スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごちそうさん-第84話のあらすじとネタバレ

東出昌大に不倫の魔の手が忍び寄るNHK連続テレビのごちそうさんドラマ「ごちそうさん」の第14週・第84話「アイスる力」のあらすじとネタバレです。


ごちそうさん-第83話のあらすじとネタバレは「ごちそうさん-第83話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「ごちそうさん」のあらすじとネタバレ目次は「ごちそうさん-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ごちそうさん-第84話のあらすじとネタバレ
病院で治療を受けた西門悠太郎(東出昌大)が「アキ(加藤あい)、いつからここに?」と尋ねると、女医・村井亜貴子(加藤あい)は「先月、替わってきてん。悠ちゃん(東出昌大)は、直ぐそこで地下鉄を造っててんな。嘘みたいな偶然、あるもんやねえ」と答えた。

付き添ってきた上司・池本元が「えっ?2人は、お知り合いなん?」と尋ねると、村井亜貴子(加藤あい)は「ええ、昔からの友人で」と答えた。

そこへ、看護婦が来て、村井亜貴子(加藤あい)に「松田先生(加藤あい)。患者さんの奥さんが来ましたけど」と報告した。

西門悠太郎(東出昌大)が「アキ、松田って?」と尋ねるが、村井亜貴子(加藤あい)は西門悠太郎(東出昌大)の質問を無視して「痛み止め出すから、受付で貰って。今日は安静にして、せやね、明日、来て下さい」と告げた。

さて、病院に駆けつけた卯野め以子(杏)が「戻るつもりですか?その怪我で」と止めるが、西門悠太郎(東出昌大)は「話し合いの途中でしたし」と答え、歩きながら、Yシャツのボタンを留めた。

卯野め以子(杏)「けど、頭を打ってるんですよね?」と心配すると、西門悠太郎(東出昌大)は「大丈夫ですよ。話し合うだけですから。受付で薬だけ貰っておいてください」と頼むと足早に病院を後にした。

卯野め以子(杏)は「ほんまに、無理はせんといてくださいよ」と西門悠太郎(東出昌大)の背中に声をかけた。

さて、西門悠太郎(東出昌大)が工事現場に戻ると、作業員がバケツをもって張りし回り、大騒ぎになっていた。部下の真田もバケツをもって走り回っていた。

上司・池本元が真田に駆け寄り、「なんやこれ。真田、何かあったんか?」と尋ねたると、真田は「停電で、排水ポンプがいかれてしもて、地下に水が溢れて出てしもうたんです。今、電源を復旧しつつ、人力で水をかき出してるんですけど」と説明すると、バケツに入った水をドラム缶に捨て、再び走って行った。

すると、西門悠太郎(東出昌大)もバケツを持って真田の後を追い、水のくみ出しを手伝った。

土木担当・石川は、頭に包帯を巻いたまま、バケツを持って走り回っている西門悠太郎(東出昌大)を見て「あいつ、何をやっとんねん」と驚いた。

村井亜貴子(加藤あい)は物陰から、必死に走り回っている西門悠太郎(東出昌大)を見て、子供の頃に西門悠太郎(東出昌大)が「何で、俺は子供なんや。俺が大人やったら、アキ(加藤あい)の事、守れるのに。アキの夢、叶えられるように、してやれたのに」と言って泣いた事を思い出した。

一方、ラジオ局に勤務する同僚・川久保啓司(茂山逸平)は、不審者に待ち伏せされていた西門希子(高畑充希)を自宅まで送っていた。

西門希子(高畑充希)が「ほんまに、もうええですよ」と遠慮すると、川久保啓司(茂山逸平)は「もしかして、付き合っている人に見られたら困るとか?」と尋ねた。西門希子(高畑充希)は「そんな人はいませんけど」と答えた。

そのとき、正面から、泉源太(和田正人)が女性と楽しそうに話しながら歩いてきた。
泉源太(和田正人)が「おほほう、希子ちゃん(高畑充希)、なんや、活躍しとるみたいやな」と声をかけると、西門希子(高畑充希)は「源太さんも、ご活躍みたいで」と答えた。泉源太(和田正人)は「おう」と笑う。

そこで、泉源太(和田正人)は連れの女性に急かされ、「ほな、また」と言い、立ち去った。女性は「今日は、どこに連れて行ってくれるの?」と尋ねると、泉源太(和田正人)は「着いてからのお楽しみや。あひゃひゃひゃひゃ」と笑っていた。

西門希子(高畑充希)は寂しそうな目で、小さくなっていく泉源太(和田正人)の背中を見つめた。

さて、帰宅した西門希子(高畑充希)は、夕食を食べながら、卯野め以子(杏)に「決めては何だったんですか?お兄ちゃん(東出昌大)と一緒になろうと思った」と尋ねた。

すると、卯野め以子(杏)は「う~ん。格好良いと思ったんよね。腹立つ事も多いけど、夢に向かって真っすぐ進んで行ってるっていうのは」と答えた。

西門希子(高畑充希)が「ほな、今も同じやないですか」と指摘すると、卯野め以子(杏)は「そう…よね。あの人はあんまり、変わらんかもしれんね」と答えた。

さて、工事現場の騒動が落ち着くと、西門悠太郎(東出昌大)は土木担当・石川に「偉そうな口を利いてすみませんでした」と頭を下げた。

すると、土木担当・石川は「前の言うてる事も、分かるんやで。ワシの知り合いにも、御堂筋で立ち退きを食ろうた奴が居るからな。そのかいのあったもんにしてやりたい、とは思てる。竹元教授(ムロツヨシ)の設計、ワシも、好きなんやで。明るうて、楽しいなる。一駅ごとに、シャンデリアも、タイルの色も違うて、なんかワクワクする。けどな、職人さんの顔を見とると、もう堪忍したってくれとも思う。金で報いる事ができるんやったらまだしも、尻ひっぱたいて、やってもろてる状態や」と話した。

