スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごちそうさん-第97話のあらすじとネタバレ

卯野め以子(杏)が愛国心に目覚めるNHK連続テレビのごちそうさんドラマ「ごちそうさん」の第17週・第97話「贅沢はステーキだ」のあらすじとネタバレです。


ごちそうさん-第96話のあらすじとネタバレは「ごちそうさん-第96話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「ごちそうさん」のあらすじとネタバレ目次は「ごちそうさん-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ごちそうさん-第97話のあらすじとネタバレ
西門正蔵(近藤正臣)が大往生した後、地下鉄は無事に開通し、西門悠太郎(東出昌大)は「高速鉄道部」に転属された。

その一方、昭和12年に起きた盧溝橋事件に端を発した日中戦争は、存外に長引くこととなり、「贅沢は敵」とされた。

また、物資を軍部に振り分けるため、繊維や金属は国家によって統制されることになった。米も自主的な節約が求められ、節米料理が作られるようになった。

そのようななか、卯野め以子(杏)は、めっぽう元気なおばちゃんになっていたのであった。

昭和15年、長女・西門ふ久(松浦雅)は高等女学校に通い、物理に夢中な風変わりな女学生となっていた。

一方、長男・西門泰介(菅田将暉)は中学校に進学して野球部に在籍し、次男・西門活男(西畑大吾)は相変わらずの食いしん坊だった。

ある日の朝食。西門静(宮崎美子)が卓袱台に並んだ朝食を見て「また節米料理かいな」と不満を漏らすと、卯野め以子(杏)は「命がけで戦うてはる兵隊さんの事を思たら、贅沢なんてでけへんでしょ」と答えた。

西門静(宮崎美子)が「ウチかて、いつ死ぬかわかれへんのに、ばあさんの明日も命がけやねんで」と言うと、西門希子(高畑充希)は「大丈夫ですよ。お母さんは」と笑った。

川久保啓司(茂山逸平)が「お姉さん(杏)、これ、何なんですか?」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「じゃがいもを皮ごと細かく切って、油揚げもみじん切りにして、それにちょっとお醤油入れて。それで、お米と一緒に炊いたんよ」と教えた。

[注釈:川久保啓司(茂山逸平)は西門希子(高畑充希)と結婚して、西門家で同居しているようだ。アニメ「サザエさん」のマスオさんと同じ状態のようだ。]

新聞を読んでいた西門悠太郎(東出昌大)が新聞を置き、「ほな、いただきましょか」と言い、全員で「いただきます」と言って食べ始めるが、西門ふ久(松浦雅)だけは「いただきます」を言わず、テーブルに本を広げ物理の問題を解いていた。

卯野め以子(杏)は激怒して「ふ久。…ふ久。ご飯。ご飯を食べるときはご飯を食べ」と叱ると、西門ふ久(松浦雅)は不満そうに「いただきます」と言い、ご飯を食べながら、物理の問題を解き始めた。

卯野め以子(杏)は「行儀が悪い。ご飯を食べるときは勉強を止め」と言って本を閉じると、西門ふ久(松浦雅)は食べるのを止め、本を開いて、再び物理の問題を解き始めた。

卯野め以子(杏)は「食べんと体がもたんやろ」と呆れるが、西門ふ久(松浦雅)は何も答えずに物理の問題に集中していたので、卯野め以子(杏)は「もう、勝手にし」と、さじを投げた。

さて、西門ふ久(松浦雅)は登校するときも、歩きながら本を読んで登校する有様だった。

門の所で西門ふ久(松浦雅)を送り出す卯野め以子(杏)は、「ふ久(松浦雅)、人にぶつかるよ」と注意するが、西門ふ久(松浦雅)は本から目を離さないまま、スルリと向こうからやってきた男性を避けて、歩いて行った。

卯野め以子(杏)がそんな西門ふ久(松浦雅)を見て呆れていると、婦人会の仲間から「おはようさん。本日3時から、ご出征がありますさかい、よろしゅう頼んますな」と声をかけられた。

