スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昼顔-第9話のあらすじとネタバ後編

上戸彩が不倫で離婚目前のフジテレビの昼顔妻ドラマ「昼顔-平日午後3時の恋人たち」の第9話「確実に崩れゆく日常…夫の涙」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「昼顔-第9話のあらすじとネタバ」からの続きです。

■昼顔-第9話のあらすじとネタバ後編
一方、滝川利佳子(吉瀬美智子)は店から支給されたホステスの派手な衣装を着て、出勤の準備をしていた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「水商売、させたくないとか言わないでしょうね」と尋ねると、加藤修(北村一輝)は「言えないだろ」と答えた。

衣装に着替えた滝川利佳子(吉瀬美智子)が「凄い服でしょ。店の支給品。39にはキツイわよね。ちょっと、あんまり観ないでしょ」と言うと、加藤修(北村一輝)は「観るのが仕事だ」と言い、滝川利佳子(吉瀬美智子)を抱きしめた。

そこへ、仲介人・佐倉亜紀(高橋かおり)が尋ねてきた。佐倉亜紀(高橋かおり)は「急だけど、ハイリッチホテルまで行くわよ。シンガポールのデベロッパーの集まりがあるの。上手く行けば、今度オープンするショッピングモールのロビーに貴方の絵を飾って貰えるかも知れない。早く支度をして、芸術だって営業なのよ」と告げた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「行ってきたら」と勧めると、加藤修(北村一輝)は椅子に掛けてあった上着を着た。

仲介人・佐倉亜紀(高橋かおり)が「ちょっと、その格好はないでしょ。スーツかジャケットを着なきゃ」と呆れると、加藤修(北村一輝)は「もってない」と答えた。

仲介人・佐倉亜紀(高橋かおり)が「しょうが無いわね。直ぐに調達するわ」と言い、加藤修(北村一輝)をアトリエの外に出すと、滝川利佳子(吉瀬美智子)に「失礼だけど、そのお洋服、お似合いじゃ無いわ。率直に言ってごめんなさい。修(北村一輝)の絵を売り出すにあたって、アトリエにデイリする人も増えるから」と告げた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「ありがとうございます。私は絵のことは素人ですので、なんでも教えてください」と礼を言うと、仲介人・佐倉亜紀(高橋かおり)は「教えるだなんて、そんな」と言い、アトリエを後にした。

1人でアトリエに残された滝川利佳子(吉瀬美智子)は、派手な口紅をぬぐった。

恋する女は美しいだなんて嘘です。恋は女を嫉妬に狂わせ、人の物を奪えとそそのかし、人を傷つける痛みさえも麻痺させます。私はこの年まで知りませんでした。醜くなれない女は恋をする資格は無いのです。

さて、笹本紗和(上戸彩)が帰宅していると、姑・笹本慶子(高畑淳子)から電話がかかってきた。

姑・笹本慶子(高畑淳子)が「これから、行って良いかしら」と尋ねると、笹本紗和(上戸彩)は「明日でもいいですか?今日はちょっと疲れてて、家も散らかってて」と断った。

しかし、姑・笹本慶子(高畑淳子)は「水くさいことを言わないの。私が掃除してあげるわよ。じゃー後でね」と言い電話を切った。笹本紗和(上戸彩)は「聞いても一緒じゃない」と呆れた。

そのとき、姑・笹本慶子(高畑淳子)は既に笹本紗和(上戸彩)の自宅から電話をかけており、掃除や料理を終え、笹本紗和(上戸彩)の帰りを待っていた。

その後、帰宅した笹本紗和(上戸彩)が玄関ドアを開けようとすると、長谷川美鈴(木南晴夏)に声をかけられた。

長谷川美鈴(木南晴夏)は簡単な自己紹介を終えると、笹本紗和(上戸彩)に「ご主人を私に下さい。お姑さんからお聞きになってますよね。私、課長(鈴木浩介)が好きなんです。課長は意気地無しだし、私も最初は暇つぶしだったんです。男として自信を無くしかけている年代って、振り回すと面白いから。でも、いつも真に受けてオタオタする部長が本気で可愛くなってきたんです。それに奥様は不倫されていますよね」と告げた。

笹本紗和(上戸彩)が「何よそれ」と呆れると、長谷川美鈴(木南晴夏)は「とにかく、課長と早く別れてくださいよね。私は奥様と違って、結婚したら不倫なんてしません」と言い、立ち去った。

笹本紗和(上戸彩)が玄関ドアを開けると、ドア越しに話を聞いていた姑・笹本慶子(高畑淳子)が倒れていた。

笹本紗和(上戸彩)は手をさしのべたが、姑・笹本慶子(高畑淳子)は「来ないで。汚らわしい」と怯えて逃げ去った。

一方、北野裕一郎(斎藤工)が帰宅すると、妻・折原乃里子(伊藤歩)から電話がかかってきた。

北野裕一郎(斎藤工)が「どうして学校へ行ったの?」と尋ねると、妻・折原乃里子(伊藤歩)は「図書館での事が知られたら、裕一郎(斎藤工)が問い詰められるでしょ。問題になってからだと遅いでしょ。あの人のスーパーへも言っておいたわよ。大事にする気はありませんからって」と答えた。

さて、加藤修(北村一輝)と佐倉亜紀(高橋かおり)は、デベロッパーのパーティーに出席していた。

そのころ、ホステスとして働いていた滝川利佳子(吉瀬美智子)は、客に太ももを触られたので、「そういう店じゃ無いでしょ」と注意すると、客に「気取るな、ババア」と言われ、ムカムカしていた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)はマネージャーに「顔に出さないで。次は彼方の席に」と注意され、次の席に座ると、その席に座っていた客は夫・滝川徹(木下ほうか)だった。

