スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失恋ショコラティエ-第3話のあらすじとネタバレ

松本潤が石原さとみに妄想を抱くフジテレビのショコラティエ・ドラマ「失恋ショコラティエ」の第3話「走り出した恋、それぞれの告白へ」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


失恋ショコラティエ-第2話のあらすじとネタバレは「失恋ショコラティエ・第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作漫画「失恋ショコラティエ」のあらすじとネタバレは「失恋ショコラティエ・あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■失恋ショコラティエ-第3話のあらすじとネタバレ
高橋紗絵子(石原さとみ)がチョコレート店「ショコラ・ヴィ」に来なくなって1ヶ月半が過ぎた。ずっと会わずにいると、心の中が曖昧になってくる。

彼女の顔を思い浮かべても、こんな顔だっけって自信が無くなったり、俺は何で好きになったんだろって思ったり。

でも、このまま2度と会えないかも知れないと思うと、たまらない。やっぱり会いたいよ。

小動爽太(松本潤)がチョコレート店「ショコラ・ヴィ」で高橋紗絵子(石原さとみ)の事を考えていると、「爽太君」と呼ばれた。小動爽太(松本潤)が振り返ると、加藤エレナ(水原希子)が立っていた。

加藤エレナ(水原希子)は「ただいま」と言って、小動爽太(松本潤)に抱きつく。小動爽太(松本潤)が「え?ハワイロケは?」と驚くと、加藤エレナ(水原希子)は「今さっき、成田に着いて、直ぐに来ちゃった。爽太君の顔が見たくて」と答えた。

加藤エレナ(水原希子)が「もう1回ハグして。彼氏みたいに」と頼むと、小動爽太(松本潤)は「お帰り」と言って加藤エレナ(水原希子)を抱きしめた。

それを見た井上薫子(水川あさみ)は「あれ、何も無かったって、絶対に嘘だよね。やってるよね。とっくに抱いてるよね」と呆れた。

加藤エレナ(水原希子)が「今日、終わったら、ご飯に行かない?お土産も渡したいし」と誘うと、小動爽太(松本潤)は「終わったら、こっちから連絡する」と答えた。

そこへ、高橋紗絵子(石原さとみ)が来店する。小動爽太(松本潤)は「何で今なんだ」と驚く。

加藤エレナ(水原希子)が小動爽太(松本潤)に「もしかして彼女?まずかったね、ゴメン」と言って店を出ようとすると、「いや、まずくない。むしろチャンスだ。今こそ悪い男になるんだ」と考えた小動爽太(松本潤)は、加藤エレナ(水原希子)の腕を掴んで引き寄せ、耳元で「後で話すから」と囁いた。

加藤エレナ(水原希子)は「分かった。じゃーまた夜にね。仕事、頑張ってね」と言い、小動爽太(松本潤)に手を振って店を出て行った。

小動爽太(松本潤)は平静を装いながら、「いらっしゃい。紗絵子さん。久しぶりだね」と声をかけると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「爽太のメールを見て、新作って書いてあったから、居ても立っても居られなくなって」と答えた。

そして、高橋紗絵子(石原さとみ)が「さっきの人、凄いスタイルが良くて美人だね。もしかして、モデルさん?彼女が、前に言ってた、良い感じになっている人?」と尋ねた。

こういうとき、悪い男はどう答えるのが正解なんだ?そうだ、有名人が、明らかに彼女なに、彼女とは言えないから使う、あの言葉だ。

小動爽太(松本潤)が「彼女は、ただの友達だよ」と答えると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「えーっ?友達?友達はあんなにベタベタしないよ。嘘だー」と笑った。

小動爽太(松本潤)が「いや。彼女は、お父さんか、お爺さんがポルトガル人だから、誰にでもあんな感じなんだよ。六道さん(佐藤隆太)とも、普通にキスしてたしね」と教える。

すると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「えっ?六道さん(佐藤隆太)って、あの六道さん?えー、何か凄いね、爽太君。有名人とも普通にお付き合いがあるんだね。あっ、でも、同業者だから当たり前か」と答えて笑った。

紗絵子さん(石原さとみ)が戸惑ってる?動揺してる?もしかして、もしかして、主導権は俺?

