スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失恋ショコラティエ-第5話のあらすじとネタバレ

松本潤が石原さとみとキスするフジテレビのショコラティエドラマ「失恋ショコラティエ」の第5話「切ない切ない切ない」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


失恋ショコラティエ-第4話のあらすじとネタバレは「失恋ショコラティエ-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作漫画「失恋ショコラティエ」のあらすじとネタバレは「失恋ショコラティエ・あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■失恋ショコラティエ-第5話のあらすじとネタバレ
紗絵子さん(石原さとみ)、紗絵子さん、起きて、そろそろ時間だよ。

小動爽太(松本潤)は岬に停めた車の助手席で寝ている高橋紗絵子(石原さとみ)を起こして、車を下りて一緒に朝日を見た。

小動爽太(松本潤)が「誕生日、おめでとう」と祝福すると、高橋紗絵子(石原さとみ)が「嬉しい。最高の誕生日プレゼントだよ。ありがとう、爽太君(松本潤)」と言い、小動爽太(松本潤)にキスをした。

そこで、オリヴィエ(溝端淳平)が「紗絵子さん(石原さとみ)は、もうすぐ誕生日なんだ」と尋ねると、小動爽太(松本潤)は妄想から覚めて、「え?何で知ってるの?」と驚いた。

オリヴィエ(溝端淳平)が「だって今、紗絵子さん(石原さとみ)、おめでとうって」と答えると、小動爽太(松本潤)は「言ってた?俺、今、言ってた?」と動揺した。

オリヴィエ(溝端淳平)が小動爽太(松本潤)のチョコレートを見て「綺麗な色だね、朝焼けみたい」と褒めると、小動爽太(松本潤)は「それも、それも、言ってた?」と驚いた。

オリヴィエ(溝端淳平)が「それも?」と不思議がると、小動爽太(松本潤)は「え?何でも無い。そうなんだ、これ、朝焼けをイメージしたんだ。冬の朝焼けってさ、空気が澄んでるから、特に綺麗なんだよ」と答えた。

そして、小動爽太(松本潤)は「紗絵子さん(石原さとみ)と一緒に見られたら最高だな。でさ、寒さで風邪とか引いちゃってさ。紗絵子さんが『ゴメンね、私のせいで。暖かいスープを作ってきたの』って」と言い、高橋紗絵子(石原さとみ)から受け取ったスープを飲む真似をする。

すると、井上薫子(水川あさみ)が「馬鹿じゃないの?真冬に朝焼けを見に行かされても、迷惑なだけですけど。誕生日は旦那さんと過ごすに決まってるでしょ。くだらない事ばっかり言ってないで、仕事してね。忙しいんだから」と呆れた。

一方、高橋紗絵子(石原さとみ)は夫・吉岡幸彦(眞島秀和)に「え?その日は友達とご飯に行くって言ったよね?」と確認していた。

すると、夫・吉岡幸彦(眞島秀和)は「そんなのイチイチ覚えてられないよ。天野シェフのホームパーディーなんだ。お前のは遊びだけど、俺のは仕事の付き合いなんだから」と答えた。

高橋紗絵子(石原さとみ)が「私にも人権があるんだけど」と答えると、夫・吉岡幸彦(眞島秀和)は「人権って。これだから、専業主婦は視野が狭いんだ。小さな世界で生きてるから、そういう考え方になるんだ」と呆れた。

高橋紗絵子(石原さとみ)が「専業主婦は貴方の命令でやらされてるんでしょ。それだったら、私、仕事するよ」と反論すると、夫・吉岡幸彦(眞島秀和)は「はいはい。論点をずらさないの。予定はこっちに合わせてもらうから」と答えて仕事に向かった。

その日、高橋紗絵子(石原さとみ)は実家に戻って母親に「あんな扱いをされるくらいなら、外で働きたいよ」と愚痴ると、母親は「何、言ってるの。だいたい旦那の反対を押し切ってまで、する価値のある仕事がアンタに出来るの?」と尋ねた。

