スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごちそうさん-第47話のあらすじとネタバレ

高畑充希が縁談を拒否するNHK連続テレビ小説ドラマ「ごちそうさん」の第8週・第47話「ごめんなすって(御免なすって)」のあらすじとネタバレです。


ドラマ「ごちそうさん」のあらすじとネタバレは「ごちそうさん-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ごちそうさん-第47話のあらすじとネタバレ
卯野め以子(杏)が弁当箱に入れた手紙で「希子ちゃんは、結婚したい気持ち、したくない気持ち、どれくらいの割合ですか」と尋ねると、西門希子(高畑充希)は弁当箱に入れた手紙で「五分と五分です」と答えた。

卯野め以子(杏)が手紙で「結婚したい五分は何ですか?」と尋ねると、西門希子(高畑充希)から「お嫁に行く以外、他の道は考えにくいし。家から逃げ出せる唯一の手段やからです」と返事があった。

卯野め以子(杏)が手紙で「結婚したくない五分は何ですか?」と尋ねると、西門希子(高畑充希)から「結婚して、楽しく暮らすのは、とても難しいことに見えるからです。何でもできるお姉ちゃん(キムラ緑子)や、明るく元気な、ちい姉ちゃん(杏)でもそうなんやから、私なんて嫁いだら、間違いなくイジメられます。私は家族を作るのが怖いです。結婚が怖いです」と返事があった。

翌日、西門希子(高畑充希)が弁当箱を開けると、手紙には「放課後、教室に残っていてください」と書いており、西門希子(高畑充希)は指示通りに教室で残っていると、卯野め以子(杏)が女学生に扮装して教室にやってきた。

卯野め以子(杏)が「手紙、ビックリしたわよ。希子ちゃんって、本当は凄く賢いんじゃない?理屈が通ってて、自分が見えてて。私なんて、もっと、もっと、阿呆で愚図だったわよ。悠太郎さん(東出昌大)にも『何の魅力も無い』って。バシッと言われたわよ」と話した。

すると、西門希子(高畑充希)は「ホンマですか?ちい姉ちゃん(杏)は、もっと自信満々で来たんやと思ってた。私ならこんな化け物屋敷でも平気やって」と驚いた。

卯野め以子(杏)は「化け物屋敷?違うわよ。阿呆だから、何も考えてなかったの。同じ釜のご飯食べてる人間が、心からいがみ合うなんて、想像も出来なかったの」と答える。

そして、卯野め以子(杏)は西門希子(高畑充希)の向かい合って座ると、「希子ちゃん、私ね、みんなで食べるご飯は美味しくて、それは凄く楽しいことだって、希子ちゃんに知って欲しいの。知ってから、お嫁に行って欲しいの。あんな、『怖い』とか、『抜け出せる』とか、そういう理由じゃなくてね」と告げた。

そして、卯野め以子(杏)は「例えばね、『あの人、ええ人やけど、ちい姉ちゃん(杏)のご飯が美味しいから出て行きたくないわ』とかって、希子ちゃん(高畑充希)が冗談とか言ってね。『甘えたこと言ってると、痛い目を見まっせ』って、お姉さん(高畑充希)がピシって言ったりして。『失敗しても、男なんて、その辺に転がっとる』って、お静さん(宮崎美子)が軽口を叩いてさ。で、悠太郎さん(東出昌大)は、ちょっと寂しそうで。で、『ご飯なんて、いつでも届けてあげるわよ』って、私が能の無い事ばかり言って。そんなふうに送り出したいなって。あ、私の勝手な希望なんだけどね」と理想を語った。

西門希子(高畑充希)が「逃げ出すみたいに行ったら、何かあった時、また逃げ出したくなるかも知れませんね」と納得すると、卯野め以子(杏)は「そう。そういうこと。そういうことが言いたかったのよ」と感心する。

西門希子(高畑充希)が「今、四分六分になりました」と言って笑う。

その日の夕食時、西門希子(高畑充希)は意を決して「あの、お姉ちゃん」と声をかけたが、西門和枝(キムラ緑子)は無視をして、卯野め以子(杏)に「悠太郎さん(東出昌大)は、いつ帰って来はんの?」と尋ねた。

卯野め以子(杏)が「明日、着替えを届けに行こうかと思っているんですけど」と答えると、西門和枝(キムラ緑子)は「日取りを決めなあきまへんから、帰れそうな日を聞いてきてもらえまっか」と頼んだ。

西門希子(高畑充希)はもう1度、勇気を振り絞り、「あ…、あの…」と声をかけると、西門和枝(キムラ緑子)は「何?」と尋ねた。

西門希子(高畑充希)は声を震わせながら、か細い声で「…ウチ、結婚するの怖くて。ちゃんとやっていける自信ないから、お見合い、したくないです」と自分の意志を継げると、西門和枝(キムラ緑子)は「何もせんうちから、自信なんか出来ますかいな。そんなもんは、嫁に行って、なんやかんや動くうちに出てくるもんです」と一蹴した。

西門希子(高畑充希)が「け、けど」と反論しようとすると、西門和枝(キムラ緑子)は「何や?この人(杏)に、しょうもない知恵でも付けられたんか?」と呆れた。

卯野め以子(杏)が「あの、お姉さんの言う、良いお話って、何ですか?」と尋ねると、西門和枝(キムラ緑子)は「家柄と財産、話くれはった人に力あることでんな」と答えた。

