スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チームバチスタ4-第6話のあらすじとネタバレ

水野美紀をレイプした犯人を探すフジテレビのチーム・バチスタ・シリーズの第4弾ドラマ「チーム・バチスタ4-螺鈿迷宮」の第6話「目撃者、消される」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


チーム・バチスタ4-螺鈿迷宮の原作と主題歌は「チーム・バチスタ4-螺鈿迷宮-原作と主題歌」をご覧ください。

■チームバチスタ4-第6話のあらすじとネタバレ
桜宮巌雄(柳葉敏郎)は、立花善次(宅間孝行)から解剖ミスを追求された事を認めたが、「解剖のミスを裁く法律は無い」と相手にしないと、立花善次(宅間孝行)はそのまま立ち去った事を明かした。

その後、行方不明になった立花善次(宅間孝行)と碧翠院(へきすいいん)の関係を調べていた白鳥圭輔(仲村トオル)は、立花善次(宅間孝行)と桜宮小百合(水野美紀)が付き合っていた事を突き止める。

そのようななか、ガンの末期患者・神岡は、「3ヶ月はこの病院に居なければならない」と知り、酒を飲んで暴れ、洗面所のガラスを叩き割った。

桜宮小百合(水野美紀)が駆けつけると、患者・神岡は桜宮小百合(水野美紀)を押し倒して覆い被さり、「もう、こんな所は嫌だ。頼むよ、先生。ここから出たいんだ」と訴えた。

そこへ、桜宮巌雄(柳葉敏郎)が駆けつけた。田口公平(伊藤淳史)や白鳥圭輔(仲村トオル)も騒動を聞いて、駆けつける。

押し倒された桜宮小百合(水野美紀)は怯えて硬直しており、桜宮巌雄(柳葉敏郎)は、桜宮小百合(水野美紀)の事を入院患者・赤城美智(左時枝)に頼み、手から血を流している患者・神岡を搬送して手当てした。

その後、田口公平(伊藤淳史)は白鳥圭輔(仲村トオル)に「なんか変でしたね。小百合先生(水野美紀)。いつも冷静な先生なのに」と話すと、白鳥圭輔(仲村トオル)は「グッチー(伊藤淳史)もそう思った?」と尋ねた。

田口公平(伊藤淳史)が「前に心療内科の患者さんで診たことがあるんです。恋人から暴力を受けた女性でした」と話すと、白鳥圭輔(仲村トオル)は何かに気づいた。

すると、白鳥圭輔(仲村トオル)は、天馬大吉(上遠野太洸)が下宿している喫茶店の店主・天馬美樹(長野里美)の元を訪れ、「昨日、聞きそびれた、立花先生(宅間孝行)の事について聞こうと思って」と尋ねると、天馬美樹(長野里美)は「別に大した話じゃ」とシラを切った。

白鳥圭輔(仲村トオル)は「やっぱり。小百合先生(水野美紀)と立花先生(宅間孝行)の間に何かありました?」と尋ねると、天馬美樹(長野里美)は「ハッキリと聞いたわけじゃないから」と答えた。

白鳥圭輔(仲村トオル)が「大吉君(上遠野太洸)から、どう聞いてるわ分からないんだけど、立花先生(宅間孝行)は殺された可能性があるんです。あの碧翠院(へきすいいん)で。大吉君(上遠野太洸)が容疑者になるかもしれない。実際、僕も大吉君に調査を強引な方法で妨害された」と脅すと、天馬美樹(長野里美)は重い口を開いた。

天馬美樹(長野里美)は夏の花火大会の夜、道の隅でうずくまっている桜宮小百合(水野美紀)を発見した。

天馬美樹(長野里美)は桜宮小百合(水野美紀)を喫茶店に入れて、「どうしたの?今、救急車を呼ぶからね」と告げると、桜宮小百合(水野美紀)は天馬美樹(長野里美)の腕にしがみつき、震えながら、首を横に振ったのだという。

白鳥圭輔(仲村トオル)が「殴られてた?誰に?」と尋ねると、天馬美樹(長野里美)は「分かりません。とにかく、何も言ってくれなくて。そのまま返す訳にはいかないので、巌雄先生(柳葉敏郎)を呼んで来て。その後、直ぐでした。立花先生(宅間孝行)が辞めて、急に出て行ったのは」と話した。

一方、田口公平(伊藤淳史)が末期患者・神岡に話を聞くと、末期患者・神岡は「出ていきたいだなんて、馬鹿な話ですよね。帰れる場所なんて無いのに。ここへ来る前に離婚届を出してきたんです。働いても働いても借金ばっかり増える。愛想を尽かして、出て行かれました。工場も無くなった。家族も無くした。せめて、嫁さんと息子に家を残してやれたら。それも、このままじゃ、競売にかけられる。何も残せない人生だった」と嘆いた。

その後、白鳥圭輔(仲村トオル)が碧翠院(へきすいいん)の医局を訪れると、桜宮すみれ(栗山千明)が「また、何か言いがかりを付けに来たの?」と呆れた。

白鳥圭輔(仲村トオル)が「言いがかりじゃなくて、事実を1つ1つ確認して、事実をあぶり出したいだけ。立花先生(宅間孝行)殺しの犯人をね」と告げると、桜宮すみれ(栗山千明)は「その話は、もう済んだんじゃ?確かに父は、解剖で医療ミスを見逃した。でも、だからって、立花先生を殺したりしない」と答えた。

白鳥圭輔(仲村トオル)が「立花先生(宅間孝行)が殺されたのは、医療ミスではなく、もっと個人的な理由だ。ですよね、小百合(水野美紀)。さっきの貴女、患者の暴力的な態度に、明らかに震えてた。怯えてたなんて、生やさしいもんじゃない。過去に暴力を振るわれたことがあって、その時の心の傷が思わずフラッシュバックした。違いますか?小百合先生」と尋ねた。

