが、黒田長政の嫌がらせにより、ことごとく仕官を妨害された。

当時は「奉公構(ほうこうかまえ)」という出奔した武将の登用を禁じる制度があり、黒田長政は奉公構を利用し、後藤又兵衛の仕官をことごとく邪魔したのだ。

その後、播磨・姫路城の城主・池田輝政が後藤又兵衛を迎え入れたが、黒田長政は再三にわたり、池田輝政に後藤又兵衛の解雇を要求する。しかし、池田輝政が要求に応じず、2人の関係は悪化して音信不通となった。

慶長16年、黒田長政は上洛した徳川家康に後藤又兵衛の追放を訴え、受理された。

しかし、その後も後藤又兵衛は播磨に住んでいる事が判明したので、黒田長政は、池田輝政の子・松平武蔵守(池田利隆)に頼み込み、後藤又兵衛を追放させた。

■大坂夏の陣
慶長20年(元和元年)、大坂夏の陣のとき、豊臣秀頼が浪人を募集した。浪人となっていた後藤又兵衛はこれに加わり、大阪城で籠城した。

後藤又兵衛は上杉軍・佐竹軍と奮闘するも、慶長20年年5月6日(大坂夏の陣)、伊達政宗の軍勢の鉄砲に撃たれて戦死した。

その他の黒田家の家臣については、「実話・軍師・黒田官兵衛(黒田如水)の生涯のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト後藤又兵衛(後藤基次)の生涯へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。