スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MOZU(モズ)-第8話のあらすじとネタバレ

長谷川博己が出演するTBSのダルマドラマ「MOZU(モズ)-Season1-百舌の叫ぶ夜」の第8話「妻の虚実と明かされた首謀者…」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


MOZU(モズ)-第7話のあらすじとネタバレは「MOZU(モズ)-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。

ドラマ「MOZU(モズ)-Season1-百舌の叫ぶ夜」の原作と主題歌は「「MOZU(モズ)-Season1-百舌の叫ぶ夜」の原作と主題歌とあらすじ」をご覧ください。

■MOZU(モズ)-第8話のあらすじとネタバレ
多くの人の夢に現れる男「ダルマ」は、一般的に都市伝説とされるが、その裏には公安の極秘任務が存在していた。

1980年代後半、公安は当時、普及し始めた携帯電話・メール・インターネットによる会話を自動で傍受する国民管理システムを試作していた。当然、国家はその存在を公には認めていない。

その極秘の実験段階だった国民管理システムが8年前、何者かに乗っ取られた。

公安は長期の内定の末、信憑性のある情報にたどり着き、乗っ取られた国民管理システムを奪還もしくは殲滅する作戦を発動した。

それは、作戦に失敗したとしても、国家は作戦に関わる捜査員を助けることも、その作戦の存在を認める事も出来ない作戦だった。

その作戦は「グラークアルファー作戦」と呼ばれ、グラークアルファー作戦の指揮を執ったのは室井玄(生瀬勝久)だった。

さて、大杉良太(香川照之)らが尾行していた若松忠久(戸田昌宏)は、アテナセキュリティの東和夫(長谷川博己)と会っていた。

若松忠久(戸田昌宏)が「警察庁特別監査官の津城警視正(小日向文世)が俺を調べる。一番厄介な奴に目を付けられた。お前の正体も掴んでいるはずだ」と報告すると、東和夫(長谷川博己)は「知ってても何も出来ないさ」と答えた。

一方、倉木尚武(西島秀俊)は室井玄(生瀬勝久)に、新谷宏美(池松壮亮)から受け取った写真を見せ、「筧(田中要次)に爆弾を渡したのは妻です」と告げると、室井玄(生瀬勝久)は「どうして彼女が?いったい、どうなってるんだ」と驚いた。

倉木尚武(西島秀俊)は「結婚してから、俺は仕事ばかりして、千尋(石田ゆり子)とコミュニケーションを取っていなかった。でも、それは大きな問題じゃ無かった。俺たちの間を一気に引き裂くことになったのは、千尋(石田ゆり子)があの作戦に参加してからです。あの作戦後、様子がおかしくなっている千尋(石田ゆり子)に、何もしてやれませんでした。でも、それを救うかのように雫(小泉彩)が生まれたんです。ですが、雫(小泉彩)が怪我をして、その血液検査で、雫(小泉彩)が俺の本当の娘じゃないと分ってから、俺と千尋(石田ゆり子)の距離はさらに開いて、千尋(石田ゆり子)は精神を病んでいきました。あいつを追い詰めたのは、間違いなく、俺です。俺は千尋(石田ゆり子)に雫(小泉彩)の事を何も聞かなかった。アイツも何も言わなかった」と話した。

すると、室井玄(生瀬勝久)は「アイツを追い詰めたのは、お前じゃない。グラークアルファー作戦は潜入捜査だった。確かな情報を掴んだ俺は、精鋭6人を潜入させた。だが、作戦は失敗した。罠だったんだ。捜査員はみんな、相手の手に落ちた。身元を明かすために72時間の猶予が与えられたが、極秘作戦だったため、誰も身元を明かさなかった。捜査員5人は処刑されたが、彼女だけは生きて帰ってきたんだ」と明かした。

倉木尚武(西島秀俊)が「いったい何が起きたんですか?」と尋ねると、室井玄(生瀬勝久)は「分らない。どうして彼女だけが生きて戻ってきたのか、何が起きたのか。彼女は最後まで語ることは無かった。あの作戦のせいで、彼女は精神を病んだんだ。戻ってこなかった5人も、極秘作戦だったため、殉職扱いにも出来なかった。作戦の指揮の責任者であった私の責任は大きい。本当にすまなかった」と謝罪した。

