スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中村ゆりかが財前直見を罵倒して家族狩りを宣言

中村ゆりかが家族を狩るTBSの家族狩りドラマ「家族狩り」の第8話「犯人の罠」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「家族狩り-第8話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■家族狩り-第8話のあらすじとネタバレ後編
一方、父・芳沢孝郎(二階堂智)は突然、帰宅すると、芳沢亜衣(中村ゆりか)の部屋のドアを叩き、芳沢亜衣(中村ゆりか)を呼んだ。

母・芳沢希久子(相築あきこ)が「どうしたの?」と驚くと、父・芳沢孝郎(二階堂智)は「今朝、俺のパソコンから、仕事の大事なデータがネット上にばらまかれた。それに俺のメールで取引先に悪質なメールを送ったんだ。契約を破棄するだの、裁判を起こすだの。英文で書いて送りつけた」と激怒した。

母・芳沢希久子(相築あきこ)が「英文?亜衣(中村ゆりか)が英語が出来ないのは、貴方もご存じでしょ」と告げると、父・芳沢孝郎(二階堂智)は「この時のために英語が出来ないふりをしてたんだ。今朝、俺のパソコンに触れたのは亜衣(中村ゆりか)だけだ」と激怒した。

すると、芳沢亜衣(中村ゆりか)が部屋のドアを開け、父・芳沢孝郎(二階堂智)に「家族よりも大事なお仕事を失って、腐れ金玉のくそったれ人生を、全部、木っ端微塵にしてやった」と告げた。

父・芳沢孝郎(二階堂智)は激怒して芳沢亜衣(中村ゆりか)の首を絞めると、母・芳沢希久子(相築あきこ)が父・芳沢孝郎(二階堂智)をビンタして止めた。

そして、母・芳沢希久子(相築あきこ)は山賀葉子(財前直見)に電話して、「助けてください」と言って泣き崩れたのであった。

さて、氷崎游子(松雪泰子)と巣藤浚介(伊藤淳史)と大野甲太郎(藤本隆宏)の3人は、警察の死体安置所を訪れ、駒田幸一(岡田浩暉)の死体を確認した。

警察によると、キャンプに来た人間が森の中で駒田幸一(岡田浩暉)の死体を発見しており、状況から見て駒田幸一(岡田浩暉)は自殺で、児童保護施設に駒田幸一(岡田浩暉)の娘宛に遺書らしき手紙が届いているのだという。

大野甲太郎(藤本隆宏)と分かれた氷崎游子(松雪泰子)は、娘・駒田玲子(信太真妃)に駒田幸一(岡田浩暉)の遺書を見せるかどうか判断するため、児童保護施設へと向かった。

一方、巣藤浚介(伊藤淳史)は芳沢亜衣(中村ゆりか)から「私も実森勇治(岡山天音)みたいになるかも」というメールを受けたため、氷崎游子(松雪泰子)と分かれて芳沢家へと向かった。

しかし、巣藤浚介(伊藤淳史)は母・芳沢希久子(相築あきこ)に「帰ってください」とあしらわれ、家の中に入れてもらえず、門のところで困っていた。

すると、巣藤浚介(伊藤淳史)は、母・芳沢希久子(相築あきこ)に呼ばれてやってきた山賀葉子(財前直見)に、声をかけられた。

巣藤浚介(伊藤淳史)が事情を説明すると、山賀葉子(財前直見)は「私は芳沢さん(相築あきこ)に呼ばれたの。今日の所は、私に任せて。親御さんが落ち着いたら、連絡するわ。あせらないで。実森勇治(岡山天音)の事があるでしょ。慎重に」と言い、巣藤浚介(伊藤淳史)を外に残して芳沢家に入った。

さて、氷崎游子(松雪泰子)は児童保護施設を訪れるが、駒田玲子(信太真妃)は既に職員の隙をついて駒田幸一(岡田浩暉)の遺書を読んでいた。

氷崎游子(松雪泰子)は暴れる駒田玲子(信太真妃)を抱きしめると、「お父さんは自殺じゃない。殺されたんだ」と言って泣き崩れた。

駒田玲子(信太真妃)が泣き崩れて寝ると、氷崎游子(松雪泰子)は駒田幸一(岡田浩暉)の遺書を読んだ。遺書には「いろいろめいわくをかけてすみません れいこへ おかあさんと あのよでまってる しあわせにくらせ」と書いてあった。

さて、山賀葉子(財前直見)は両親を落ち着かせると、芳沢亜衣(中村ゆりか)と話し合うため、芳沢亜衣(中村ゆりか)の部屋のドアをノックして、ドア越しに話しかけた。

しかし、芳沢亜衣(中村ゆりか)は「よってたかって、私を病院に放り込もうとしている。その前にみんなぶっ殺してやる。テメーもウチの親もやってやる。やられる前にやってやる」と言って部屋の中で暴れた。

山賀葉子(財前直見)は「認められたいのよね。貴女は家族を取り戻したいのよね。家族の時間を分かち合いたいのよね」と説得したが、芳沢亜衣(中村ゆりか)はドアを開けて「バカか、ババア。こんな家族に何も期待してねーよ。全員、殺してやる」と告げた。

山賀葉子(財前直見)は1階へ降りると、両親に「亜衣さん(中村ゆりか)は、心に受けた傷を育ててしまい、耐えられる限界を超えてしまっています」と告げた。

そして、山賀葉子(財前直見)は「亜衣さん(中村ゆりか)の部屋の前で、こんな物を見つけました。シロアリです。家族を立て直す為には、まず、シロアリを駆除した方が良いかもしれません」と言って、シロアリを指で握りつぶした。

