スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


有村架純が彼氏と別れて溝端淳平と交際を開始

有村架純が彼氏と別れたフジテレビの恋愛ドラマ「失恋ショコラティエ」の第6話「俺、失恋することにした」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「失恋ショコラティエ-第6話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■失恋ショコラティエ-第6話のあらすじとネタバレ後編
その日、頭に包帯をして左目に眼帯をした高橋紗絵子(石原さとみ)は、小動爽太(松本潤)からのメールが着信して喜んだが、ただの営業メールだったので、メールを読んで落ち込んだ。

その日の夜、小動まつり(有村架純)が自宅リビングで、オリヴィエ(溝端淳平)に「ウチの店、大丈夫かな。お兄ちゃんは、紗絵子さん(石原さとみ)への思いだけで作ったんだよ。片思いを止めたら、チョコレートが作れなくなるんじゃない?」と話しているところに、メールが着信した。

小動まつり(有村架純)がスマホをチェックしながら、「女の子の友達だよ」と釈明すると、オリヴィエ(溝端淳平)は「別に良いんだよ。例の彼でも。上手く行ってるんでしょ?」と尋ねた。

小動まつり(有村架純)が「別れた。私から言った。別れるって」と教えると、オリヴィエ(溝端淳平)は「何で教えてくれなかったの?僕にまた『付き合って』って言われるのが嫌だった?」と尋ねた。

小動まつり(有村架純)が「違うよ。オリヴィエが私の事を『好き』って言ってくれた事は凄く嬉しかったよ」と答えた。

オリヴィエ(溝端淳平)は「じゃー、今、もう1回言えば…」と言いかけると、小動まつり(有村架純)は「駄目。それは駄目だよ。彼と別れたから、直ぐにオリヴィエとだなんて、そんなの良くないよ」と答えた。

オリヴィエ(溝端淳平)が「みんなそうじゃない?気持ちが変われば次ぎに行く。当たり前のことだし、何も悪くない。爽太(松本潤)だってそうでしょ。それとも、彼の事がまだ好きなの?」と尋ねた。

小動まつり(有村架純)が「違う。彼のことは、本当にもう止めたの。そりゃ、いきなり大嫌いには成れないけどさ。絶対に戻りたくないし、次ぎに進もうと思ってるし」と話すと、オリヴィエ(溝端淳平)は「次が居るよ」と言い、自分の顔を指さした。

小動まつり(有村架純)が「そうかもしれないけど、やっぱり、オリヴィエみたいな人に、私は相応しくないよ」と答えると、オリヴィエ(溝端淳平)は「そんな言い方はずるいよ。駄目なら、ハッキリ、『ノー』って言って。まつりちゃんが『ノー』って言うのなら、諦めるけど、言わないのなら、それを『イエス』と受け止める」と告げた。

小動まつり(有村架純)が「そんな、無茶苦茶だよ」と驚くと、オリヴィエ(溝端淳平)は「じゃー、『ノー』って言って」と告げた。

小動まつり(有村架純)が困って何も答えないと、オリヴィエ(溝端淳平)は「よし、決まり。まつりちゃん。あまり深く考えずに、僕と付き合おう」と告げた。

翌朝、加藤エレナ(水原希子)がジョギングを始めたので、小動爽太(松本潤)もジョギングに付き合ったが、小動爽太は加藤エレナについて行けず、「待って」と呼び止めた。

小動爽太(松本潤)が「そんなに本気で走らなくても」と弱音を吐くと、加藤エレナ(水原希子)は「失恋して、お尻まで下がったら、立ち直れなくなるもん」と答えた。

そして、加藤エレナ(水原希子)は「って言うか、悲しい現実に気づいたの。最初は倉科さんって、浮気をしない素敵な人なんだって思ってたけど、それって別に私がタイプじゃ無かったってだけじゃない?もっと男心をくすぐる女子に告白されてたら、倉科さんだって、あっと言う間に抱いちゃってたんじゃないかな?」と話した。

小動爽太(松本潤)が「エレナは十分、素敵女子だよ。じゃなかったら、モデルなんて勤まらないよ」とフォローすると、加藤エレナ(水原希子)は「確かに見た目は、洋服を着て見せるのに向いてるかも。でも、女として男に愛されるかは別だよ。私はそういう所をもっと頑張らない駄目なんだ。だから、走る」と言って再び走り出した。