その日の3時、谷本一男を戦地に送り出すために大勢の人が駆けつけ、万歳三唱で谷本一男の出征を祝った。

その後、卯野め以子(杏)ら婦人会の女性らは、道路の脇に立ち、千人針の協力を呼びかけた。

千人針とは、1人が1針を縫って結び目を造り、1000の結び目を作って出征する兵隊に持たせるお守りである。

そのころ、市役所の会議室では、高速鉄道課の西門悠太郎(東出昌大)らが、竹元勇蔵(ムロツヨシ)に説明を行っていた。

建設会社担当・木崎は、恐る恐る、竹元勇蔵(ムロツヨシ)に「昨今は、半鐘までもが出征するような、ご時世でございまして。我々と致しましても、鋭意努力はしておるのですが、なんせ、大陸の状況は…、ご承知の通りで。米英からの資源輸入が差し止められる状況の中で、金属資源はその多くが、軍需に差し向けられるあり様でして、その…予定量の、鉄筋の確保が…」と説明する。

すると、竹元勇蔵(ムロツヨシ)は「私が今日ここに居るのは、設備の仕上げについての話し合いのためであったはずだが?なぜ、新聞を読めばわかるような事を、延々と聞かされねばならんのだ、西門」と激怒した。

西門悠太郎(東出昌大)が「状況を把握して頂かないと、ご納得は頂けないかと」と説明すると、竹元勇蔵(ムロツヨシ)は「ご納得?今まで、私が、何度、ご納得してきた?天井高を諦め、アーチを諦め、島型のプラットホームを諦め。これ以上何を諦め、ご納得しろと言うんだ」と激怒した。

一方、喫茶店「馬介」でコーヒーを飲んだ泉源太(和田正人)が「どんどん、薄くなってない?」と不満を漏らすと、高木馬介(中村靖日)は「コーヒーに輸入制限がかかってしもてなあ。税金も上がっとるし」と事情を説明した。

泉源太(和田正人)が「今年は焼き氷、出来んのかいな?」と尋ねると、高木馬介(中村靖日)は「コーヒーシロップが問題でな」と答えた。

そこへ、卯野め以子(杏)が来て、堀之端桜子(前田亜季)に千人針の協力を頼む。堀之端桜子(前田亜季)が「また?」と呆れると、卯野め以子(杏)は「婦人会の仕事なんだから、仕方ないじゃない」と答えた。

堀之端桜子(前田亜季)が「よくやるわね、あんたも」と呆れると、卯野め以子(杏)は「お国のために、戦いに行って下さるのよ。出来るだけの事はして差し上げたいのが人情じゃない」と答えた。

一方、コーヒーを飲んでいた泉源太(和田正人)は、卯野め以子(杏)に見つからないようにコッソリと喫茶店「馬介」を出て行こうとしていたが、卯野め以子(杏)に見つかり、呼び止められた。

卯野め以子(杏)が「あっ、今日は肉無しデーか」と納得すると、泉源太(和田正人)は「ああ、せやねん」と答えた。

少しご説明致しますと、この年の4月から、お肉は贅沢だという事で、月に2回はお肉を食べない、売ってもいけない、という日が決められておりました。

泉源太(和田正人)が卯野め以子(杏)に「ちょっと、ワシ、急いでるねん」と言い、喫茶店「馬介」を出ようとすると、女性が入ってきて、泉源太(和田正人)「あの、牛楽さんの?」と尋ねた。

泉源太(和田正人)は卯野め以子(杏)に背を向けて、女性に「見つからんようにな」と言って包みを渡すと、女性は「おおきに。おおきにな」と感謝して帰って行った。

卯野め以子(杏)が「ちょっと、今の、お肉?」と驚くと、泉源太(和田正人)は動揺して「え?違うで」と答えた。

卯野め以子(杏)が「何、考えてるの?今日は肉無しデーでしょ。みんな我慢してんのに、何でそういうことを」と怒ると、泉源太(和田正人)は「売ったのは昨日や。今日は渡しただけですーっ」と言って逃げるように喫茶店「馬介」を出て行った。

