スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


花咲舞が黙ってない-過払い事件の犯人は木村佳乃

上川隆也が出演する日本テレビの銀行ドラマ「花咲舞が黙っていない」の第1話「池井戸潤原作の痛快ヒロイン誕生!!銀行の消えた百万円を探せ」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「花咲舞が黙ってない-あらすじとネタバレ」からの続きです。

■花咲舞が黙ってない-あらすじとネタバレ後編
その後、課長と河本副支店長(中脇樹人)が茅場町支店に戻ってくるが、社長・三上利治(本宮泰風)は「余分な現金は無い」の一点張りで、100万円の回収は出来なかった。

花咲舞(杏)が「なんとか出来ないんでしょうか?」と相談すると、相馬健(上川隆也)は「お前だって分ってるだろ。現金の受け渡しは『あのとき、いくらありました』なんて言っても通用しない。銀行は現金そのば限りが原則だからな」と答えた。

さて、矢島支店長(羽場裕一)は河本副支店長(中脇樹人)を連れて、支店長室へと入った。

一方、女子行員が「中島さん、可哀想。こんな事があったら、また支店長に」と心配していると、花咲舞(杏)は「またって?もしかして、中島さん(木村佳乃)、いつも支店長に辛く当られてるとか」と尋ねた。

すると、女子行員は「はい。支店長は中島さん(木村佳乃)にだけ厳しいんです。何かあれば、みんなの前で怒鳴ったり。私たちのミスも、全部、中島さん(木村佳乃)のせいにされてるんです」と話した。

しばらくすると、矢島支店長(羽場裕一)と河本副支店長(中脇樹人)が支店長室から出てきて、みんなに「今日はもう帰って良いぞ。ようやく、三上社長(本宮泰風)とアポイントメントが取れた。私が行って直接、話してくる」と言い、茅場町支店を出て行った。

花咲舞(杏)が「お金、戻ってこなければ、どうなるんでしょうか?」と尋ねると、相馬健(上川隆也)は「100万円の現金事故なんて聞いたことがないからな。中島さん(木村佳乃)はもちろんのこと、矢島支店長(羽場裕一)も責任を取らされるだろう。だが、何が何でも取り戻してくるんじゃないか。一度バッテンが着いたら終わり。それが銀行だ」と答えた。

翌日、矢島支店長(羽場裕一)は「100万円が無事に戻ってきたぞ。私が誠心誠意、話したら返してくれたよ。三上社長(本宮泰風)も良心の呵責に耐えかねたのだろう」と言い、100万円を中島聡子(木村佳乃)に渡し、100万円の過払い事件は解決した。

そして、矢島支店長(羽場裕一)は相馬健(上川隆也)に「お騒がせして申し訳なかったね。ついては、今回の過払いの件、無かったことにしてくれないか。今回の件は厳しく指導するので、なにとぞ」と頭を下げた。

相馬健(上川隆也)は少し考えたが、「分りました」と言い、茅場町支店の臨店を終了し、茅場町支店を出た。

花咲舞(杏)も相馬健(上川隆也)の後を追って茅場町支店を出たが、相馬健(上川隆也)を見失ってキョロキョロしていると、イエローチップの社長・三上利治(本宮泰風)とぶつかった。

花咲舞(杏)が「先日は申し訳ありませんでした」と謝罪すると、三上利治(本宮泰風)は「口座の解約に来たんだ。客を泥棒扱いする銀行とは付き合いしたくないからな。お宅の支店長は最低だよ。俺が100万円を取ったって決めつけて。そんな物知らないって突っぱねても、しつこくてさ。『じゃー警察を呼ぼうか』って言ったら、何も言わずに帰ったけどさ。それで、出てきたの?あのお金?100万円。どこかに多く払い過ぎちゃったんでしょ?」と尋ねた。

花咲舞(杏)が「あの、三上社長(本宮泰風)が返してくれたんじゃ?」と尋ねると、三上利治(本宮泰風)は「はぁ?」と驚いた。

花咲舞(杏)は急いで本部に戻り、相馬健(上川隆也)に社長・三上利治(本宮泰風)の話を報告すると、「過払いは無かったんです。三上社長(本宮泰風)が嘘を付いているとは思えません。私、もう1度、あの映像を見てきます」と言い、再び茅場町支店へと向かった。