高橋紗絵子(石原さとみ)が「母さんは、あの人の味方なの?」と愚痴ると、母親は「吉岡さん(眞島秀和)は良い旦那さんだと思うわよ。大手出版社の副編集長で、お姑さんはもう亡くなってて、お舅さんはお兄さん夫婦が引き取ってくださって。そんな最高の旦那さんがご機嫌良く居られるように振る舞うくらい何よ。それこそ、あんたの仕事でしょ」と答えた。

母親の言葉を聞いた高橋紗絵子(石原さとみ)は「仕事…」と考え込んだ。

一方、井上薫子(水川あさみ)は、関谷宏彰(加藤シゲアキ)に「小動さん(松本潤)に告白したらどうですか?」と言われた事を思いだしていた。

そこで、井上薫子(水川あさみ)は、小動爽太(松本潤)に声をかけられて驚く。

井上薫子(水川あさみ)が「何?」と尋ねると、小動爽太(松本潤)は「今度、みんなで飲みに行かない?今月の売り上げが相当アップしてるから、祝賀会」と答えた。

井上薫子(水川あさみ)が「ああ、じゃー、私、お店を探しておくね」と答えた所に、高橋紗絵子(石原さとみ)が来店して、チョコレートを購入した。

小動爽太(松本潤)が商品を渡して「誕生日だよね、1月22日」と告げると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「え?覚えててくれたんだね。じゃー、バースデーケーキを注文しちゃおうかな」と喜んだ。

小動爽太(松本潤)が「ほんとに?とびきりのケーキを作るからさ」と喜ぶと、高橋紗絵子(石原さとみ)は「あのさ、私、爽太君にお祝いしてもらいたいな」と答えた。

小動爽太(松本潤)が「じゃー、一緒にケーキ食べようか」と答えると、高橋紗絵子(石原さとみ)は上目遣いで「ケーキだけじゃなくて、私のことも食べてくれる?」と尋ねた。

小動爽太(松本潤)は「ええ?良いの?」と喜んだが、全て、小動爽太(松本潤)の妄想だった。

小動爽太(松本潤)が高橋紗絵子(石原さとみ)に商品のチョコレートを渡し、「誕生日だよね」と言おうとしたが、高橋紗絵子(石原さとみ)は「それじゃ」と言い、店を出ようとした。

小動爽太(松本潤)が落胆していると、高橋紗絵子(石原さとみ)が急に立ち止まって振り向き、「爽太君、バースデーケーキを作ってくれる?」と尋ねた。

小動爽太(松本潤)は「もちろん、喜んで」と驚いて、ケーキの予約票を高橋紗絵子(石原さとみ)に渡して記入を頼んだ。

ケーキの予約票を書き終えた高橋紗絵子(石原さとみ)は、何か言いたそうだったが、言葉を飲み、「じゃーね」と言って店を出た。

その日の夜、小動爽太(松本潤)は加藤エレナ(水原希子)の部屋に行き、今日の出来事を話すと、加藤エレナ(水原希子)は「へえ。紗絵子さん(石原さとみ)のバースデーケーキを作るんだ。良かったね」と喜んだ。

小動爽太(松本潤)が少し残念そうに「うん」と答えると、加藤エレナ(水原希子)は「本当は一緒にお祝いしたいよね」と残念がった。

すると、小動爽太(松本潤)は「でも、良いんだ。紗絵子さん(石原さとみ)が誕生日に、俺が作ったケーキを食べてくれれば、それで十分。それよりさ、今日の紗絵子さんは何か変だったんだ。日持ちする物ばかりを買い込んでたし。2度と来ないんじゃないかって、そんな感じがしたんだ」と心配した。

加藤エレナ(水原希子)が「何言ってんの。少なくともケーキは取りに来るわけだし。あーあ、羨ましいな」と羨ましがると、小動爽太(松本潤)は「どこが?会う度に抱きしめてキスしたくなる衝動を抑えるのに必死なんだから」と答えた。