滝川徹(木下ほうか)が「堂に入ってるじゃないか」と感心すると、滝川利佳子(吉瀬美智子)は「家出もホステスをしてましたから」と答えので、滝川徹(木下ほうか)は「冗談がキツイね」と苦笑した。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「離婚の話かしら」と尋ねると、夫・滝川徹(木下ほうか)は「離婚はしないよ。真菜(山口まゆ)たちから母親を奪うわけにはいかないからな。昨日もな、陽菜(豊嶋花)が『お母さん、お母さん』と泣いたんだ」と教えた。

夫・滝川徹(木下ほうか)は「意地を張るな。いずれ加藤(北村一輝)に捨てられる。アトリエに生意気そうな女が来たろ?あれは加藤(北村一輝)の元女房だ。離婚こそしたが、元々は大恋愛で結ばれたらしい。焼けぼっくいに火が付いたんだろうな。2人で海外へ行くそうだ」と話すと、滝川利佳子(吉瀬美智子)は「貴方が彼女に会わせたのは、復縁させるつもりだったの?」と驚いた。

夫・滝川徹(木下ほうか)は「戻って来いよ。お前には下品な格好は似合ってない。あんな男のために、落ちるところまで落ちる気か?目を覚ませよ」と説得したが、滝川利佳子(吉瀬美智子)は「まだ分らないの?目を覚ましたから家を出たのよ」と言い、席を立ち、他の客の席へと移った。

一方、笹本俊介(鈴木浩介)は笹本紗和(上戸彩)に「長谷川君(木南晴夏)は思い込みが激しい子でさ。俺がちょっと疲れた顔をしてたら、『奥さんが不倫したんですね』って言い出したんだよ。俺は何とも思ってないし、ママのことも信じてるよ。しかし、オフクロが聞いちゃったってのは厄介だよな。あの人、思い込みが激しいし。あっ、俺、今から行って誤解を解いてくる」と言って席を立ち上がった。

すると、笹本紗和(上戸彩)は「まって。誤解じゃないの。気づいてたんでしょ?私、他の男の人を好きになってしまいました」と告白すると、笹本俊介(鈴木浩介)は「止めろ。くだらない冗談は止めろ」と声を荒げた。

笹本紗和(上戸彩)は「冗談じゃないの」と告げると、笹本俊介(鈴木浩介)は大声で「森のくまさん」を歌い、笹本紗和(上戸彩)の話を遮った。

そして、歌い終わった笹本俊介(鈴木浩介)は「なんで言うんだよ。せっかく観ないようにしてるのに」と嘆くと、笹本紗和(上戸彩)は「ごめんなさい。私もう・・・」と本心を打ち明けようとした。

すると、笹本俊介(鈴木浩介)は涙を流しながら、「黙れ。ママはさ、平凡だけど、可愛い奥さんんじゃないか。ちゃんと家事もやってくれるし、毎日、パートで一生懸命働いて。子供は居ないけど、一緒に買い物だって行くし、一緒にテレビを観て笑うし、誰がどう見ても仲の良い夫婦だ。このまま、ハム助達と一緒に、穏やかに年を取っていこう」と話した。

しかし、笹本紗和(上戸彩)は「嘘よ。そんな、そんなの私じゃない。ごめんなさい」と言って自宅を飛び出した。

どこへ行ったら良いのか分らなかったけど、私はもう、あの家へ帰る事は無い。そんな気がしました。思い出の場所は、変わらず、そこにありました。

自宅を飛び出した笹本紗和(上戸彩)は、思い出の森林公園を訪れ、ほどけた靴紐を結んで振り返ると、北野裕一郎(斎藤工)が立っていた。

神様が私に与えた罰の中で、一番大きな罰でした。

翌日、加藤修(北村一輝)はバルセロナへ行く身支度を始めた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「バルセロナ?ずいぶん急ね。佐倉さん(高橋かおり)と2人?」と尋ねると、加藤修(北村一輝)は「いや。スタッフも一緒だ」と答えた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「彼女、ずいぶんと、がんばってくれてるのね。貴方の為に」と告げると、加藤修(北村一輝)は「最後のチャンスらしい」と答えた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「帰ってくるわよね」と尋ねると、加藤修(北村一輝)は「当たり前だろ」と答えた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「待っててくれるかって聞かないの?」と尋ねると、加藤修(北村一輝)は滝川利佳子(吉瀬美智子)を抱きしめ、「どうした?」と尋ねた。

滝川利佳子(吉瀬美智子)が「好き」と答えると、加藤修(北村一輝)は滝川利佳子(吉瀬美智子)の頭をポンポンと叩いて、アトリエを後にした。

一方、笹本紗和(上戸彩)は北野裕一郎(斎藤工)と海岸を訪れ、デートを楽しんでいたのであった。

昼顔という花は、地下に伸ばした茎でドンドン増え、刈り取っても刈り取っても無くなりません。そのため、昼顔は雑草として嫌われていた事もあるそうです。まるで、別れようとしても別れられない不倫の恋のように。誰か教えてください。私たちはどこへ向かっているのでしょうか。

昼顔-第10話のあらすじとネタバレ」へ続く。

ドラマ「昼顔-平日午後3時の恋人たち」の原作や主題歌については、「昼顔の原作と主題歌とあらすじとネタバレ」をご覧下さい。

コメント

スポンサーサイト昼顔-第9話のあらすじとネタバ後編へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。