そこへ、田口公平(伊藤淳史)が現れるが、白鳥圭輔(仲村トオル)は気にせず、話を続けた。

白鳥圭輔(仲村トオル)は「8年前、天馬君(上遠野太洸)のおばさんに、助けられた事があるそうですね。誰かから暴力を振るわれた様子で、裸足で座ってた。口も利けないほど怯えて。貴女の話ですよね、小百合(水野美紀)。怪我の理由は語らないまま、巌雄先生(柳葉敏郎)が連れて帰った。それから1ヶ月もしない間に、何故か、突然、立花先生(宅間孝行)は碧翠院を辞めていった」と話した。

桜宮すみれ(栗山千明)が「何を言っているの?」と尋ねたが、白鳥圭輔(仲村トオル)は無視して話を続けた。

白鳥圭輔(仲村トオル)は「女性が受ける暴力の多くは、配偶者や恋人からのものだと言うけど、貴女は恋人だった立花先生(宅間孝行)から、暴力を振るわれてたんじゃないんですか?それを知った巌雄先生(柳葉敏郎)が立花先生をクビにした。なのに、その立花先生がノコノコと碧翠院に戻ってきた。自分が振るった暴力の事など忘れて、巌雄先生(柳葉敏郎)の医療ミスを暴きにやって来た。そりゃ、腹も立つよね。だから、アンタは立花先生を殺した」と告げた。

桜宮小百合(水野美紀)が「違う。貴方は何も分かってない」と答えると、白鳥圭輔(仲村トオル)は「どこが?」と尋ねた。

すると、桜宮小百合(水野美紀)は「レイプされたんです。知らない男に。ずっと妹にも隠してきたのに。こんな事を暴いて満足ですか?白鳥さん」と言って部屋を飛び出した。

桜宮すみれ(栗山千明)は「最低」と言って白鳥圭輔(仲村トオル)をビンタして、桜宮小百合(水野美紀)を追いかけた。白鳥圭輔(仲村トオル)は険しい表情でただ、立ち尽くしていた。

さて、桜宮すみれ(栗山千明)が後を追うと、桜宮小百合(水野美紀)はベンチに座って海を眺めていた。

桜宮小百合(水野美紀)が「立花先生(宅間孝行)は何も知らない。知られたくなかったから、『何も聞かないで別れて欲しい』って頼んだから」と話すと、桜宮すみれ(栗山千明)は「何で言ってくれなかったの?みんな知ってたんでしょ?」と尋ねた。

桜宮小百合(水野美紀)が「あのころ、すみれ(栗山千明)は医大で1人暮らしをしてたじゃない。わざわざ知らせる必要も無いかと思って。それに、何も知らない家族が1人くらい居て欲しかったの。家族中に優しくされるのも、ちょっとね」と答えた。

桜宮すみれ(栗山千明)は「私、酷い事を言ったわよね。『何で立花先生を追い出したんだ』とか、『姉さんは冷たい』とか」と謝って泣くと、桜宮小百合(水野美紀)は「泣かないでよ。私は、もう十分に泣いたから。話せば良かったね、全部、ちゃんと」と答えた。

すると、桜宮すみれ(栗山千明)は「まだ、あるよね、私が知らないこと。聞かせてくれる。今度こそ、全部」と頼むと、桜宮小百合(水野美紀)は「長い話になるけど」と答えて話し始めた。

その日の夜、桜宮巌雄(柳葉敏郎)は白鳥圭輔(仲村トオル)に「小百合(水野美紀)に何を言った」と尋ねると、白鳥圭輔(仲村トオル)は「認めますよ。今回はちょっとやりすぎました」と答えた。

桜宮巌雄(柳葉敏郎)が「君は子供が居るのか?」と尋ねると、白鳥圭輔(仲村トオル)は「気楽な独身なので」と答えた。

すると、桜宮巌雄(柳葉敏郎)は「気の毒な人間だな、君は。守りたい者が1人も居ないなんて。そうやって人の傷をえぐることしか出来ない。本当に可哀想な人間だよ、君は」と告げて立ち去った。

その日の夜、夜勤をしていた天馬大吉(上遠野太洸)は、車いすに乗った人物を目撃してしまい腰を抜かした。

天馬大吉(上遠野太洸)は慌てて桜宮すみれ(栗山千明)の所に行き、「肝試し…。夜中に碧翠院(へきすいいん)に入るのが、子供のころの肝試しでした。病院で死んだ人の幽霊が出るって。僕は怖くて1度も入れなくて」と話した。

桜宮すみれ(栗山千明)が「どうしたの?急にそんな話をして」と笑うと、天馬大吉(上遠野太洸)は「先生たちは、とんでもないことを隠してませんか?僕は先生の、この家の見方です。話してください」と頼んだ。桜宮すみれ(栗山千明)は動揺していた。

一方、桜宮巌雄(柳葉敏郎)はガンの末期患者・神岡の包帯を交換していた。

神岡が「言い父親に成りたかった。息子はもう直ぐ、中学生なんですよ。俺は家族を守りたかった。なのに、結局、何もしてやれなくて。先生には分かりませんよね。こんな惨めな気持ち」と嘆くと、桜宮巌雄(柳葉敏郎)は「分かるよ。俺も家族を守りきれなかった」と答えた。

神岡が「何を言ってるんですか。先生には、あんな良いお嬢さんが2人も居るのに」と羨ましがると、桜宮巌雄(柳葉敏郎)は「他人の家は、よく見えるもんだ。残された時間で、何が出来るか、一緒に考えよう」と答えた。

チームバチスタ4-螺鈿迷宮-第6話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトチームバチスタ4-第6話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。