終わりが近づいている。紗絵子さん(石原さとみ)への最後のプレゼントは、思いって切り、スペシャルな物にするよ。7年前のバレンタインより、何十倍も張り切ったショコラを作ろう。俺も、もう大人だし、今度は振られても、笑ってサヨナラを言える自信がある。今、こうして、ここに居る、貴女を好きな自分とも、手を振ってサヨナラするよ。

その日、小動まつり(有村架純)は、別れた彼氏が友達と縒りを戻した事を知り、オリヴィエ(溝端淳平)に「こないだの。ちゃんと言わなかったけど、私、付き合う。オリヴィエと付き合うよ」つ告げた。

一方、高橋紗絵子(石原さとみ)は病院を訪れ、包帯と眼帯を取った。目の傷は残らず、綺麗に完治し、後は額に小さなガーゼを当てるだけになった。

額のガーゼは帽子を被れば隠せる程度だった。喜んで帰宅した高橋紗絵子(石原さとみ)は、小動爽太(松本潤)の事を思いながら、化粧をして、服を選び、帽子を被った。
そして、帽子を被った高橋紗絵子(石原さとみ)は、ショコラ・ヴィを訪れ、小動爽太(松本潤)に「バースデーケーキを予約した時以来かな。ゴメンね、忙しくて。ケーキ、凄く美味しかった。本当は、もっと早く、お礼を言いに来たかったんだけど…」と話した。

小動爽太(松本潤)が「寒かったから、外に出たくなかったんでしょ?紗絵子さんは寒がりだから。良かった、喜んで貰えて。俺、やっぱり、紗絵子さんに喜んで貰えるのが、一番嬉しいよ」と喜ぶと、高橋紗絵子(石原さとみ)は喜んでチョコレートを選んで買った。

小動爽太(松本潤)が「久しぶりに、紗絵子さんの顔を見られて良かったよ」と言って商品を渡すと、高橋紗絵子(石原さとみ)は「私も」と喜び、笑顔で帰って行った。

俺は、この夢が、あと何回叶うか、数え続けるんだ。数え終わるときが来る、その日まで。

その日の夜、オリヴィエ(溝端淳平)が小動爽太(松本潤)の部屋で「今日は紗絵子さん(石原さとみ)に、凄いストレートだったね」と感心すると、小動爽太(松本潤)は「もう駆け引きは止めたんだ。悔いの無いよう、素直に接しておこうと思ってさ」と答えた。

そして、小動爽太(松本潤)は「そうそう。紗絵子さんが帽子まで被って寒そうにしてたのを見て、新しいフレーバーを思いついちゃったよ。ジンジャーとシナモンのミルクティー。暖まりそうな飲み物を出してあげたいと思ったら、パット浮かんだんだ」と話した。

すると、オリヴィエ(溝端淳平)は「凄いやる気だね。大恋愛を終わらせようとしているのに、こんなに生き生きとしている人は珍しいよ」と感心した。

確かに、紗絵子さん(石原さとみ)への恋が終わるのに、どうしてこんなにアイデアが出てくるのだろう。まるで、パックリと開いた傷口から、閃きがあふれ出すみたいだ。

浸みないわけじゃ無い。でも、それ以上に嬉しい。何かを生み出せる力が湧くことが嬉しい。クリエイティブな細胞が騒ぎ出すのが、新しい作品を思い浮かべることが、心地良い。だって俺は、とっくにショコラの海の生き物だから。もう1人でも泳いで行ける。誰が居ても、居なくなっても。だって、俺はショコラティエなんだ。

一方、井上薫子(水川あさみ)は関谷宏彰(加藤シゲアキ)に「六道さん(佐藤隆太)から爽太君(松本潤)経由でアドレスを教えて頂きました、。それで、メールをしないのも失礼かなと思うので送らせていただきます。関谷さんに言われたからってわけではないんですけど、爽太君に好きだと言ってみました。ノーリアクションで流されました。爽太君は人妻を諦めて、加藤エレナ(水原希子)と正式に向き合うそうです。では、また」というメールを送信した。

他方、関谷宏彰(加藤シゲアキ)が井上薫子(水川あさみ)のメールを読んでいると、六道誠之助(佐藤隆太)がやって来た。

関谷宏彰(加藤シゲアキ)が「何で俺の連絡先を?」と尋ねると、六道誠之助(佐藤隆太)は「ほら、貴方、爽太君に憧れてるんでしょ?」と尋ねた。

関谷宏彰(加藤シゲアキ)が「はい。小動さん(松本潤)は凄い人だと思います。もちろん、六道さんは別格だと思いますけど」と答えると、六道誠之助(佐藤隆太)は「当然よ。あのね、憧れの人は、憧れたままじゃ、出会ってないのと同じよ。本当に好きなら、その人の内面に踏み込むくらいの付き合いをしなさい」とアドバイスした。

