スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原作小説「すべてがFになる」のあらすじとネタバレ

森博嗣の原作小説「すべてがFになる」のあらすじとネタバレを含む夏休み読書感想文のあらすじとネタバレ編です。


このページには、森博嗣の原作小説「すべてがFになる」のあらすじ・ネタバレ・犯人・真犯人(黒幕)・結末のほか、密室トリックのネタバレなどが含まれています。原作小説「すべてがFになる」のあらすじや犯人のネタバレを知りたくない人は、閲覧にご注意下さい。

■すべてがFになる-あらすじと犯人ネタバレ
天才プログラマー真賀田四季は15年前に両親を殺害したが、多重人格だったため無罪となり、妃真加島にある真賀田研究所の地下2階に閉じこもり、誰とも接触すること無くプログラミングの開発に従事していた。

大学1年生の西之園萌絵は、西之園家の権力を使って真賀田研究所を訪れ、真賀田四季とテレビ越しに会話することに成功し、大学の助教授・犀川創平はそれを羨ましがった。

もう1度会いたいと考えた西之園萌絵は、大学の助教授・犀川創平に妃真加島でキャンプする事を提案し、助教授・犀川創平と犀川研究室のメンバーで妃真加島を訪れた。そして、西之園萌絵と犀川創平は真賀田研究所に入る事に成功した。

しかし、天才プログラマー真賀田四季は、出入り口が完全に動画が記録されているされている密室で、殺されていた。

さらに、真賀田四季の妹・真賀田未来を迎えに行っていた真賀田研究所の所長・新藤清二も殺人犯に殺される事態が発生する。

しかも、真賀田研究所を管理するコンピューターシステム「レッドマジック」にエーラーが発生して、外部との連絡は取れない状況となった。

妃真加島は真賀田家の私有地になっており、妃真加島には真賀田研究所の人間とキャンプで訪れた犀川研究室のメンバーしか居なかったが、真賀田研究所からの連絡が2~3日も途絶えれば、本土の人間が真賀田研究所の異変に気づいて警察を呼ぶだろうということであった。

西之園萌絵と犀川創平は警察が来るまでに犯人を見つけるべく、調査を開始するが、天才プログラマー真賀田四季の住居部分は、出入り口が動画で記録されており、誰かが出入りした形跡は無く、完全に密室で、その謎は解明できなかった。

真賀田研究所の副所長・山根幸弘は、外部と連絡を取るため、真賀田研究所のシステムを切り替える事に成功し、警察と連絡を取ることが出来たが、それ以降、副所長・山根幸弘が行方不明になってしまう。

翌日、キャンプで訪れた犀川研究室のメンバーは、西之園萌絵と犀川創平の2人を残して迎えの船で妃真加島を離れた。一方、通報を受けた警察が真賀田研究所へ駆けつけてきた。

こうして警察の捜査が始まるが、行方不明になっていた真賀田研究所の副所長・山根幸弘が死体で発見されたのであった。

■14年前の両親殺人事件の犯人ネタバレ
天才プログラマー真賀田四季が14年前に両親を殺害した事件の真犯人(黒幕)は、所長・新藤清二だった。

真賀田四季は当時、14歳だったが、所長・新藤清二の娘ミチルを妊娠した。真賀田四季は、両親も喜んでくれるだろうと思い、両親に妊娠の事を報告したが、両親が激怒した。

(注釈:所長・新藤清二は真賀田四季の叔父にあたる。真賀田四季は娘に名前を付けていないが、犀川創平らがミチルと呼んでいる。)

真賀田四季はナイフを手にしたが、そのまま動けなくなくなった。しかし、真犯人(黒幕)の所長・新藤清二がナイフを持っている真賀田四季の体を操って、真賀田四季の両親を刺して殺したのだった。

■すべてがFになるの結末と犯人ネタバレ
天才プログラマー真賀田四季は15年前、真賀田研究所に監禁されたとき、密かに娘ミチルを妊娠しており、妊娠の事は真賀田四季と所長・新藤清二しか知らなかった。

そして、真賀田四季は監禁されていた密室で娘ミチルを出産したため、真賀田研究所の地下2階の密室には、真賀田四季と娘ミチルの2人が生活していたのだ。

このため、娘ミチルが真賀田四季を殺して密室を抜け出したという疑いが浮上した。

しかし、密室で死んでいた真賀田四季が出産した形跡は無く、密室でしていたのは娘ミチルだと判明する。

天才プログラマー真賀田四季は7年4ヶ月以上前に、娘ミチルに自分(真賀田四季)と父親(所長・新藤清二)を殺させる計画を立て、真賀田研究所のシステム「レッドマジック」に時間をカウントダウンするプログラムを仕込んでいた。

そして、真賀田四季は、娘ミチルに「14歳になったら両親(真賀田四季と所長・新藤清二)を殺す」ように教育していた。

しかし、真賀田四季の娘ミチルは天才ではなかったため、両親を殺害するという真賀田四季の考えを理解することができなかった。

真賀田四季は地下2階の部屋で誰にも会わない生活をしていたため、所長・新藤清二以外は誰も真賀田四季の顔を知らなかった。

そこで、真賀田四季は、娘ミチルを真賀田四季としてテレビ画面越しに西之園萌絵と面会させ、みんなに娘ミチルを真賀田四季だと思い込ませた。

そして、真賀田四季は娘ミチルを密室で殺害し、システム「レッドマジック」に仕込んでいた時間のカウントダウンプログラムの値が「FFFF」(全てFになる)と、密室からから抜け出した。

出入り口の様子を記録した動画は、1分単位で時間をファイル名にして保存されていた。カウントダウンがFFFFになると、システムの時間が1分間戻り、その1分間だけ、ファイルが2つ出来る。ファイル名が同じ場合、ファイルは上書きされるので、古いファイルは記録として残らない。真賀田四季はこの1分間を利用して部屋から出たため、部屋から出た様子は動画は上書きされて残っていなかった。

(注釈:部屋の出入り口を記録した動画に誰も出入りした様子が映っていないため、部屋は密室とされていた。)

さらに、所長・新藤清二がヘリコプターで連れてきたという真賀田未来は、真賀田四季が作り上げた架空の人物で実在せず、部屋を出た真賀田四季は真賀田未来に成りすまし、計画通りに娘の父親である所長・新藤清二を殺した。

その後、真賀田四季は妃真加島から脱出しようとしたが、副所長・山根幸弘がシステム「レッドマジック」を別のシステムに切り替えようとしたので、真賀田四季は時間稼ぎのため、副所長・山根幸弘を殺した。

そして、真賀田研究所を出た真賀田四季は、警察が妃真加島へ到着する前に、キャンプで妃真加島を訪れた犀川研究室のメンバーに紛れて妃真加島を脱出したのであった。

すべてがFになる-あらすじとネタバレの感想編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト原作小説「すべてがFになる」のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。