加藤エレナ(水原希子)が「分かる、分かる。好きな人が目の前に居ると、チューしたくなっちゃうよね」と同心すると、小動爽太(松本潤)は「紗絵子さん(石原さとみ)はどんなキスが好きなんだろう。エレナはどんなキスが好き?」と尋ねた。

加藤エレナ(水原希子)が「不意打ちでチュッとされて、ポカーンとしているうちに、激しく唇を奪われちゃうのが良い」と言って1人で喜んでいると、小動爽太(松本潤)は不意に加藤エレナ(水原希子)をキスをして、押し倒して唇を奪った。

小動爽太(松本潤)が「こんな感じ?」と尋ねると、加藤エレナ(水原希子)は「そう、そう。今の凄く良い。爽太君はどんなのが好き?私も練習しとかなきゃ」と尋ねた。

小動爽太(松本潤)が加藤エレナ(水原希子)の耳元で囁くと、加藤エレナ(水原希子)は「やだー」と言い、小動爽太(松本潤)に何度も何度もキスをして、小動爽太(松本潤)を押し倒した。2人は指を絡め合い…。

紗絵子さん(石原さとみ)、こんな歪んだ愛の練習が、いつか役に立つ日が本当に来るのかな。馬鹿なことをしてるって、俺たちは分かってる。でも、紗絵子さん、愚かな2人が一生懸命考えて、こんな風になったんだ。本当だよ。

ある日、小動爽太(松本潤)は、高橋紗絵子(石原さとみ)のバースデーケーキのラフデザインを書き上げ、高橋紗絵子(石原さとみ)への熱い思いを語る。井上薫子(水川あさみ)は「重い。キモい」と呆れた。

一方、高橋紗絵子(石原さとみ)は喫茶店で友達と話していた。

友達が「最近、旦那さんの愚痴を言わないね」と感心すると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「うん。プロに徹しようと思ってね」と答えた。

友達が「プロ?」と尋ねると、高橋紗絵子(石原さとみ)は「吉岡さん(眞島秀和)の妻ってのが、私のお仕事だから」と答えた。

友達が「何?そのストイックな姿勢」と驚くと、高橋紗絵子(石原さとみ)は「だから封印したんだ。心が乱れるようなことは。でもね、お家にちゃんと、宝物がストックしてあるの。悲しくなるようなときは、それで現実逃避するの」と答えた。

すると、友達は「宝物って、どうせチョコでしょ。でも、まあ、そえが普通の主婦の正しい姿だよ」と告げた。

他方、オリヴィエ(溝端淳平)は小動まつり(有村架純)に「この間の事なんだけどさ、あまり、気にしないで。だから、これまで通り、友達として、同じ店の仲間として付き合っていこう」と話すと、小動まつり(有村架純)は「うん、分かった」と答えた。

ある日の夜、小動爽太(松本潤)はレストランで、加藤エレナ(水原希子)と食事をしていた。

加藤エレナ(水原希子)が喜んで「倉科さんのプロモーションビデオの撮影にまた呼んでもらえたの。奇跡だよ」と報告すると、小動爽太(松本潤)は「凄いじゃん。今度こそ、絶対に連絡先を交換するんだよ」と応援した。

加藤エレナ(水原希子)が「爽太君は?紗絵子さん(石原さとみ)はお店に来た?」と尋ねると、小動爽太(松本潤)は「いや。あれっきり。本当はさ、どうしても考えちゃうんだよね。なんで、一緒に祝うのが俺じゃないんだろうとか、色々」と答えた。

加藤エレナ(水原希子)が小動爽太(松本潤)の手を握ると、小動爽太(松本潤)は「大丈夫。誕生日には紗絵子さん(石原さとみ)がケーキを受け取りに来てくれる。直接、顔を見て『おめでとう』と言えるんだから、幸せだと思わなきゃね」と答えた。

失恋ショコラティエ-第5話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト失恋ショコラティエ-第5話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。