そして、土木担当・石川は「全部やないとアカンか?二重にするのは一部で、後は樋(とい)で何とかならんやろか?その方が、空間も広う残したままに出来るし、修繕もしやすいやろ」と相談した。

西門悠太郎(東出昌大)は「考えてみます」と答えた。土木担当・石川の顔にも、西門悠太郎(東出昌大)の顔にも、少しだけ希望の火が点っていた。

さて、西門悠太郎(東出昌大)が帰宅すると、卯野め以子(杏)が板の間の卓袱台にうつぶせになって眠っていた。

どうやら、卯野め以子(杏)は、西門悠太郎(東出昌大)の傷を早く直す料理のレシピを考えながら、寝てしまったようだ。

西門悠太郎(東出昌大)が卓袱台に置いてあった薬の袋を手に取ると、卯野め以子(杏)はそれに気づいて起き、「あっ、お帰りなさい。それ、お薬を貰って」と言って、卓袱台の上を整理している。

そして、卯野め以子(杏)は西門悠太郎(東出昌大)が泥だらけなのに気づき、「どうしたんですか?」と驚くと、西門悠太郎(東出昌大)は「現場に戻ったら停電で、みんなで水くみをして」と説明した。

卯野め以子(杏)が「もう、包帯も汚れてるじゃないですか」と言って薬箱を探すと、西門悠太郎(東出昌大)は「ええです。ええです。明日、消毒に行きますから」と告げた。

卯野め以子(杏)が「駄目です」と言って薬箱を取り出すと、西門悠太郎(東出昌大)は「遅いし、大丈夫ですから」と告げた。

卯野め以子(杏)は「ほんまに、もう。明日の朝一番で病院へ行ってくださいよ」と言い、西門悠太郎(東出昌大)の食事の支度に取りかかった。

西門悠太郎(東出昌大)は薬の袋の裏を見ると、投當醫(担当医)の名前は「松田亜貴子」になっていた。村井亜貴子(加藤あい)はどうして松田を名乗っているのだろうか…。

そのころ、長女・西門ふ久(原見朋花)は、電気が消えた部屋で布団に入り、横になっていたが、未だ眠れず、卯野め以子(杏)と一緒にアイスクリンを作った時のことを思い出していた。

翌朝、卯野め以子(杏)は「ホンマに、ちゃんと病院行って下さいよ」と言って、西門悠太郎(東出昌大)に弁当を渡すと、弁当を受け取った西門悠太郎(東出昌大)は「あっ、ありがとうございます」と答えた。

卯野め以子(杏)が「どうしたんですか?お礼を言うだなんて」と不思議がると、動揺した西門悠太郎(東出昌大)は「あはは。たまにはええやないですか。ほな、行ってきます」と言い、卯野め以子(杏)からカバンを奪い取るようにして、家を飛び出した。
卯野め以子(杏)は西門悠太郎(東出昌大)を送り出すと、みんなと一緒に朝食を食べた。

西門正蔵(近藤正臣)が「何やあいつ、また、えらい早いな」と言うと、卯野め以子(杏)は「一番にお医者さんにかかりたいんですって。現場に遅れたくないからって」と説明した。

西門希子(高畑充希)が「お兄ちゃん、ほんまに頑張ってますね、お仕事」と感心すると、長女・西門ふ久(原見朋花)が「お母ちゃんかて、ごっつう頑張ってる。お母ちゃんの見えへん力で、ウチの御飯は出来とるんや」と告げた。

西門静(宮崎美子)が「せやから、ふ久(原見朋花)も頑張ってるんかいな」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「えっ?」と言い、長女・西門ふ久(原見朋花)を見た。

すると、長女・西門ふ久(原見朋花)はモリモリと朝食を食べ、ついには完食して、笑顔で「ごちそうさん」と言った。

卯野め以子(杏)は感極まって涙を流し、「おおきに」と言って長女・西門ふ久(原見朋花)を抱いた。

一方、病院を訪れた西門悠太郎(東出昌大)は、村井亜貴子(加藤あい)の治療を受けながら、「アキ(加藤あい)、松田って、どういう事や?元々の姓やろ?光男さんとは、結局、一緒にならんかったんか?」と尋ねた。

すると、村井亜貴子(加藤あい)は「一緒になって、去年、亡くなりはった。それで、村井のお父さんとお母さんが、元の姓に戻してくれはったいうか」と説明した。

西門悠太郎(東出昌大)が「困った事があったら言うてや。力になれることがあったら」と告げると、村井亜貴子(加藤あい)は「言うてええん?」と尋ねた。

西門悠太郎(東出昌大)が「ああ」と答えると、村井亜貴子(加藤あい)は西門悠太郎(東出昌大)を見つめて「好きで困ってる。もう、ずーっと、好きで好きで困ってる」と告げた。

すると、動揺した西門悠太郎(東出昌大)は、口を開いたまま、目をキョロキョロとさせたのであった。

ごちそうさん-第15週・第85話のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイトごちそうさん-第84話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。