倉木尚武(西島秀俊)が「潜入先はどこだったんですか?」と尋ねると、室井玄(生瀬勝久)は「それだけは言えない。分ってくれ」と答えた。

さて、若松忠久(戸田昌宏)と別れた東和夫(長谷川博己)が、ビルから出ようとすると、新谷宏美(池松壮亮)が待ち構えていた。

新谷宏美(池松壮亮)は東和夫(長谷川博己)を刺そうとしたが、反対に東和夫(長谷川博己)に刺されてしまった。

東和夫(長谷川博己)は新谷宏美(池松壮亮)からICチップを回収すると、「俺はもうこの件から下りる。アイツにとって、俺はもう用済みだからな。だから、俺は諦めろ。お前が狙うべきは、俺じゃない。なぜ、爆弾事件の真相は世の中に出ないと思う。なぜ、俺は捕まらない?」と告げた立ち去った。

さて、津城俊輔(小日向文世)が倉木尚武(西島秀俊)らを個人事務所に招集した。津城俊輔(小日向文世)は既に若松忠久(戸田昌宏)の尋問を行っており、尋問の動画を見せた。

若松忠久(戸田昌宏)の供述によると、筧俊三(田中要次)はサルトニア共和国のテロリストから共闘を求められ、大統領を暗殺しようとしており、若松忠久(戸田昌宏)は警備計画書と爆弾を要求された。脅迫のネタは、筧俊三(田中要次)が盗んだ公安の機密情報が入ったICチップだった。

爆弾を調達したのは東和夫(長谷川博己)で、若松忠久(戸田昌宏)は新谷和彦(池松壮亮)を使って筧俊三(田中要次)を殺そうとすると同時に、新谷和彦(池松壮亮)も殺そうとしていた。

尋問の動画が終わると、津城俊輔(小日向文世)が「若松忠久(戸田昌宏)は筧(田中要次)に脅され、倉木千尋(石田ゆり子)を利用したんです。大統領来日の警備計画書の写真を撮るために」と話した。

大杉良太(香川照之)が「だとしても、どうして、取引まで倉木千尋(石田ゆり子)にやらせたんだ?」と尋ねると、津城俊輔(小日向文世)は「若松忠久(戸田昌宏)は、できるだけ自分と接点の無い人間にやらせたかったんでしょう」と答えた。

倉木尚武(西島秀俊)は「重要な部分が抜けている。どうして若松警視(戸田昌宏)が、俺の妻を利用したのか?なぜ、妻が爆弾を起動させたのか?」と疑問を呈すると、津城俊輔(小日向文世)は「それは、貴方の個人的な疑問です」と答えた。

津城俊輔(小日向文世)は「もう一度、言います。若松忠久(戸田昌宏)は筧(田中要次)に脅され、警備計画書の写真を用意したが、爆弾が爆発して筧(田中要次)は死に、新谷宏美(池松壮亮)がICチップと写真を回収した。しかし、若松忠久(戸田昌宏)が新谷宏美(池松壮亮)を殺そうとしたことで、事態が悪化した。さらに、新谷宏美(池松壮亮)が記憶喪失になった事で全ての出来事と情報が複雑になってしまった。爆弾事件の真相は明らかになった。以上です」と告げた。

大杉良太(香川照之)が「若松警視(戸田昌宏)の処分はどうするんですか?」と尋ねると、津城俊輔(小日向文世)は「彼には、まだ役割があります。今まで通り、捜査本部の指揮をとってもらいます」と答えた。

大杉良太(香川照之)が「この事件も公表しないおつもりなんですね」と告げると、津城俊輔(小日向文世)は「それは、まだ何とも言えません」と答えて立ち去った。

個人事務所を出た大杉良太(香川照之)が「これで事件が闇に葬り去られるのか」と呆れると、倉木尚武(西島秀俊)は「そんな事はさせない」と答えた。

大杉良太(香川照之)が「何か分ったのか?」と尋ねると、倉木尚武(西島秀俊)は「ああ、黒幕はあの人だ」と答えた。

一方、東和夫(長谷川博己)は車の中で何者かに、回収したICチップを渡し、「人が悪いな。その中には、何の機密情報も分ってないって事ですね。その顔を見れば、直ぐに分りますよ。それを回収しろと命じたのは、若松忠久(戸田昌宏)の独断だったんですね。確認しとくべきだったなぁ。俺は当分、消えますよ。先輩」と告げると、ICチップを受け取った何者かは車を降りた。

その後、室井玄(生瀬勝久)が娘の病室を訪れると、病室で倉木尚武(西島秀俊)が待っていた。

倉木尚武(西島秀俊)は「どんな状況でも、金曜の夜はここへ来るんですね。どうして千尋(石田ゆり子)を利用した。娘の前で言ってみろ」と言い、室井玄(生瀬勝久)に拳銃を突き付けた。

しかし、倉木尚武(西島秀俊)は。病室に飛び込んできた明星美希(真木よう子)らに取り押さえられた。

MOZU(モズ)-第8話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトMOZU(モズ)-第8話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。