スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リーガルハイ-最終回のあらすじと結末ネタバレ

堺雅人が出演するフジテレビの弁護士ドラマ「リーガルハイ(リーガル・ハイ2)」の最終回(第10話)「二転三転する最後の法廷!執念で救え依頼人!真実は悲劇か喜劇か」のあらすじと結末ネタバレのあらすじ編です。


リーガルハイ(リーガル・ハイ2)第9話のあらすじとネタバレは「リーガルハイ2-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■リーガルハイ-これまでのあらすじ
徳永運輸の社長・徳永光一郎と娘・徳永サツキ(内田愛)が、青酸化合物の入った夕食を食べ、自宅で倒れていたところを発見される。徳永光一郎は死亡し、娘・徳永サツキ(内田愛)は奇跡的に助かったが、事件の影響で心を閉ざした。

そして、徳永光一郎の愛人・安藤貴和(小雪)が、徳永光一郎を毒殺した容疑で逮捕・起訴され死刑を求刑された。

裁判で無罪を主張していた安藤貴和(小雪)は被告人尋問で一転して犯行を認め、死刑判決が下ったが、最高裁で古美門研介(堺雅人)が検事・醍醐実(松平健)を倒して、東京地裁への差し戻しを勝ち取っていた。

そのようななか、安藤貴和(小雪)が主張を翻した原因となる謎の女性・吉永慶子の正体が、羽生晴樹(岡田将生)だと判明する。

■リーガルハイ-最終回のあらすじとネタバレ
数ヶ月前(徳永光一郎殺人事件の裁判の被告人質問の前日)、吉永慶子を名乗り、拘留中の安藤貴和(小雪)に接見した犯人は、検事時代の羽生晴樹(岡田将生)だった。

安藤貴和(小雪)に接見した検事・羽生晴樹(岡田将生)は「古美門先生(堺雅人)は優秀な弁護士です。貴女を無罪にするかも知れない」と告げると、安藤貴和(小雪)は「あたりまえよ。やってないんだから」と答えた。

羽生晴樹(岡田将生)は「今回はね。過去に何人も殺してるでしょ」と告げると、安藤貴和(小雪)は「ええ、それでも、貴女は徳永浩一郎殺害の罪を認めるべきだ」と告げた。

安藤貴和(小雪)は「アンタ、頭がおかしいんじゃないの?」と呆れると、羽生晴樹(岡田将生)は「僕は決めたんです。みんなを幸せにするって。貴女を含めてね」と答えた。

安藤貴和(小雪)は「でも、罪を認めたら死刑でしょ?」と尋ねると、羽生晴樹(岡田将生)は「おそらく。でも、僕は貴女を死刑にしたくない。死刑はwin-winじゃないから。古美門先生(堺雅人)を信じて任せるんですね。僕も密かに援護します。そうすれば、必ず最高裁で勝ちます。そして、おそらく地裁へ差し戻しになります」と話した。

安藤貴和(小雪)が「差し戻しになったら?」と尋ねると、羽生晴樹(岡田将生)は「僕が差し戻し審を担当し、無期懲役に持ち込みます。それで納得してください。ただ、そのためには戦いやすい相手にする必要があります。差し戻し審では弁護人を変えましょう。古美門先生(堺雅人)と黛真先生(新垣結衣)を切るんです」と告げたのであった。

さて、最高裁で差し戻し審を勝ち取った古美門研介(堺雅人)の元に、安藤貴和(小雪)からキスマークの付いたカードが届いた。どうやら、弁護人の解任通知らしい。おそらく、黒幕・吉永慶子の差し金だろう。

納得できない黛真知子(新垣結衣)は、弁護士事務所「ネクサス」に怒鳴り込むが、既に羽生晴樹(岡田将生)と本田ジェーン(黒木華)の2人はネクサスを辞めていた。

一方、古美門研介(堺雅人)を解任した安藤貴和(小雪)は、三木長一郎(生瀬勝久)を弁護人とした。

ある日、差し戻し審の第1回公判が始まる。検事に復帰した羽生晴樹(岡田将生)と本田ジェーン(黒木華)の2人が差し戻し審を担当し、異例ながら、求刑の変更し、安藤貴和(小雪)の無期懲役を求めた。

一方、弁護人・三木長一郎(生瀬勝久)も弁護方針を変更し、「安藤貴和(小雪)が罪を認め、深く反省しています」と言い、情状酌量を求めた。

裁判が終わると、報道陣が殺到し、弁護人にマイクを向ける。記者が「どうして弁護方針を変更したのですか?」と質問すると、弁護士・三木長一郎(生瀬勝久)は「これまでは前任の弁護人が被告人の意向を無視して弁護を行っていました。被告人は罪を悔いあたらたいと思っています。私は出来る限り、その思いに答えたい」と答えて立ち去った。

