スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中間六郎右衛門(中間統種)が山田大膳を暗殺

V6の岡田准一が主演するNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公となる黒田官兵衛の生涯を実話で描く実話「軍師・黒田官兵衛(黒田如水)」のあらすじとネタバレ豊前編「中間六郎右衛門(中間統種)が山田大膳を暗殺したあらすじとネタバレ」です。


このページは「原弥左衛門と黒田長政の城井谷の封鎖作戦のあらすじとネタバレ」からの続きです。

実話「軍師・黒田官兵衛(黒田如水)」のあらすじとネタバレ目次は「実話-軍師・黒田官兵衛(黒田如水)-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■豊前国人一揆の激化
天正15年(1587年)10月、領土を失った豊前(福岡県東部)の豪族・城井鎮房が、黒田官兵衛の留守を突いて、旧領土の城井谷を奪還して挙兵する。

黒田長政は城井鎮房を討ち取るため、黒田官兵衛に内緒で城井谷へと兵を進めたが、城井谷の奥地へと誘い込まれて敗走し、命からがら、居城・馬ヶ岳城へと逃げ帰った。

地理に不慣れな城井谷の奥地で負けたため、今度は平地へ誘い出して戦おうとして、黒田長政は再び兵を率いて城井谷を訪れ、城井鎮房に勝負を挑んだ。しかし、城井鎮房は城井谷に要害を築いて出てこなかった。

そこで、黒田長政は城井谷の入り口にある神楽山の古城・神楽城を修復して向城とし、城井谷の出入りを監視して封鎖する事にしたのである。

さて、城井鎮房が黒田長政を撃退したことにより、豊前(福岡県東部)の各地で起こった一揆は勢いづいた。

豊臣秀吉は豊前(福岡県東部)で起きた一揆を重く見ており、中国地方の毛利輝元・小早川隆景・吉川広家にも豊前一揆の鎮圧を命じた。

■中間六郎右衛門(中間統種)と山田大膳の暗殺
豊前一揆を起した豪族の中でも強敵なのが、城井谷の城井鎮房、上毛郡の山田大膳、下毛郡の中間六郎右衛門(中間統種)の3人であった。この3人は3足のごとく城を構え、城に籠もって黒田官兵衛に抵抗していた。

中間六郎右衛門(中間統種)は豊前国下毛郡で最強の豪族だったが、黒田官兵衛の功名を知っていたため、降伏しても本領を失い、戦っても滅ぼされるだけだと悩み、家臣全員に意見書を入札するように命じた。

乱世だっため、字の書けない家臣も多かったが、字の書けない者は字の書ける者に代筆を頼み、全家臣が意見書を提出する。家臣は皆、黒田官兵衛に属する理由を書いており、黒田官兵衛に抵抗する意見は皆無であった。

家臣は黒田官兵衛に下ることで一致しており、評議を行う必要も無く、中間六郎右衛門(中間統種)は黒田官兵衛に属することを決め、早々と黒田官兵衛に降服したのである。

一方、豊前国の上毛郡には豪族・山田大膳という強敵が居り、山城に閉じこもって黒田官兵衛を困らせていた。

さいわい、黒田官兵衛に降った中間六郎右衛門(中間統種)は上毛郡の豪族・山田大膳と従兄弟の関係にあったため、黒田官兵衛は中間六郎右衛門(中間統種)に山田大膳の暗殺を命じた。

中間六郎右衛門(中間統種)は黒田官兵衛の部隊を案内し、上毛郡へ行き、城の近くに黒田官兵衛の部隊を伏せると、中間六郎右衛門(中間統種)は山田大膳の居城を尋ねた。

中間六郎右衛門(中間統種)は山田大膳の従兄弟だったので、何の疑いも無く、山田大膳を城の中へと招き入れる。

すると、中間六郎右衛門(中間統種)は隙を突いて城門を開け、城の近くに伏せていた黒田官兵衛の軍勢を場内に導き入れた。こうして、黒田官兵衛はいとも簡単に山田大膳を討ち取ったのである。

黒田官兵衛は、中間六郎右衛門(中間統種)が裏切らなかったことに感心し、豊臣秀吉に中間六郎右衛門(中間統種)の功績を報告した。

その結果、中間六郎右衛門(中間統種)は、豊臣秀吉と黒田官兵衛から領地を賜ったうえ、黒田官兵衛から黒田姓を許され、中間六郎右衛門(中間統種)は以降、黒田六郎左衛門と名乗った。

(注釈:黒田家の家臣・黒田六郎左衛門の生涯については、「黒田六郎右衛門(中間六郎右衛門)の生涯」をご覧ください。)

■黒田官兵衛と豊前国人一揆の鎮圧
豊前(福岡県東部)のほとんどの豪族が豊前宇都宮家(城井家)から枝分かれした同族(城井一族)で、城井鎮房に呼応して豊前各地の豪族が一揆を起した。

城井鎮房が黒田長政を敗走させると、豊前各地の一揆は勢いづいたが、城井一族は独立性が強いため、あまり協力して戦うこはなく、城井鎮房も城井谷に引きこもったままで、各地の豪族を統率して戦おうとしなかった。

黒田官兵衛は城井谷を風砕してる間に、次々と豊前各地の一揆を平定していく。黒田官兵衛は中国地方の毛利輝元・小早川隆景・吉川広家らの援軍もあり、天正15年(1587年)12月下旬までに豊前国各地の一揆を平定し、残るは城井谷城に籠もる城井鎮房だけとなった。

実話「軍師・黒田官兵衛(黒田如水)」のあらすじとネタバレ豊前編「黒田官兵衛と城井鎮房の和解のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイト中間六郎右衛門(中間統種)が山田大膳を暗殺へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。