関谷宏彰(加藤シゲアキ)が不思議がり、「え?でも、このメール…」と言ってメールを見せようとすると、六道誠之助(佐藤隆太)は「駄目、駄目、駄目。後は自分で考えて行動する。失敗を恐れちゃ駄目よ」と告げ、泣きながら立ち去った。

ある日、小動爽太(松本潤)と加藤エレナ(水原希子)は、雪が降り積もった町の中を歩いていた。

加藤エレナ(水原希子)が「ランチを付き合ってくれてありがとう。でも、良かったの?ここのところ、ずっと忙しいんでしょ?」と尋ねると、小動爽太(松本潤)は「うん。バレンタインが終わるまで休めないからね。最後に息抜きできて良かった」と答えた。

加藤エレナ(水原希子)が「しばらく会えないね」と言って寂しがると、小動爽太(松本潤)は加藤エレナ(水原希子)の顔を見つめた。

加藤エレナ(水原希子)が「あっ、ゴメン。やっぱり、まだ、吹っ切れてないのかな。1人で居ると考えちゃんだ。どうせ、私なんかとか、女として大事な物を忘れてきたんだっとか」と弱音を吐くと、小動爽太(松本潤)は「自虐スパイラルだね」と答えた。
加藤エレナ(水原希子)が「仕事でもそう。自信を無くして弱ってる時は、私なんて駄目じゃんって、ネガティブモード全開になっちゃうんだ」と嘆くと、小動爽太(松本潤)は加藤エレナ(水原希子)と手を繋ぎ、「みんな、そうだよ。何かで上を目指している人は。俺もそう。ステップアップするほど、凄い人を一杯見るし。自分がなんだか小さく思えてくる。それだけ、エレナが高い場所に来たってことだよ」と話した。

加藤エレナ(水原希子)は小動爽太(松本潤)に寄り添い、「セフレって良いもんだね。振られてクローゼットで泣いてるのを見つけてくれたり、自虐スパイラルから助けてくれたり。こんなに良いものだと分かってたら、もっと早く作ってたのにな」と喜んだ。

すると、小動爽太(松本潤)は「エレナ。セフレとか、そういうの、もう終わりにしない?俺、バレンタインに、紗絵子さん(石原さとみ)にキチンと告白するって決めたんだ」と告げた。

加藤エレナ(水原希子)が「そっか。きっと良い返事を貰えるよ。爽太君頑張ってたもん。大丈夫だよ。そっいか。じゃー、もう、私とは」と言い、小動爽太(松本潤)の手を離そうとした。

しかし、小動爽太(松本潤)は加藤エレナ(水原希子)の手を話さず、「告白するのは、ケジメを付けるためだよ。ずっと好きだった人だから、自分の中で何となく終わらせるのは嫌だし。ちゃんと告白して、ちゃんと振られて、終わりにしようって決めたんだ。だから、…。いや、あっ、ごめん。今の状態で具体的なことは言えないけど、そういうのが片付いたら、エレナの事はちゃんとしたいと思ってる」と告げた。

加藤エレナ(水原希子)が「えっと、どっちの意味だろう?」と戸惑うと、小動爽太(松本潤)は「ごめん。今は言えないけど、キチンとケジメを付けるから。そしたら、エレナもちゃんと考えてくれるかな?俺のこと」と言って、加藤エレナ(水原希子)の手を強く握った。

加藤エレナ(水原希子)は「どうしよう。今すぐ抱きついちゃいたいよ。でも、今は駄目だね。『上手く行くといいね』って言わなきゃ。それに、こういうのも駄目だね。他の人に告白するのに、手なんて繋いじゃ駄目だね」と言って手を離し、「告白、頑張ってね。じゃ、今日はここで、またね」と言い、笑顔で小動爽太(松本潤)と別れた。

これで良いんだと思えるようになったのは、きっと、そういう時期が来たからだよね。最高にストレートな告白をしよう。苦くて、痛々しい。一生、忘れられないバレンタインにするんだ。

失恋ショコラティエ-第7話のあらすじとネタバレ」へ続く。

ドラマ「失恋ショコラティエ」の原作と主題歌については、「失恋ショコラティエの原作と主題歌とあらすじ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト有村架純が彼氏と別れて溝端淳平と交際を開始へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。