花咲舞(杏)は何度も何度も防犯カメラの映像を見ていると、あることに気づき、中島聡子(木村佳乃)に「店内は大変混み合っていました。中島さん(木村佳乃)は待たせたお客様にお詫びの言葉とポケットテッシュを渡していましたが、三上社長(本宮泰風)には渡していなかったんです。それで気になって見てみたんです。一件、札束は5つあるように見えますが、札束の1つはポケットテッシュだったんじゃないんですか?」と尋ねた。

つまり、中島聡子(木村佳乃)は出納機から100万円の束を2つ取り出し、そのうちの1つを自分のカバンに入れ、代わりにポケットテッシュを札束に挟んで三上社長(本宮泰風)に渡したので、札束が5つあるように見えたのだ。

花咲舞(杏)が「過払いは無く、100万円は貴女が取ったんですね」と尋ねると、中島聡子(木村佳乃)は「はい」と答えた。

花咲舞(杏)が「これは犯罪ですよ。仲間を裏切ったんですよ」と批判すると、中島聡子(木村佳乃)は「支店長の経歴に傷を付けてやりたかった。100万円もの現金事故になれば、支店長に責任を負わせられるでしょ」と答えた。

花咲舞(杏)が「パワハラに対する腹いせってことですか?」と尋ねると、中島聡子(木村佳乃)は「どうしても許せなかったの。辞めていった3人の事を考えると」と答えた。

中島聡子(木村佳乃)には3人のベテランの同僚が居たが、矢島支店長(羽場裕一)のパワハラを受けて退職を余儀なくされていたのだ。

中島聡子(木村佳乃)は「私たち、女子行員はどんなに頑張っても、支店長にとってはコストの高い邪魔な存在でしか無かった。結局、三上社長(本宮泰風)まで巻き込んでしまったのに、過払いが無かった事にされるなんてね」と嘆いた。

花咲舞(杏)が「え?じゃー、今朝の100万円は?」と驚くと、中島聡子(木村佳乃)は「支店長が補填したんでしょ。結局、私1人が抵抗したところで、何も変わらない。今日、お金を返して謝罪します。どんな責任も負うつもりです」と答えて立ち去った。

花咲舞(杏)は相馬健(上川隆也)に電話して「支店長が100万円を補填するなんて、ありえるんでしょうか?そんなこと、銀行員として絶対に許されないですよね」と告げると、相馬健(上川隆也)は「自分の経歴に傷を付けない為に隠蔽工作したとしても、おかしくは無い。証拠は無いがな」と答えた。

すると、花咲舞(杏)は相馬健(上川隆也)に「茅場町支店を退職した3人のテラー(窓口業務)について調べて欲しい」と頼んだ。

その日、茅場町支店が営業を終えると、中島聡子(木村佳乃)は矢島支店長(羽場裕一)に「私が取りました。申し訳ありませんでした」と謝罪し、100万円を出しだした。

矢島支店長(羽場裕一)が「どういう事なんだ。過払いに見せかけて横領しようとしたのか?私に恨みでもあるのか?お前は私の人生を台無しにするつもりか?」と激怒した。

すると、そこへ駆けつけた花咲舞(杏)が「中島さん(木村佳乃)がどうして、こんな事をしたのか分らないのですか?貴方への復讐です。貴方がここへ来た1年で、3人の女子行員が退職しています。3人に共通しているのは、全員、ベテランの1級の事務職だということです。事務職で1級と言えば、能力も高いし、給料も高い。彼女たちが辞めれば事務は滞り、ミスが増える。でも、支店長はコストカットを優先させた」と話した。

矢島支店長(羽場裕一)が「みんな自己都合退職だ」と答えると、花咲舞(杏)は「いえ。みなさん、矢島支店長(羽場裕一)に辞めさせられたと言ってましたから。私、辞めた3人に会って話を聞いてきたんです。田中さんは転勤を示唆されたそうです。小さなお子さんの居る田中さんには、転勤は不可能で、辞めるしか無かったと。産休を取ろうとした石井さんは、『だから女は駄目なんだ。戻る場所など無い』と言われて退職。腎臓に持病を持っている藤原さんは、有休を使って通院していたにもかかわらず、休み過ぎだと注意され、精神的に追い詰められて退職を選んだそうです。皆さん言ってました。もっとここで働きたかった。この職場が好きだったと。矢島支店長(羽場裕一)が来る前までは」と話した。