卯野め以子(杏)が「せいぜい、気を付けや」と呆れると、堀之端桜子(前田亜季)が「格好いいわよね。源太さんって。何があっても変わらないじゃない。それに比べて…」と落ち込んだ。

本棚には室井幸斎(山中崇)が出した絵本が並んでいた。卯野め以子(杏)は本棚を見て「ああ、『おでん皇国戦記』?凄い人気じゃない。子供の教育にも良いって、大評判よ」と褒めると、堀之端桜子(前田亜季)は「最悪よ。1ページに1回は『お国のため』って出てくるのよ。もう、ウンザリ」と呆れた。

卯野め以子(杏)が「ど、今はそれが必要なんじゃない。1つになって、心合わせて戦う事が」と反論すると、ウンザリした堀之端桜子(前田亜季)が言い返そうとした。

すると、不穏な空気を感じた高木馬介(中村靖日)が卯野め以子(杏)に、「ちょっと、頼みがあんねんけどな。コーヒーの代用品、一緒に考えてくれへん」と頼んで話題を変えた。

さて、卯野め以子(杏)が自宅でコーヒーの代用品を考えていると、西門ふ久(松浦雅)が帰宅した。

卯野め以子(杏)が「ふ久(松浦雅)、コーヒーの代用品になりそうなもん、何かないかな?」と尋ねたが、思い直し、「ああ、聞く方が間違いでした。どうぞ、どうぞ、お勉強をなさってください」と告げた。

すると、西門ふ久(松浦雅)は「タンポポがええらしいで」と教えた。

卯野め以子(杏)が「え?タンポポって、どうやって作るん?」と尋ねると、西門ふ久(松浦雅)は「そこまでは知らん。ドイツでは、そうやって作るんやて」と答えた。

西門静(宮崎美子)が「誰に教えてもろうたん?そんなん」と尋ねると、西門ふ久(松浦雅)は少し動揺して「友達」と答えて、2階へ上がった。

西門静(宮崎美子)が「友達って…居るんかいな?」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「さぁ」と不思議がった。

一方、西門ふ久(松浦雅)は自分の部屋に入ると、畳に寝そべって、円周率をつぶやきながら、天井を眺めた。

その日の夜、卯野め以子(杏)から話を聞いた西門希子(高畑充希)は、「タンポポの根って、確か漢方にも使われてますね」と教えた。

卯野め以子(杏)が「コーヒーにする時って、どないしたらええんかな?」と尋ねると、西門希子(高畑充希)は「乾かして、煎るんとちゃいます?普通のコーヒーと同じで」と答えた。

川久保啓司(茂山逸平)が「なんや、ホッコリしますね」と感心すると、卯野め以子(杏)は「せやろ?まあ、味は、やってみなわからへんけど。代用品って言うても、そんな寂しい感じがせえへんのがええやろ?それに銃後(戦線で戦わない人)が節約するんは、人として当たり前やと思うんよ。前線で、命がけで戦うてくれてはる人に対して」と話した。

西門悠太郎(東出昌大)が重い表情をしていたので、卯野め以子(杏)が「どうかしたんですか?」と尋ねると、西門悠太郎(東出昌大)は「鉄筋にも、代用品があったら、ええんですけどね」と答えた。

翌日、西門悠太郎(東出昌大)が出勤すると、元上司の藤井耕作(木本武宏)が待っていた。

一方、卯野め以子(杏)は肉屋を訪れ「源ちゃん(和田正人)、これなんぼ?」と声をかけるが、誰も応対に出てなかった。

卯野め以子(杏)が店の奥を覗くと、店主と女将と泉源太(和田正人)が項垂れていた。

卯野め以子(杏)が「なんか、あったんですか?」と尋ねると、店主は「来てもうたんや。赤紙」と教えたのであった。

ごちそうさん-第17週・第98話のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメント

スポンサーサイトごちそうさん-第97話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。