スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アリスの棘-第8話のあらすじとネタバレ

中村蒼が死んだTBSの復讐ドラマ「アリスの棘(アリスのとげ)」の第8話「復讐の女再び…狂気のオペ計画始動」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


アリスの棘-第7話のあらすじとネタバレは「アリスの棘-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。

ドラマ「アリスの棘」の原作と主題歌は「アリスの棘(アリスのとげ)-原作と主題歌」をご覧ください。

■アリスの棘-第8話のあらすじとネタバレ
磐台悠真(中村蒼)を刺した伊達理沙(藤原紀香)は、水野明日美(上野樹里)を刺そうとしたが、警備員に取り押さえられた。水野明日美(上野樹里)は刺された磐台悠真(中村蒼)を見て、相当なショックを受けた。

一方、有馬毅(國村隼)は会場が騒然とするなか、磐台修一(岩城滉一)に「警察には通報するな」と命じた。

磐台修一(岩城滉一)はジャケットを脱いで磐台悠真(中村蒼)の応急処置を行うと、磐台悠真(中村蒼)を聖林大学付属病院へと運んで手術したが、磐台悠真(中村蒼)は死んでしまった。

他方、パーディー会場に残っていた星野美羽(栗山千明)は、パーディー会場で磐台修一(岩城滉一)のジャケットを広い、ジャケットの中からICレコーダーを見つけた。

数日後、西門優介(オダギリジョー)は聖林大学付属病院が訪れたが、水野明日美(上野樹里)は事件の日以来、聖林大学付属病院を休んでいた。

西門優介(オダギリジョー)は落胆して帰ろうとすると、病院で知り合った車椅子の少女から声をかけられた。

車椅子の女性が「腎臓を移植できる事になったんです」と報告すると、西門優介(オダギリジョー)が「ドナーは親戚の方?」と尋ねた。

車椅子の女性が「いえ。親族に適合できる人は居なかったので、臓器移植センターで」と答えると、西門優介(オダギリジョー)は「そっか。良かったね」と喜んだ。

車椅子の女性が「本当に良かった。実は昔、1度、移植手術をした事があって、その影響で高感作と言って、他の人の臓器を受け入れにくい体質になっちゃったんです。だから、今度の移植が本当に適合するのか心配なんです」と話すと、西門優介(オダギリジョー)は「大丈夫だよ。大切なのは、根拠の無い自信だよ」と励ました。

その日の夜、西門優介(オダギリジョー)が水野明日美(上野樹里)の部屋を訪れると、水野明日美(上野樹里)は暗い部屋でたたずんでいた。

水野明日美(上野樹里)は「最初は復讐のためなら、どんなことでもするつもりだった。患者も復讐の道具にしようとした。でも、誰かを傷つけたら、あいつらと同じになってしまうと思った。私はアイツらと同じ。何の罪も無い人を、あんなに真っ直ぐな人を死なせてしまった。私が死ねば良かったのに」と嘆いた。

一方、有馬毅(國村隼)は磐台修一(岩城滉一)に「伊達理沙(藤原紀香)は服毒自殺を図ったそうです。現在、意識不明です。馬鹿な女だ。警察には何も言っていませんね。水野明日美(上野樹里)の事を警察に言えば、疑いの目は我々にも向いてきます」と告げた。

磐台修一(岩城滉一)が「分ってる。同じ事を何度も言わせるな」と答えると、有馬毅(國村隼)は「結構。では、次の計画の話をしましょう。こちらの準備は整っています。ご協力いただきます」と告げた。

磐台修一(岩城滉一)が「息子の葬儀が終わってないんだ。私は抜ける」と答えると、有馬毅(國村隼)は「貴方が犯した数々の医療ミス、隠蔽してやったのは、この私だ。いまさら、抜けられると思いますか?貴方が築いた華々しい功績をブチ壊してもいいのか?」と脅した。

しかし、磐台修一(岩城滉一)は「知ったことか」と言い、立ち去った。

さて、その後も水野明日美(上野樹里)は部屋に閉じこもったままだったが、病院から連絡があり、聖林大学付属病院へ駆けつけた。

小児科の入院患者・峰岸健太(竹場龍生)が発作を起こし、うわごとで水野明日美(上野樹里)の名前を何度も呼んでいるのだという。

水野明日美(上野樹里)が病室に駆けつけると、峰岸健太(竹場龍生)は意識を取り戻しており、安心したが、治療に当っていた有馬毅(國村隼)が「関係無い人は帰りたまえ」と言い、水野明日美(上野樹里)を追い返した。

一方、西門優介(オダギリジョー)は新聞社で同僚と話していると、同僚が「このまえ言っていた巣状糸球体硬化症の患者、その後はどうだ」と尋ねた。

西門優介(オダギリジョー)が「高感作と言って移植が難しい体質なんですけど、ドナーが見つかったって言ってました」と教えると、同僚は「それ本当か?俺も仕事柄、移植手術があるときは事前に情報をもらってるけど、そんな情報は聞かないぞ」と不思議がった。

翌日、西門優介(オダギリジョー)は、帽子に「SUZU」と刺繍していた事を手がかりに、車椅子の少女の病室を訪れると、車椅子の少女は有馬毅(國村隼)と仲良く話していた。病室の名札を見ると、有馬鈴となっていた。

なんと、車椅子の少女・有馬鈴(藤原令子)は、有馬毅(國村隼)の娘だったのだ。

西門優介(オダギリジョー)は、有馬鈴(藤原令子)の正体を知って驚いて立ち去ると、携帯電話に磐台修一(岩城滉一)から電話がかかってきた。

磐台修一(岩城滉一)は「リークしたい裏情報がある。有馬教授(國村隼)の事だ。私は15年前、有馬(國村隼)に依頼され、ある恐ろしいことに加担した。裏のルートで手に入れた臓器で、移植手術をした。詳しい事は会って話す。19時に銀座で」と告げて、電話を切った。

その日の19時、西門優介(オダギリジョー)は待ち合わせ場所で待っていたが、磐台修一(岩城滉一)は来なかった。

一方、磐台修一(岩城滉一)は何者かに襲われており、翌日の朝刊で、磐台修一(岩城滉一)の変死が報じられた。

アリスの棘-第8話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトアリスの棘-第8話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。