その後、記者が検察側に「なぜ、無期懲役に変更したんでしょうか?」と尋ねると、本田ジェーン(黒木華)が「最高裁の判決を受け止め、本件を精査し直したところ、無期懲役が妥当だと判断しました」と答えた。

記者が「民意とは違うと思いますが」と追求すると、羽生晴樹(岡田将生)が「被害者感情に寄り添えば、極刑を望むのも分かります。ですが、我々はいたずらに扇情的になってはいなかったでしょうか?どうか冷静に審理を見守って欲しい。怒りや憎しみからは何も生まれませんから」と答えて立ち去った。

その日の夜、羽生晴樹(岡田将生)と本田ジェーン(黒木華)の2人は、弁護士事務所「ネクサス」を訪れる。ネクサスの弁護士・磯貝邦光(古舘寛治)から「事務所の今後を話し合いたい」と相談されていたのだ。

すると、奥から黛真知子(新垣結衣)が出てきて「磯貝先生(古舘寛治)とは話し合うんだ。私の電話ははぐらかすのに」と告げた。

本田ジェーン(黒木華)が「ちょっと、バタバタしてただけよ」と釈明すると、物陰から古美門研介(堺雅人)が現れ、「じゃー、じっくり話し合おうじゃないか」と告げた。

弁護士・磯貝邦光(古舘寛治)は「すまない。どうしてもって頼まれて」と謝罪し、「こんな所では何だから、みんなで飲みに行くか」と誘うが、用済みになった磯貝邦光(古舘寛治)は加賀蘭丸(田口淳之介)につまみ出されてしまった。

邪魔者が居なくなると、古美門研介(堺雅人)は「安藤貴和(小雪)を有罪にしたうえで、懲役に持ち込む。死刑廃止論者の君の理想の実現のために、我々は利用されていた。実に不愉快だ」と告げた。

すると、羽生晴樹(岡田将生)は「リンチしたければ、すればいい。貴方にはそれくらいしかできない。僕を叩きのめしたいでしょう。でも、もう出来ません。貴方はもうリングを下ろされたんです。もう僕とは戦えないんです」と答えた。

黛真知子(新垣結衣)が「貴方たち、とんでもないことをしてるって分かってる?」と尋ねると、羽生晴樹(岡田将生)は「ルールを守ってばかりでは、実現できない理想もある」と答え、テーブルの下に仕掛けられていたICデコーダーの録音を消去し、弁護士事務所「ネクサス」を出て行った。

事務所に戻った黛真知子(新垣結衣)が「今でも信じられません。羽生くん(岡田将生)にあんな裏の顔があったなんて」と落ち込むと、古美門研介(堺雅人)は「それは違う。アイツに裏の顔なんて無いんだよ。あれば、とっくに見抜いていた」と答えた。

服部(里見浩太朗)は「羽生先生(岡田将生)は、ただひたすら、純粋に美しい世界を実現しようとなさっているに過ぎない。つまり、表だけです」と話すと、加賀蘭丸(田口淳之介)は「だから、誰も警戒しないし、たらし込まれたのか」と納得する。

服部(里見浩太朗)は「みなさんだけではありませんぞ」と言い、インターネットの動画を再生すると、羽生晴樹(岡田将生)のインタビューの動画がインターネット上で爆発的な人気となり、動画にコメントが殺到していた。

古美門研介(堺雅人)が「win-win教の教祖様の誕生だな」と呆れると、服部(里見浩太朗)は「人々は教祖様の誕生を待ち望んでいる面もありますかなら」と答えた。

黛真知子(新垣結衣)が「真実を有耶無耶にしたまま手打ちだなんてあり得ない」と怒ると、古美門研介(堺雅人)は「真実なんてどうでも良いが、成功報酬がパーになるなんてあり得ない。安藤貴和(小雪)は私の獲物だ。どんな手を使っても奪い返す」と宣言した。

服部(里見浩太朗)が「鍵は安藤貴和(小雪)が、どうして羽生先生(岡田将生)の言いなりになるか、ということでしょうな」と告げると、古美門研介(堺雅人)は「今度こそ、羽生晴樹(岡田将生)の息の根を止める。最終決戦じゃ」と言って立ち上がった。

さて、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)の2人は、吉永慶子を名乗り、拘留中の安藤貴和(小雪)に接見する。吉永慶子の名前でも名乗らないと、会ってくれないと思ったからだ。