小動爽太(松本潤)が「新作、試してみてよ。紗絵子さんに食べてもらいたかったんだ」と勧めると、新作を見た高橋紗絵子(石原さとみ)は「へー。何か今までの爽太君のチョコと少し雰囲気が違う」と感想を述べた。

高橋紗絵子(石原さとみ)が「あのね、本当はね、新作が無くても来たかったんだ。もっと早く。でも…」と言って、上目遣いで小動爽太(松本潤)を見つめる。

何だ?その目は。天然?天然で、誘ってんの?そ、それとも。いや、待て。冷静になれ、俺。

小動爽太(松本潤)は動揺を隠しながら、「あっ。あの時、ゴメンね。友達のことを断った上に、何かキツイ言い方しちゃって。俺、別に怒ってないからね」と話すと、高橋紗絵子(石原さとみ)は「よかった」と喜んだ。

よしよし。今までの俺とは違うぞ。この冷却期間は確実に俺を成長させたんだ。

高橋紗絵子(石原さとみ)は「でも、あれはいいんだ。断ってもらって良かったかも。友達に頼まれたから、一応、伝えただけで。本当は私もあんまり気が進まなかったんだ。だって、何か微妙じゃない?元カレを友達に紹介するなんて」と話す。

元カレ?それって俺のこと?俺が元カレ?えっ?えっ?何?その2階級特進。あの2カ月弱の二股期間を、付き合ってたって認めてくれるの?いつの間に昇格?

小動爽太(松本潤)が激しく動揺していると、店の奥から井上薫子(水川あさみ)が出てきて、小動爽太(松本潤)に「シェフ。お電話です」と呼んだ。

小動爽太(松本潤)は「えっ?あっあっあっ、ちょっと待ってて、直ぐに戻るから」と高橋紗絵子(石原さとみ)に言って、動揺しながら、店の奥へと入った。

その日の夜、約束していた小動爽太(松本潤)は、加藤エレナ(水原希子)と一緒に外食する。

加藤エレナ(水原希子)が「ねえ?彼女大丈夫だった?誤解したんじゃない?」と心配すると、小動爽太(松本潤)は「大丈夫、大丈夫。何せ元カレだからさ。ニコニコして帰ったし」と余裕を見せた。

すると、加藤エレナ(水原希子)は「そっか。でも、良かったね。彼女、また、お店に来てくれて。会えてれば、何だかんだ、幸せだもんね。この先も繋がっていられるってことだし。良かった」と、自分の事のように喜んだ。

一方、オリヴィエ(溝端淳平)が帰宅すると、小動まつり(有村架純)が出かける所だった。

オリヴィエ(溝端淳平)が「あれ?出掛けるの?こんな時間に?」と尋ねると、小動まつり(有村架純)は「うん。ちょっと」と答えた。

オリヴィエ(溝端淳平)が「あっ。例の彼氏に会いに行くんだね」と尋ねると、小動まつり(有村架純)は「『彼女が帰ったから、これから来なよ』だって。会いたいとか、ずっと、まつりの事を考えてるとか。もう、そんなことばっかり言うんだよ。もう酷くない?でも私も会いたい。もう、ずっと、ずっと、あの人のこと考えちゃう。酷いよね、私。友達の彼氏って分かってて。最低だよ」と言って悲しそうな顔をした。

オリヴィエ(溝端淳平)が「まつりちゃん(有村架純)は、かわいそうだね。そこまで好きな人に会いに行くんでしょ?なのに、そんな顔するなんてさ。まつりちゃんはかわいそうだよ」と告げたが、小動まつり(有村架純)は何も答えず、玄関から出て行った。

翌日、オリヴィエ(溝端淳平)は厨房で、小動爽太(松本潤)に「あのさ、爽太。僕は恋をしたよ」と告げると、小動爽太(松本潤)は「えっ?誰に?」と驚いた。

小動爽太(松本潤)が「誰だよ?いつの間にそんな事になったんだよ?えっ?俺に言えないような相手?そういう感じだと、上手くいってないわけ?」と尋ねると、オリヴィエ(溝端淳平)は「片思いって苦しいね。爽太なら分かるでしょ?」と答えて溜息をついた。

まさか、オリヴィエ(溝端淳平)までとは思わなかった。何でよりによってみんな片思いなんだよ?いい大人がジタバタして、本当に馬鹿みたいだ。みんなさっさと、止めちゃえばいいのに。片思いなんか、俺だけで十分だよ。

