スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家族狩り-第3話のあらすじとネタバレ

岡田浩暉が出演するTBSの家族狩りドラマ「家族狩り」の第3話「親を棄てられますか?」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


家族狩り-第2話のあらすじとネタバレは「家族狩り-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。

原作小説「家族狩り」のあらすじとネタバレは「原作小説「家族狩り」のあらすじと犯人と結末のネタバレ」をご覧下さい。

■家族狩り-第3話のあらすじとネタバレ
駒田幸一(岡田浩暉)は施設を訪れ、駒田玲子(信太真妃)を返して欲しいと懇願したが、氷崎游子(松雪泰子)は「貴方、また酔ってますね。貴方の生活態度が改善しないと返せません」と拒否した。

駒田幸一(岡田浩暉)は「出たよ。その役人口調。アンタのせいで、ポリに捕まり、その間にクビになった。全部、お前の責任だ」と嘆くと、パトカーの音が聞こえたので立ち去った。

駒田玲子(信太真妃)は施設の2階から、寂しそうな目で駒田幸一(岡田浩暉)を見つめていた。

一方、冬島綾女(水野美紀)の元夫・油井善博(谷田歩)は、組長から「ムショを出るとき、東京には近づくなと言ったはずだぞ」と注意されたが、「妻と子供を取り返すまでは、組長の命令でも従えません。邪魔すると、組長と言えど、許しませんよ」と答えて電話を切った。

翌日、氷崎游子(松雪泰子)は「急ぎすぎよ。施設は慎重に探した方が良い」と止めたが、氷崎民子(浅田美代子)は氷崎清太郎(井上真樹夫)を北海道の施設に入れるため、自宅を売却する話を進めると言い、自宅を出た。

一方、巣藤浚介(伊藤淳史)の高校は、不登校者へ退学や転校を勧めることを決め、職員会議で教師に通達した。

通達を受けた清岡美歩(山口紗弥加)は、巣藤浚介(伊藤淳史)に「家庭訪問に付き合って。ウチのクラスに不登校児が居るの。実森勇治っていう」と頼んだ。

他方、刑事・椎村栄作(平岡祐太)は、一家心中した3家族が心理カウンセラーによる無料相談に参加しており、その心理カウンセラーの1人が氷崎游子(松雪泰子)だった事を突き止めた。

報告を受けた馬見原光毅(遠藤憲一)は「あの女の目的は一家心中だ。こういうイベントに来る家族が一家心中してもおかしくない。誰も疑わない。マスコミも家庭内暴力による一家心中と決めてかかる。氷崎游子(松雪泰子)はそういう家庭を探していたんだ。まるで、狩りの下見だ」と話した。

さて、馬見原光毅(遠藤憲一)は風俗店の摘発情報を暴力団に横流ししており、その見返りとして賄賂を受け取っていた。

馬見原光毅(遠藤憲一)は暴力団から賄賂を受け取ると、暴力団員に「油井(谷田歩)はどこだ。油井(谷田歩)が東京に現れたら取引は終わりだぞ」と告げた。

暴力団員は「組長は必死に油井(谷田歩)を宥めたり、脅したりしてますよ。まあ、油井(谷田歩)の気持ちも分りますけどね。別件でムショにぶち込まれてる間に、アンタにかみさんを寝取られたんじゃーね」と笑うと、馬見原光毅(遠藤憲一)は暴力団員を壁に叩き付けた。

翌日、氷崎游子(松雪泰子)が施設を訪れると、同僚の大熊(宮地雅子)から「駒田幸一(岡田浩暉)が施設に来た日から、駒田玲子(信太真妃)がご飯を食べない」と報告を受けた。

氷崎游子(松雪泰子)は駒田玲子(信太真妃)の元を訪れ、父・駒田幸一(岡田浩暉)の悪口を言うと、駒田玲子(信太真妃)は氷崎游子(松雪泰子)に唾を吐いたが、唾が出なかった。

氷崎游子(松雪泰子)は「ほら、ご飯を食べてないから唾が出ないのよ。私が憎かったら、本気で倒しにきなさい。ご飯をしっかり食べて、力を付けて、倒しにきなさい。思い通りにならないからって、ご飯を食べないで拗ねてたら、負け犬のまま死んじゃうわよ」と告げると、駒田玲子(信太真妃)は食堂へ行き、ご飯を食べた。

氷崎游子(松雪泰子)はその様子を見て、「そうやって戦うしかないの。負け犬と」とつぶやいた。

一方、油井善博(谷田歩)は、石倉真弓(篠田麻里子)の花屋を訪れた。

石倉真弓(篠田麻里子)の母・馬見原佐和子(秋山菜津子)が花屋を手伝いに来ており、油井善博(谷田歩)は馬見原佐和子(秋山菜津子)に「社員に花を送りたい。このメッセージメを一緒に届けて下さい。貴女にメッセンジャーを頼めますか」と頼むと、馬見原佐和子(秋山菜津子)は喜んで引き受けた。

馬見原佐和子(秋山菜津子)が指定された住所に花を届けると、そこは冬島綾女(水野美紀)の部屋で、馬見原佐和子(秋山菜津子)は冬島綾女(水野美紀)に花とメッセージカードを渡す。

冬島綾女(水野美紀)が受け取ったメッセージを見ると、「目の前の女をよく見ろ。この女が馬見原光毅(遠藤憲一)の妻だ」と描かれており、冬島綾女(水野美紀)は馬見原佐和子(秋山菜津子)を見て崩れ落ちた。

他方、清岡美歩(山口紗弥加)は巣藤浚介(伊藤淳史)と共に、不登校の実森勇治の家庭訪問を行い、玄関先で実森勇治の母親に転校か退学を勧めた。

実森ゆうじの母親は、「上がって、勇治に直接言って欲しい。先生が言ってくれれば、あの子も考えるかも知れない」と頼んだが、清岡美歩(山口紗弥加)は「ご家族で話し合われるべきです。方針が決まれば、電話で結構ですので、学校にお知らせ下さい」と告げ、実森家を後にした。

家の中に戻って崩れ落ちた実森勇治の母親は、心理カウンセラーによる無料相談の広告を見つけた。

さて、巣藤浚介(伊藤淳史)が「少し無責任じゃないか?」と批判すると、清岡美歩(山口紗弥加)は「後々、暴れて、一家心中されても責任が取れない。それより、身近な責任を取ってよ」と言い、巣藤浚介(伊藤淳史)に結婚を迫った。

清岡美歩(山口紗弥加)は巣藤浚介(伊藤淳史)に結婚を迫ったが、巣藤浚介(伊藤淳史)は「家庭なんて持つ必要はあるのかな。父親とか言われても、全然、分らない。だから、堕ろすって言う手も・・・」と言い、清岡美歩(山口紗弥加)を怒らせてしまった。

家族狩り-第3話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト家族狩り-第3話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。