矢島支店長(羽場裕一)が「ふざけたことを言うな。そんなの逆恨みだ。中島(木村佳乃)がやったことは横領なんだぞ」と告げると、花咲舞(杏)は「もちろん、中島さん(木村佳乃)がやったことは許されません。でも、中島さんは、貴方の経歴にバツを付けるために最後の手段をとったんです。自分の人生を駆けて」と答えた。

矢島支店長(羽場裕一)が「コストに似合わない人員をカットするのは銀行の為だ」と反論すると、花咲舞(杏)は「本当に銀行のためなんですか?ご自分の出世のためなんじゃないですか?コストを削減するために、女子行員に嫌がらせをして辞めさせるなんて許せません。彼女たちにも守るべき人生があるんです。上司だからといって、部下の人生を壊すのは間違っています」と意見した。

矢島支店長(羽場裕一)が「うるさい。お前に何が分る。俺はバンカーとして何一つ間違えたことはしていない」と答えた。

そこへ、相馬健(上川隆也)が現れ、「ちょっといいですか。これは矢島支店長(羽場裕一)と河本副支店長(中脇樹人)の口座のコピーです。今朝、同じ支店のATMから矢島支店長(羽場裕一)が70万円、河本副支店長(中脇樹人)が30万円を引き出しています。合計すると100万円になります。過払いがあったお客様から取り返してきたという金額と一致します。これは偶然でしょうか?支店でのミスを隠蔽するためにお二人が補填したのではないですか?」と尋ねると、河本副支店長(中脇樹人)がその場に崩れ落ちた。

花咲舞(杏)が「私は銀行員になったとき、最初にこう教わりました。あるべき金が足りないとき、行員自らが補填してはならない。支店長、これでも間違えたことはしていないんですか?」と尋ねると、矢島支店長(羽場裕一)も観念した。

その後、花咲舞(杏)が茅場町支店を出ると、中島聡子(木村佳乃)が追いかけてきて、「ありがとう。今まで支店長にあんな風に言ってくれる人は居なかったから。3人の事も嬉しかった」と礼を言った。

花咲舞(杏)が「テラーの仕事から、やりたくもない臨店の仕事をやることになって、正直、腐ってました。それに臨店の仕事って、今までよく知らなかった銀行の古くさい所とか、派閥とか組織とか出世とか、そういう所ばっかり見えてきて、最悪です。でも、頑張ってみようと思います。私なりに」と話すと、中島聡子(木村佳乃)は「貴方なら帰られるかも知れないわね。古くさくて固い銀行を。頑張って」と応援した。

ある日、本店の支店統括部では、次長の芝崎太一(塚地武雅)が部長・辛島伸二朗(榎木孝明)に「臨店先で、こんな大問題が起きてしまうとは」と報告すると、部長・辛島伸二朗(榎木孝明)は「彼らが解決に導いたんだ。問題は無いだろ」と答えた。

次長・芝崎太一(塚地武雅)が「あの真藤(生瀬勝久)派閥の支店長を飛ばす結果になってしまって大丈夫でしょうか?」と心配すると、部長・辛島伸二朗(榎木孝明)は「いいんじゃないか」と答えた。

一方、常務取締役の真藤毅(生瀬勝久)は次長・児玉直樹(甲本雅裕)から報告を受けて「矢島(羽場裕一)がファースト電工に出向だと?どういう事だ。些細な不祥事など。もみ消せなかったのか?」と驚くと、次長・児玉直樹(甲本雅裕)は「実は、臨店の奴らが余計な事をしたようで」と答えた。

すると、真藤毅(生瀬勝久)は「臨店?奴らに潰されたと言うことか。ふざけた真似をしやがって」と怒ったのであった。

ドラマ「花咲舞が黙っていない」の原作と主題歌は「花咲舞が黙ってない-原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト花咲舞が黙ってない-過払い事件の犯人は木村佳乃へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。