ある日、井上薫子(水川あさみ)が店の前の道路を掃除していると、高橋紗絵子(石原さとみ)が携帯電話で話ながら、店から出てきた。

高橋紗絵子(石原さとみ)は「合コンで使えるテク?私そんなの全然、持って無いよ。アドバイスって言ったって。あっ。じゃあ、ヒール低めの靴を履いていくとか。ほら、男の人って、結構、身長差を気にしてたりするからね。後ね、今の時季寒いからちょっと薄着で行ってみたら?」と話している。

それを聞いた井上薫子(水川あさみ)は「はあ?寒かったら厚着するでしょ?馬鹿なの?」と呆れる。

しかし、高橋紗絵子(石原さとみ)が「そうすると、夜、お店を出た時に、『寒い。プルプル』ってしてたら。男の人が上着貸してくれたりするよ」と話すと、井上薫子(水川あさみ)は「考えたこともなかった。これが、これが、20代半ばで結婚した女と30過ぎて結婚のけの字もない女の差なの?」と敗北を感じた。

さて、高橋紗絵子(石原さとみ)は電話を終えて店の内に戻ると、小動爽太(松本潤)に「爽太君のチョコ、美味しくて、すぐ食べちゃうから。こないだね、空っぽの箱見て思ったの。無くならないチョコがあったらいいのになって」と話した。

小動爽太(松本潤)が「でも、そんなもんを作ったら、商売にならないかも。でも、ちゃんと作れる物だったら、リクエストを聞くよ」と答えると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「私、パン・オ・ショコラが大好きなの。爽太君がパン・オ・ショコラ作ってくれたら、絶対に美味しいと思う」と興奮した。

小動爽太(松本潤)は「そりゃ、絶対に美味しいのを作るよ。でも、パンか。パンはパンで奥が深いし。他の店に負けないもの作ろうと思ったら、ちゃんと研究して、時間も手間もかけないと」と答えた。

すると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「そうか。そうだよね。難しいよね」と残念がった。

その後、小動爽太(松本潤)が厨房でパンの本を見ていると、井上薫子(水川あさみ)は「何?それ。まさか作ろうと思ってないわよね?パン・オ・ショコラ。今、普通に、手一杯だよね?人手もないし、時間も無いよね?」と釘を刺した。

小動爽太(松本潤)は「分かってるよ、無理だって。でもさ、何か悔しいよね。出来ないって言うの」と答え、高橋紗絵子(石原さとみ)が喜ぶ顔を思い浮かべた。

その日の夕方、大学の授業が終わった小動まつり(有村架純)がショコラ・ヴィに手伝いに来た。

オリヴィエ(溝端淳平)が「彼とは上手く行ってるの?」と尋ねると、小動まつり(有村架純)は「うん。彼ね、彼女と別れるって、言ってくれてるの」と答えた。

オリヴィエ(溝端淳平)が「そっか。良かったね」と祝福すると、小動まつり(有村架純)は「良かったのかな?私のせいで、友達が振られるって分かってて、心の底から嬉しいかって言われると、ちょっとなあって」と落ち込んだ。

オリヴィエ(溝端淳平)が「何で?欲しい物は、みんな、取り合うよ?それに、彼がまつりちゃん(有村架純)を選ぶっていうんだから、それは素直に喜んでいいんじゃない?」と告げると、小動まつり(有村架純)は「うん」と答えた。

そして、オリヴィエ(溝端淳平)は「でも、気をつけてね。男って、そういう約束、あんまり守らないから」と忠告して立ち去った。

その後、オリヴィエ(溝端淳平)が厨房で作業していると、小動爽太(松本潤)に「あのさ、オリヴィエの相手って。いや、何か進展とかあったかなと思って」と尋ねられた。

オリヴィエ(溝端淳平)が「うーん。今は様子見」と答えると、小動爽太(松本潤)は「お前にしちゃ、ずいぶんと消極的だね」と珍しがった。

オリヴィエ(溝端淳平)が「付き合ってる人が居るんだよ。その子。でも、相手は絶対に、ろくでもない男なんだ。じきに彼女、大ケガするよ」と話すと、小動爽太(松本潤)は「大ケガするって、分かってて様子見?」と驚いた。

すると、オリヴィエ(溝端淳平)は、「1回、痛い目を見ないと、その男がどういう男なのか、身に染みて分からないだろうし。それに手を差し伸べるなら、転んで自分じゃ起き上がれないぐらいの時の方が、こっちの手を取ってもらえるでしょ?」と答えた。