卯野め以子(杏)が意外な答えに「えっ?」と驚くと、西門和枝(キムラ緑子)は「その人の顔を潰したら怖いと思たら、おのずと嫁を大事にするもんだす。せやから、仲立ちの無い縁は、あかんのだす」と答えた。

西門静(宮崎美子)が「えらい仲立ちがあっても、毛虫みたいに嫌われた人もおるけどな」と呆れると、西門和枝(キムラ緑子)の箸がピタリと止まった。

西門和枝(キムラ緑子)は「惚れた腫れたで一緒になって、1年もたんかった方に、言われとうないですわ」と言い返す。

西門静(宮崎美子)が「この際、自分の縁談をまとめはったら?」と呆れると、西門和枝(キムラ緑子)は「そんなもん、もうありまへんよって。お静さん(宮崎美子)が、もうひと踏ん張りして、出てってくれはりまっか。惚れた腫れたが大事な方が、旦那さんが居らんようになって、延々とここに居はるのもおかしな話ですな」と告げた。

すると、西門静(宮崎美子)が「和枝ちゃん(キムラ緑子)が、1人になったら可哀そうやからやんか。希子ちゃん(高畑充希)も出て行って、悠太郎さん(東出昌大)もめ以子さん(杏)も、いつか出て行くかも知れんけど、ウチだけは、くたばるまで、ずーっと、ずーっと、世話かけたげるさかいな。へばりついて、離れへんさかい。安心しときや」と答えた。

2人の言い合いに卯野め以子(杏)が顔を引きつらせていると、西門希子(高畑充希)が「もうええです。ずーっと、こうですから、この家は。みんなで仲良くなんて日は、来いへん」と落胆した。

ある日、卯野め以子(杏)が市場に買い物に行くと、師匠・酉井捨蔵(近藤正臣)と出会ったので、西門希子(高畑充希)の事を相談する。

酉井捨蔵(近藤正臣)が「ほな、妹さん(高畑充希)、明日、見合い決まったんか?」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「旦那さんも、家に縛り付けとくよりは、その方がいいって」と不服そうに答えた。

酉井捨蔵(近藤正臣)が「何や、納得してない感じやな?」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「希子ちゃん(高畑充希)、全然楽しそうじゃなくて。けど、行った先で、パッと幸せになるかも知れないし。余計なお世話なんですよね、私の。だから、今日は、元気出してもらおうと思って、好きなものを作ろうかなって。希子ちゃん(高畑充希)は、エビと水ナスを優しい味に炊いたのが好きなんです。」と答えた。

そして、卯野め以子(杏)が「師匠、本当に色々とおおきに」と礼を言って帰ろうとすると、酉井捨蔵(近藤正臣)は「ちょっと、待ち」と呼び止めた。

酉井捨蔵(近藤正臣)は「あんた、それでええんか?旦那さんの家を幸せにすると言うたんと違うんかいな。家族も幸せにするって言うたやろ。あれはもうええんか?」と尋ねる。

卯野め以子(杏)が「出来るか、出来ないか、分からないことに付き合わせるのは…」と落ち込むと、酉井捨蔵(近藤正臣)は「出来る、出来へんの問題とちゃうんや。大事なのは、その覚悟や」と告げた。

一方、女学校でお弁当を食べていた西門希子(高畑充希)は、梅干しを1口食べてみると、梅干しは酸っぱく無くて美味しかったので笑顔になった。その梅は、西門希子(高畑充希)の為に酸っぱさを押さえて漬けた希子梅だった。

その日、卯野め以子(杏)が帰宅すると、西門希子(高畑充希)が台所で希子梅を漬けた壺を見つめていた。

西門希子(高畑充希)が卯野め以子(杏)に弁当箱を渡して、「今日の梅干し」と告げると、卯野め以子(杏)は「お砂糖とお醤油でちょっと煮てみたの。美味しかった?」と教えてくれた。

西門希子(高畑充希)が「うん。これ、次はどうしはるんですか?」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「梅雨が明けたら日に干すの、ザルにザーッと並べてね。それから本漬けをして、ひたすら寝かせるの」と教えた。

西門希子(高畑充希)が「どれくらいで、出来上がるの?」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「1年くらいかな」と答えた。

西門希子(高畑充希)は壺の中の梅干しを見ながら、「食べたかったな」と落ち込むと、卯野め以子(杏)は「出来たら、嫁ぎ先に…届けてあてる」と言おうとしたが、言葉を飲み込み、「届けない」と告げた。

西門希子(高畑充希)が驚いて振り返ると、卯野め以子(杏)は「食べてみたかったら、ここにいなさい。ここに居て、私のやる事を全部見てなさい。失敗も、成功も、全部」と告げた。

そして、卯野め以子(杏)は「私はきっと、いろいろ失敗すると思う。希子ちゃん(高畑充希)の言う通り、楽しいお家になんて出来ないかも知れない。でも、その失敗だって、希子ちゃんにとっては、無駄にはならないと思う。どうやったら、ご飯が楽しい家になるのか、どうしたら、ならないのか。ちゃんと、その目で見て、考えてから、お嫁に行きなさい」と告げた。

西門希子(高畑充希)は泣きながら、笑顔で「はい」と答えた。卯野め以子(杏)も笑顔で「私も頑張る」と告げたのであった。

ごちそうさん-第8週・第48話のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイトごちそうさん-第47話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。