安藤貴和(小雪)は呆れて接見を打ち切って接見室を出ようとすると、古美門研介(堺雅人)が「君はやっているんだと思ってたよ。無罪直前で君が私を切り、無期懲役を受け入れる理由は1つだ。君の無罪が判明したら、真犯人捜しが始まる。真犯人が見つかれば困るんだろ」と告げた。

安藤貴和(小雪)が足を止めて「私が誰かを庇う人間だと思う?」と尋ねると、古美門研介(堺雅人)は「君は欲望の為に生きてきた鬼畜だからな。だから、もし、君が庇うに値する人間が居れば、そいつが真犯人だ。必ず見つけ出す」と答えた。

安藤貴和(小雪)が古美門研介(堺雅人)を睨み付けて接見室を出て行くと、古美門研介(堺雅人)は黛真知子(新垣結衣)に「安藤貴和(小雪)が過去に関係した男性を幼稚園まで遡り洗い出せ」と命じた。

ある日、古美門研介(堺雅人)は三木長一郎(生瀬勝久)に会い、「検察と手ぬるい裁判をして恥ずかしくないんですか?貴方は無敗の私を倒したかったんじゃないんですか?」と挑発したが、三木長一郎(生瀬勝久)はフットサルを始めており、win-win教に入信しているようで、全く挑発には乗らなかった。

一方、羽生晴樹(岡田将生)はワイドショーでも取り上げられて人気はウナギ登りで、安藤貴和(小雪)の死刑を望んでいた世論も「無期懲役が妥当」と言い出していた。

他方、古美門研介(堺雅人)は悪徳弁護士として評判は地に落ち、事務所は閑古鳥が鳴き、協力してくれる人も少なくなっていた。

古美門研介(堺雅人)が黛真知子(新垣結衣)に「ポンコツ、ちゃんと仕事しろ」と激怒すると、黛真知子(新垣結衣)は「やってますけど、付き合っていた男が多すぎるんですよ」と男性のリストを見せた。

古美門研介(堺雅人)が「ピンと来る奴から当れ」と命じると、黛真知子(新垣結衣)は「そんなの分かりませんよ」と反論した。

すると、服部(里見浩太朗)は「それでは、私が当たりを付けてみましょう。昔、ボリショイサーカスでナイフ投げをしていまして」と言い、男性のリストを空中に投げると、持っていたナイフを落ちてくるリストに向かって投げた。

すると、柱に突き刺さったナイフに1枚のリストが刺さっていた。黛真知子(新垣結衣)はナイフを抜いてリストを見てみると、「ここはちょっと、私1人では」と弱気になった。

翌日、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)の2人は、リストの住所を訪れると、門に「金埼組」という表札がかかっていた。どう見ても暴力団の事務所だ。

古美門研介(堺雅人)は引き返そうとしたが、中から出てきた男に取り囲まれ、屋敷の中に連れ込まれ、組長の前に突き出されてしまった。

古美門研介(堺雅人)はひたすら低姿勢でゴマをすりながら自己紹介すると、組長・金埼は「あんたらが何時か来るって、アイツ(岡田将生)が言ってたよ。何にも喋らないで欲しいって言われたけど、変な所から漏れるぐらいなら、俺から話す。女房以外に惚れたのは貴和(小雪)だけだ」と言い、ある真相を話した。

真相を話し終えると、組長は「アイツ(岡田将生)は全て腹に収めると言ってくれた。事実、そうしてる。だから、あんたらもそうしろ。良いな。東京湾の水はまだ冷たいぞ」と告げた。

その後、2人が金埼組を出る。黛真知子(新垣結衣)は「どう思いますか?そんなことって本当にあるんでしょうか?でも、そう考えるしかないんじゃないでしょうか?」と尋ねると、古美門研介(堺雅人)は「ちょっとオシッコが漏れちゃったよ」と答えた。

その後、古美門研介(堺雅人)は三木法律事務所の沢地君江(小池栄子)に頼み、安藤貴和(小雪)の髪の毛を入手する。

一方、加賀蘭丸(田口淳之介)は住職に変装し、父親・徳永光一郎の墓参りに来た娘・徳永サツキ(内田愛)に「知ってますか?お墓に髪の毛をお供えすると、思いが届くんですよ」と教え、徳永サツキ(内田愛)の髪の毛を入手した。

リーガルハイ(リーガル・ハイ2)-最終回のあらすじと結末ネタバレの中編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトリーガルハイ-最終回のあらすじと結末ネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。