それを聞いた小動爽太(松本潤)は「意外に真っ黒だな。俺も少しは見習わなきゃ」と思った。

その日の夜、高橋紗絵子(石原さとみ)は、夫・吉岡幸彦(眞島秀和)に「エリちゃんが誘ってくれたの。久しぶりに女3人で旅行しようって。1泊だけで良いから」と外泊の許可を求めたが、夫・吉岡幸彦(眞島秀和)は「駄目だよそんなの。外泊は駄目」と相手にしなかった。

高橋紗絵子(石原さとみ)が「えっ?何で?ご飯とか、作り置きしておくし」と食い下がると、夫・吉岡幸彦(眞島秀和)は「そういう問題じゃないでしょ。結婚してる女が外泊とかあり得ないでしょ。常識的に」と呆れた。

高橋紗絵子(石原さとみ)が「じゃあ、結婚してる男の人が、毎晩、午前様で、ろくに家に居ないのは常識的なの?今日だって珍しく早く帰ってきて、一緒にご飯を食べられると思ったのに」と不満を漏らすと、夫・吉岡幸彦(眞島秀和)は「しょうがないだろ。編集長に呼び出されたんだから」と答えた。

高橋紗絵子(石原さとみ)が「なら私だって好きにさせてよ。どうせ、夜、家に居たって、1人で置いとかれるなら、どこに居たっていいじゃん」と抗議すると、吉岡幸彦(眞島秀和)は「俺のは仕事。お前のは遊びだろ。昼間は好きにさせてやってんだから、文句を言うなよ。旅行なんか俺がそのうち連れていってやるから」と言って、出かけていった。

その日の夜、オリヴィエ(溝端淳平)が小動家のリビングでアニメを見ていると、彼氏と会う約束をしていた小動まつり(有村架純)が、ご機嫌で帰宅した。

オリヴィエ(溝端淳平)が「酔っ払ってるの?」と尋ねると、小動まつり(有村架純)は「えへへ、まあね。ああ、もう疲れた。喧嘩したんだ。だから、帰ってきちゃった」と笑った。

そして、小動まつり(有村架純)はソファーに倒れ込み、「もう、オリヴィエの言う通りだよ。彼女と別れる気なんて無いんだ。だったら、こっちから別れる。…とか言って、出来ないんだよね。ああ、もう駄目だ。私、ドンドン駄目な女の子になっていく」と言って落ち込んだ。

テレビアニメを見ていたオリヴィエ(溝端淳平)は、小動まつり(有村架純)の声がしなくなったので、振り向くと、小動まつり(有村架純)はソファーに横になって寝ていた。

オリヴィエ(溝端淳平)は小動まつり(有村架純)の太ももを見てドキッとし、テレビを消して「僕はもう寝るね。そんな、所で寝てたら風邪ひくよ」と言って小動まつり(有村架純)に毛布をかけてやった。

そのとき、小動まつり(有村架純)の涙から、1筋の涙が溢れていた。オリヴィエ(溝端淳平)は小動まつり(有村架純)の涙を手でぬぐうと、小動まつり(有村架純)の額にキスをした。

小動まつり(有村架純)が「オリヴィエ?」と言って目を覚ますと、オリヴィエ(溝端淳平)は小動まつり(有村架純)の唇に唇を重ねた。

そこへ、小動爽太(松本潤)が帰宅すると、小動まつり(有村架純)がものすごい勢いで、2階へと駆け上がるところだった。

小動爽太(松本潤)がリビングに座っているオリヴィエ(溝端淳平)に「何やってるの?」と尋ねると、オリヴィエ(溝端淳平)は「最低だ。様子見とか言ってたくせに。ごめん。爽太。」と謝った、

小動爽太(松本潤)が「えっ?ちょっ、ちょっと。何?」と尋ねると、オリヴィエ(溝端淳平)は「僕、まつりちゃん(有村架純)に手を出した。まつりちゃんにキスした。一瞬、煩悩に負けた。ごめん、爽太。僕は最低だよ」と言って落ち込んだ。

小動爽太(松本潤)は、必死に状況を考え、「あ、あれか?好きな相手と上手く行かなくて、何かこうムラムラしちゃって。目の前に居たのが、たまたま、まつり(有村架純)だった?」と尋ねた。

しかし、オリヴィエ(溝端淳平)は「違うよ。上手くいかなくて切ないし、ムラムラもしたけど、そうじゃない。僕が好きなのは彼女だよ。まつりちゃん(有村架純)だよ」と答えた。

失恋ショコラティエ-第3話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト失恋ショコラティエ-第3話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。