さて、油井善博(谷田歩)は冬島綾女(水野美紀)に電話をかけ、「馬見原(遠藤憲一)は逮捕された。もうシャバに出てくることは無いだろう。俺とやり直さないか」と告げると、冬島綾女(水野美紀)は「分りました」と答えた。

冬島綾女(水野美紀)は待ち合わせ場所に行くと、「研司(須田瑛斗)を殺しかけて、絶対に許さない」と言い、油井善博(谷田歩)にナイフを向けたが、油井善博(谷田歩)に押し倒され、レイプされそうになった。

そこへ、若手の刑事・椎村栄作(平岡祐太)が現れた。

油井善博(谷田歩)は「馬見原(遠藤憲一)の腰巾着か。馬見原(遠藤憲一)は長峰(菅原卓磨)のお友達だぞ。アイツは長峰(菅原卓磨)よりも真っ黒だ」と教えるが、椎村栄作(平岡祐太)は「僕は馬見原さん(遠藤憲一)を信じたいんだ」と言い、油井善博(谷田歩)に襲いかかった。

しかし、椎村栄作(平岡祐太)は油井善博(谷田歩)に鉄砲で撃たれてしまった。

油井善博(谷田歩)が椎村栄作(平岡祐太)に止めを刺そうとすると、背後から冬島綾女(水野美紀)に包丁で刺された。

驚いた油井善博(谷田歩)が振り向いて手を広げると、冬島綾女(水野美紀)は包丁を握りしめて油井善博(谷田歩)の胸に飛び込んだ。油井善博(谷田歩)は満足そうに冬島綾女(水野美紀)を抱きしめた。

さて、巣藤浚介(伊藤淳史)は氷崎家を訪れ、氷崎游子(松雪泰子)に「お母さんに合わせて貰えなかった。けど、山賀さん(財前直見)が相談を受けてるから、何かあれば、連絡をくれると思う」と報告した。

氷崎游子(松雪泰子)も巣藤浚介(伊藤淳史)に「駒田さん(岡田浩暉)は殺されたのかも。駒田さん(岡田浩暉)の遺書では『おかあさんとあのよでまってる』って描いてるけど、駒田さん(岡田浩暉)の奥さん、つまり、玲子ちゃん(信太真妃)のお母さんは生きてるのよ。もしかしたら、犯人に無理矢理、遺書を書かされたんじゃないかしら。だから、玲子ちゃん(信太真妃)に自殺じゃない事を伝えようとしたのかも」と報告した。

巣藤浚介(伊藤淳史)が「駒田さん(岡田浩暉)が自殺じゃ無いとしても、誰に駒田さん(岡田浩暉)を殺す動機があるんだろう?警察の人は何か言ってなかった?」と尋ねると、氷崎游子(松雪泰子)は「密室。それが何かのヒントかもしれない」と答えた。

そのとき、氷崎游子(松雪泰子)は畳からはみ出した新聞に気づき、「何、この新聞」と不思議がると、巣藤浚介(伊藤淳史)は「ああ、それはこのまえ、大野さん(藤本隆宏)が床下を見るために畳を上げた時に挟まったんだよ」と教えた。

氷崎游子(松雪泰子)は「床下、密室、大野さん(藤本隆宏)」と言って考え込む。

そこへ、氷崎民子(浅田美代子)が、氷崎清太郎(井上真樹夫)と鈴木渓徳(北山宏光)夫婦を連れて帰宅する。

何かに気づいた氷崎游子(松雪泰子)は、巣藤浚介(伊藤淳史)に「ちょっと行ってくる。ご飯を食べてて」と言い、自宅を飛び出した。

そして、氷崎游子(松雪泰子)は大野甲太郎(藤本隆宏)の大野白蟻工業を訪れた。呼び鈴を押しても誰も出なかったが、庭に回ると、リビングの電気が付いており、ドアが開いていた。

そのとき、氷崎民子(浅田美代子)から電話がかかってくる。氷崎民子(浅田美代子)は「すき焼き、食べ始めたわよ。何してるの?」と尋ねると、氷崎游子(松雪泰子)は「ちょっと、買い物」と答えた。

氷崎民子(浅田美代子)が「買い物っていえば、游ちゃん(松雪泰子)のアレルギー用のシャンプー、もう無くなりそうだから、頼んでおいた方が良いわよ。お友達が並行輸入してるの、分けて貰ってるんでしょ」と告げると、氷崎游子(松雪泰子)は「分った、分った」と言い電話を切った。

氷崎游子(松雪泰子)が大野甲太郎(藤本隆宏)の自宅を出ようとすると、氷崎民子(浅田美代子)から「シャンプー、忘れないようにね」という注意喚起のメールが入っていた。

氷崎游子(松雪泰子)は「しつこいなあ」と呆れて、山賀葉子(財前直見)に電話すると、大野甲太郎(藤本隆宏)の自宅から電話が鳴る音が聞こえてきた。

氷崎游子(松雪泰子)は偶然かと思って、もう1度、山賀葉子(財前直見)に電話をかけたが、やはり、大野甲太郎(藤本隆宏)の大野白蟻工業から電話の鳴る音が聞こえてきた。

氷崎游子(松雪泰子)は不審に思い、開いていた窓から大野甲太郎(藤本隆宏)の自宅に入り、電話の鳴る音がする方へ向かい、ある扉を開けると、何故か、山賀葉子(財前直見)の自宅に繋がっていたのだった。

家族狩り-第9話のあらすじとネタバレ」へ続く。

原作小説「家族狩り」のあらすじとネタバレは「原作小説「家族狩り」のあらすじと犯人と結末のネタバレ」をご覧下さい。

コメント

スポンサーサイト中村ゆりかが財前直見を罵倒して家族狩りを宣言へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。